215件中 81 - 90件表示
  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たカジバ

    1993年にロッシは、父親、バージニオ・フェラーリ、クラウディオ・カスティリオーニ、クラウディオ・ルサルディ(カジバ・スポーツポロダクションチームを率いていた)らからの助けを受けて、125ccのカジバ・ミトに乗ってレースに出場したが、ピットレーンからわずか100m離れた第1コーナーでクラッシュした。彼はその週末、レースを9位で終えた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たダイネーゼ

    革ツナギなどのライディングウェアは、GPデビュー時から全て同じくイタリアのダイネーゼと契約している。1996年、1997年にはアルパインスターがチームのスポンサーとなったが、このときもダイネーゼのツナギを使用した。その後ヤマハに加入すると、チームはアルパインスターのシャツを採用していたが、ロッシはダイネーゼとの契約を維持した。2011年、2012年はドゥカティのファクトリー・チームに加入し、チームはプーマのシャツを採用していたが、ここでもロッシはダイネーゼとの契約を維持した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たAGV (ヘルメットメーカー)

    ロッシはビジュアルデザインに対する大きなこだわりを持っている。ヘルメット、ツナギやマシンにキャラクター、パロディなどの遊び心にあふれたステッカーを多数製作、貼付したり、スペシャルペイントを行っている。ヘルメットデザインの多彩さは他のライダーの及ぶところになく、毎年2?3つのデザインを使いまわしている。地元イタリアGPでは毎年スペシャルデザインを用意している。2001年までは地元イタリアGPでマシン自体にスペシャルカラーを施していた。デザインで最も用いられるモチーフが月と太陽。月と太陽のデザインはロッシ自身の二面性を表しているらしい。使用するヘルメットメーカーは一貫してイタリアのAGV。現在のグラフィック担当はアルド・ドルディ。2008年イタリアGPでは、自らの顔写真をヘルメット頭頂部にデザインし(ストレートなどで伏せると正面を向くようになっている、この時の顔は「ブレーキングポイントで踏ん張った時の顔」であった)特に話題を呼んだ。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たヤマハ・モーター・レーシング

    2005年に出版された自叙伝「バレンティーノ・ロッシ自叙伝 What If I'd Never Tried It?」でロッシはドゥカティでは無くヤマハを移籍先として選んだ理由として、ドゥカティ・コルセの考え方は彼がホンダから逃れようとしていた物と同様であったからと語っている。結局ロッシは2年間で1200万USドルという契約をヤマハとの間に結んだ。ロッシは最終戦バレンシアGPでからのヤマハへの移籍を発表した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たヤマハ発動機

    バレンティーノは父親のグラツィアーノに続いてグランプリレーサーとしてのキャリアをから始める。125ccクラスにアプリリアでデビューし、翌年には初の世界タイトルを獲得する。には250ccクラスにステップアップ、にタイトルを獲得した。には最高峰の500ccクラスにホンダからステップアップ、翌にはタイトルを獲得した。MotoGPとなった、にもタイトルを獲得、翌にヤマハに移籍、同年および翌にもタイトルを獲得した。とにもタイトルを獲得し、にはドゥカティに移籍するが在籍2年間無勝利、にヤマハに復帰、現在ヤマハ・ファクトリー・レーシングチームに所属。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たポールポジション

    イタリア・スポーツプロダクション選手権での最初のシーズンは変化に富んだ物であった。ロッシはシーズン最終戦のミサノでポールポジションを獲得し、決勝では表彰台に上った。2年目のシーズンでロッシはルサルディの率いるファクトリーチーム入りし、その年のタイトルを獲得した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たドゥカティ・デスモセディチ

    ロッシがシーズンを圧倒的な成績で優位に進めていく内に、その成功の原因は彼の実力では無く、RC211Vの性能に依るのではないかという懐疑論が増加する。そのため、疑念を払拭するためドゥカティに移籍するのでは無いかという噂が広まっていった。イタリアのプレスはこの噂に狂乱した。偉大なイタリア人ライダーが偉大なイタリア製バイクに乗る、それはできすぎた話であった。ドゥカティ自身も彼らのデスモセディチに乗せようと、ロッシへのオファーを試みたが、様々な理由からロッシがこの申し出を受けることは無かった。評論家は、ドゥカティは他のメーカーと比較してロッシが乗っても競争力を保持していることを証明する必要があったとする。ロッシがドゥカティを選択しなかったのは正解だったことが後に証明された。ドゥカティのにおけるパフォーマンスは、MotoGP初年度であった2003年より低下していた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たバレンシア・サーキット

    チェコGP後の2010年8月15日、7年間在籍したヤマハと袂を分かち、翌から2年の契約でドゥカティに乗ることが発表された。チーフメカニックのジェレミー・バージェスを引き連れての移籍であった。チームメイトはホンダ時代にも一緒だったニッキー・ヘイデン。ロッシは2010年11月9日にバレンシア・サーキットで初めてドゥカティ・デスモセディチをテストした。以来のイタリア製バイクであった。前シーズンの肩の傷は、マレーシアでのシーズン前テストに備えるためオフに手術を行った。ドゥカティは最初のテストから2回目のマレーシアテストまでにマシンを改善できず、ケーシー・ストーナーのホンダから1.8秒以上後れを取り、ロッシにとっては不満であった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2003年のバレンシアグランプリ

    もロッシは9度のポールポジション、9勝を挙げて第14戦のマレーシアでタイトルを確定した。この年はスズキからセテ・ジベルナウが同じホンダ(サテライトチーム)に移籍し最大のライバルとなった。かつてレプソル・ホンダに所属していたこともあるジベルナウは何度かロッシを打ち負かしたが、ロッシはチェコGPで0.042秒差で競り勝っている。フィリップ・アイランドで開催されたオーストラリアGPで、ロッシはドゥカティのトロイ・ベイリスのクラッシュで黄旗が提示されている間に追い越しを行ったため10秒のペナルティが与えられたが、結局はそのペナルティを相殺し2位に15秒の差を付けて優勝した。最終戦のバレンシアGPでは特別塗装で出場し優勝したが、これがホンダにおける最後の勝利となった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2010年のフランスグランプリ (ロードレース)

    シーズンは開幕前のテストセッションの大半でトップタイムをたたき出し、開幕戦カタールGPではレース序盤でケーシー・ストーナーがクラッシュした後にシーズン1勝目を挙げた。次戦スペインGPでは3位、第3戦フランスGPではポールポジションを獲得、決勝は2位と3戦連続の表彰台を獲得した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

215件中 81 - 90件表示