85件中 51 - 60件表示
  • バレーボール

    バレーボールから見た日本語

    バレーボール()は、ネット越しにボールを打ち合う球技。1チーム6人で行われる。日本語や漢字圏では排球(はいきゅう)と訳されている。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たビデオ判定

    チャレンジシステム(ビデオ判定)の試験導入。各チームごと、1セット2回失敗するまで要求可能。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見た朝日町 (富山県)

    ビーチボールバレー :富山県朝日町発祥。ビニール製のビーチボールで行う。4人制でバドミントンコートを使う。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たボレー

    1896年、モーガンはこの新ゲームをスプリングフィールドで開催されたYMCA体育指導者会議の際に公開した。モーガンは当初このゲームをミントネット(Mintonette)と名付けたが、後にハルステッド(YMCAトレーニングスクール教官)の提案を受け、名称をバレー・ボール(ボレー・ボール、volley ball)に改めた。1952年に現在のようにバレーボール(volleyball)と一語で表すようになった。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たキャッチバレーボール

    キャッチバレーボール :東京都練馬区で発祥。ボールを打つのではなく投げ、キャッチする。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たトランポリン

    ボサボール :3-5人制。トランポリンを使用。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見た風船バレー

    風船バレー :風船(※使うのはゴム風船の方。風船玉を使う場合もある)を使うバレーボール。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たソビエト

    ヨーロッパにバレーボールが紹介されたのは1920年ごろで、第一次世界大戦で渡欧したアメリカ軍兵士によってフランスからイタリア、チェコスロバキア、ポーランド、ソビエトへと普及していった。このころにはチームの人数も6人と決まっており、すでに現在の6人制バレーボールに近いものが出来上がっていた。ソビエトでは1925年にロシア共産党の中央委員会が『100万人のバレーボール』のスローガンを掲げソ連バレーボール協会を設立し、本格的にバレーボールの発展に取り組んだ。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たボール

    バレーボール()は、ネット越しにボールを打ち合う球技。1チーム6人で行われる。日本語や漢字圏では排球(はいきゅう)と訳されている。バレーボール フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール

    バレーボールから見たバレーボールロシア女子代表

    ペネトレーション・フォールト(オーバーネット) :ネットを越えて相手側のコートにあるボールに触れた場合。自コート側に帰ってくることが確実なボールは除く。1964年の東京オリンピックでは、相手(ソ連)のオーバーネットによって日本の金メダルが決まった。バレーボール フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「バレーボール」のニューストピックワード