111件中 71 - 80件表示
  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たキャメル (タバコ)

    大のタバコ嫌いとして有名で、以前タバコ会社がスポンサーを務めるチームからのオファーを蹴って比較的ギャラの低いレプソル・ホンダに所属していた。ただし、ヤマハ移籍後2年間は、ゴロワーズ・キャメルとタバコ会社がスポンサーを務めるチームに所属していた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2010年のドイツグランプリ (ロードレース)

    は開幕戦から1勝を含む3戦連続表彰台を、フランスGPではポールポジションを獲得する走りを見せる。しかし、第4戦イタリアGPのフリー走行での転倒で右足を骨折した。今期絶望といわれたが、ドイツGPから松葉杖をつきながら復帰し、アメリカGPでは3位表彰台に立った。本人はけがについて「サッカーをやるわけじゃない」と話した。その後も勝利こそ第15戦マレーシアGPのみにとどまったが安定した走りでシーズン3位の成績を残した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たファンクラブ

    世界中を転戦するMotoGPであるが、彼のファンクラブは熱心に全てのレースに帯同し、ロッシが勝つとウィニングラップにコースに出てきてロッシと喜びを分かち合う。チャンピオン獲得など記念すべきレースでは何らかのイベントを用意している場合が多い。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た絶対王者

    2009年のドイツGPで最多表彰台記録に並び、一発の速さもある、ロングディスタンスの速さもあると、まさしく絶対王者としての地位を確立させている。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2011年のスペイングランプリ (ロードレース)

    7年間在籍したヤマハを去り、からはバージェスを引き連れてドゥカティチームに移籍した。初戦カタールGPは7位に終わり、ウェットレースとなった第2戦スペインGPでは2位争い中に転倒、ケーシー・ストーナーを巻き込んでリタイヤに追いやるミスを犯してしまった。第4戦フランスGPでは移籍後初となる3位表彰台を獲得するが、それ以降はトップ争いには絡めない状況が続いた。第7戦ダッチTTからは翌2012年シーズン用の1000ccプロトタイプマシン(デスモセディチGP12)に従来の800ccエンジンを積んだニューマシン「GP11.1」を投入したが、事態が大きく好転することはなかった。結局ロッシはGPデビュー以来初めて優勝のないシーズンとなり、年間ランキングも最高峰クラス自己最低の7位に沈んだ。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たハイサイド

    タイヤのスライド感覚が鋭いため、スリップダウン・ハイサイドでの転倒が極端に少なくロッシの安定した強さの要因(=リタイア・怪我が少ない)にもなっている。特にハイサイドの処理は秀逸で、マシンから振り落とされそうになっても一瞬早く反応して収束させてしまうライダーは稀有である。受け身も巧いため転倒した場合にも大怪我を負いにくいという強みも併せ持つ。また、ロッシは世界選手権に125ccクラスでデビューしてからの連続出走記録を更新し続けていたが、2010年6月のイタリアGPフリー走行で右脛骨を骨折し予選から欠場となり、最終的に230試合連続出場という記録となった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たウルビーノ

    バレンティーノ・ロッシ(, 1979年2月16日 - )は、イタリア・ウルビーノ出身のオートバイレーサー。愛称は「バーレ」「ザ・ドクター」「ろっしふみ」。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2009年のフランスグランプリ (ロードレース)

    は最初2戦をともに2位で終え、第3戦スペインでシーズン初優勝を記録した。しかし第4戦ルマンではクラス唯一の転倒を喫する、庭と化していた第5戦ムジェロでウェットコンディションによるフラッグtoフラッグの影響もあり3位になるなど若干低迷、そこからは一気に巻き返し第9戦ドイツで自身GP100勝目を飾り、第10戦ドニントンで一度転倒して5位、第12戦インディアナポリスでは転倒リタイヤとなるが、年間通して安定した成績を残していたため大事にならず(特にドニントンは2位ロレンソが転倒リタイヤ、3位ストーナーはレインタイヤを履くギャンブルに失敗し14位で、逆にポイント差を離す展開になっていた)、1戦残しの第16戦セパンにてチャンピオンを決定した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た日本グランプリ (ロードレース)

    500cc2年目の、ロッシは11勝を挙げ圧倒的な強さでチャンピオンを獲得、3クラス制覇の偉業を成し遂げた。開幕戦日本GP(鈴鹿)ではホンダのWGP通算500勝目を記録し、前年と同じ体制で挑んだ鈴鹿8耐でも優勝した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2006年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    もロッシは11勝でチャンピオンを獲得。これで2001年から続く最高峰クラス連覇を「5」とし、からにかけて500ccクラスを5連覇したマイケル・ドゥーハンの記録に並んだ。はこの記録を「6」に伸ばすべく同じくヤマハで戦ったが、開幕戦スペインGPでスタート直後に後続車に追突されるというアクシデントを皮切りに例年にない苦しいシーズン運びを強いられる。第16戦ポルトガルGPでようやくランキングトップに躍り出たものの、続く最終戦バレンシアGPで転倒。ホンダのニッキー・ヘイデンにタイトルを奪われ6年連続チャンピオン獲得とはならなかった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

111件中 71 - 80件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード