215件中 61 - 70件表示
  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たロマーノ・フェナティ

    ロッシはスカイ・レーシングチーム・バイ VR46のオーナーである。同チームはにMoto3クラスにデビュー、ライダーはロマーノ・フェナティとフランチェスコ・バグナイアが起用された。シーズンバグナイアに代わってアンドレア・ミグノが起用された。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たロンドン

    タヴッリアの実家を出た後、彼はミラノに移り住んだ。ホンダとの契約期間にはロンドンに居住していた。この期間にイビサ島の別荘を購入している。課税に関する裁判が始まった後はイタリアに戻り、家族の近くに暮らしていた。実践的なカトリック教徒である。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たMoto3

    ロッシはスカイ・レーシングチーム・バイ VR46のオーナーである。同チームはにMoto3クラスにデビュー、ライダーはロマーノ・フェナティとフランチェスコ・バグナイアが起用された。シーズンバグナイアに代わってアンドレア・ミグノが起用された。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たビール

    個人スポンサーとしてイタリアのビールブランドであるナストロ・アズーロがついていた。ナストロ・アズーロは、500cc時代まではロッシの所属チームのメインスポンサーを務めていた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たタイヤ

    ロッシのライディングは長身・長い手足を生かした積極的な荷重コントロールによってマシンの性能を最大限引き出すことが特徴的である。またタイヤのスライド感覚にも優れ、2002年に駆ったホンダRC211Vのエンジンブレーキ(バックトルク)によるリアタイヤのスライドに他のライダーが悩まされる中、ロッシはそのスライドを積極的にコーナリングに活用しアドバンテージを得ていた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たデイリー・テレグラフ

    しかし、ホームグランプリの第4戦イタリアGPにおいてロッシは2回目のフリープラクティス、ビオンディッティ・コーナーで約の速度で転倒、右の脛骨を複雑骨折した。カットーリカの自宅そばの病院で外科治療を受けた後、今期絶望と診断される。ロッシがレースを欠場するのはそのキャリアにおいて初のことであった。しかしながら、イギリスGPに先だってデイリー・テレグラフ紙のスージー・ペリーはロッシがブルノでの復帰を計画していると伝えた。これは1週間後にロッシ自身によって確認された。7月7日、ロッシはミサノ・サーキットでスーパーバイク仕様のヤマハ・YZF-R1に乗り、脚の回復を確認した。彼は2回のセッションで26ラップを走り、ベストタイムは同サーキットにおける最近のスーパーバイクの最速タイムから2秒落ちであった。セッションを終えるとロッシは不快感を訴え、それは脚と肩の痛みによる物であった。7月12日にはブルノでもテストを行い、ロッシはよりハッピーだと語った。木曜日に医師の診断を受け、ロッシは予定よりも2戦早いドイツGPで松葉杖をつきながら復帰した。これは事故からわずか41日後のことであった。このレースではストーナーとの3位争いに負けて4位でフィニッシュした。続くアメリカGPでは3位表彰台に立った。本人はけがについて「サッカーをやるわけじゃない」と話した。その後も勝利こそ第15戦マレーシアGPのみにとどまったが、終盤5戦はいずれも表彰台に上るなど、安定した走りでシーズン3位の成績を残した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た鈴鹿8時間耐久ロードレース

    翌、ロッシはホンダに移籍し、最高峰の500ccクラスにステップアップする。ホンダは実質ワークス格のチーム、ナストロ・アズーロ・ホンダを結成し、前年までマイケル・ドゥーハンのチーフエンジニアであり、GP界で数々のチャンピオンを生み出したジェレミー・バージェスを起用するという、500ccルーキーとしては破格の待遇でロッシを迎えた。500cc参戦初年度のこの年、ロッシは最新型ホンダNSR500を駆り大いに注目を集めたが、シーズン序盤は転倒が目立った。シーズンが進むにつれ安定感が現れ、中盤のイギリスGPで初優勝する。この年はまた、マックス・ビアッジと対峙した最初の年でもあった。ロッシはビアッジに対して9戦で順位が上回ったが、優勝はイギリスとブラジルでの2勝で、4勝を挙げたケニー・ロバーツ・ジュニアに次いでランキング2位を獲得した。また、日本メーカーであるホンダに移籍したことから、出場を望んでいた鈴鹿8耐にも参戦した。コーリン・エドワーズとのペアで挑んだがリタイアに終わった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たフェイスブック

    ロッシは可能な限り自らの私生活を世間の目から遠ざけようとしている。しかしながら、サッカーへの興味は隠そうとせず、贔屓のチームはイタリア1部リーグ・セリエAのインテル・ミラノである。イタリアが優勝した2006年ワールドカップドイツ大会直後の開催だったドイツGPで優勝。その表彰式にて、ワールドカップ決勝戦でジネディーヌ・ジダンから頭突きを受けた事で時の人となっていたイタリア人DF・マルコ・マテラッツィ(インテル・ミラノ所属)のイタリア代表ユニフォームを着て表彰台に上がった。そのユニフォームはマテラッツィ本人に優勝を祝福する連絡をした所、本人からそのお礼に送られたものだった。また、2009年に9度目の世界タイトルを勝ち取った後、インテルは公式ホームページでロッシのタイトル獲得を祝福した。2015年アルゼンチンGPで優勝した際、ロッシはディエゴ・マラドーナのレプリカユニフォームを着て表彰台に上った。マラドーナは自らのフェイスブックでロッシを祝福した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たドラッグレース

    イタリア人らしく非常に陽気な性格で知られる。ファンサービス精神にあふれており、ウィニングラップではウィリー、バーンアウトを積極的に行ったり、後述のイベントなどで観客を楽しませる。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たフォーブス (雑誌)

    2005年の推定年収は33億円。2006年収入はスポーツ紙スポルトによるとスポーツ界ランキング7位(約35億円)で、サッカー選手のロナウジーニョ(8位)や野球選手のデレク・ジーター(10位)より上だった。スポーツ・イラストレイテッド誌によると、2007年には約39億円(3400万ドル)を稼いでいる。2009年にフォーブス誌は、世界で高収入のアスリートランキングで、2008年に約36億円(3500万ドル)の収入があったロッシを9位とした。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

215件中 61 - 70件表示