85件中 41 - 50件表示
  • バレーボール

    バレーボールから見た漢字文化圏

    バレーボール()は、ネット越しにボールを打ち合う球技。1チーム6人で行われる。日本語や漢字圏では排球(はいきゅう)と訳されている。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たユニフォーム

    また、後衛のプレーヤーと何度でも交替できる選手リベロプレーヤーを置くことができる。 リベロプレーヤーは、 後衛のプレーヤーと交代してコートに入り、 ローテーションが進行して前衛にまわる前に元のプレーヤーと交代してゲームを離れる。 リベロプレーヤーの交代は、 ラリー中以外のときに 特にゲームを中断せずに行われる。 リベロプレーヤーには、後衛に課せられるプレー上の制限に加えて フロントゾーンでのトスや、ネットよりも上方でボールに触れて相手コートに返球することも禁止される。 リベロプレーヤーは 他のプレーヤーと異なる色のユニフォームを着用する。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たソビエト連邦共産党

    ヨーロッパにバレーボールが紹介されたのは1920年ごろで、第一次世界大戦で渡欧したアメリカ軍兵士によってフランスからイタリア、チェコスロバキア、ポーランド、ソビエトへと普及していった。このころにはチームの人数も6人と決まっており、すでに現在の6人制バレーボールに近いものが出来上がっていた。ソビエトでは1925年にロシア共産党の中央委員会が『100万人のバレーボール』のスローガンを掲げソ連バレーボール協会を設立し、本格的にバレーボールの発展に取り組んだ。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見た風船

    風船バレー :風船(※使うのはゴム風船の方。風船玉を使う場合もある)を使うバレーボール。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見た視覚障害者

    フロアバレーボール:視覚障害者にも対応したバレーボール。ボールをネットの下から通過させる。6人制。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見た身体

    2009年 両足より上部の身体のいかなる部分が、相手コートに触れても、相手のプレーを妨害しない限り許される(以前は両手などがセンター・ラインを超えて相手コートに触れると反則であった)。競技者がネット(上部の白帯は除く)に触れても、相手のプレーを妨害しない限り許される(以前はネットのいかなる部分も触ると反則であった。ネットに触れてもいいものの、わざとネットを引き下げアタックを打つ等の行為をすると、スポーツマンシップに反する行為として、罰則が与えられる可能性がある)。→2014年に廃止バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見た照度

    また最低気温(10℃以上)や照度(1000-1500lx)なども規定がある。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たビーチボール

    バルーンバレーボール :ビーチボールを使うバレーボール。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たレクリエーション

    バレーボールは、テニスをヒントに、女性や子供が気軽に楽しめるレクリエーションとして1895年2月9日、アメリカ合衆国でウィリアム・G・モーガンによって考案された。このころのルールは非常に単純で、試合に集まった人たちを同じ数の2チームに分けて、相手コートに返す際の回数は決まっておらず、ボールを打ち合い、ボールを落としたほうが負けというものであった。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たイタリア

    ヨーロッパにバレーボールが紹介されたのは1920年ごろで、第一次世界大戦で渡欧したアメリカ軍兵士によってフランスからイタリア、チェコスロバキア、ポーランド、ソビエトへと普及していった。このころにはチームの人数も6人と決まっており、すでに現在の6人制バレーボールに近いものが出来上がっていた。ソビエトでは1925年にロシア共産党の中央委員会が『100万人のバレーボール』のスローガンを掲げソ連バレーボール協会を設立し、本格的にバレーボールの発展に取り組んだ。バレーボール フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「バレーボール」のニューストピックワード