前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    2007年、西野体制6年目。FWバレー、レンタルでDF中澤聡太を獲得。開幕前に行われたゼロックススーパーカップでは浦和と2年連続で対戦し、マグノ・アウベスのハットトリックを含む4-0で勝利しスーパカップ初制覇。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンフォーレ甲府

    ヴァンフォーレ甲府から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    大木が監督に復帰。大宮から移籍したFWバレーがこのシーズン、J2得点ランク2位の21得点を挙げる活躍。J1への自動昇格となる2位以上こそならなかったものの、仙台をかわして3位でシーズンを終えた。J1・J2入れ替え戦で柏に連勝して、J1昇格が決まった。ヴァンフォーレ甲府 フレッシュアイペディアより)

  • バレー (サッカー選手)

    バレー (サッカー選手)から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    バレー (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • バレー(サッカー選手)

    バレー(サッカー選手)から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    バレー(サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川太郎

    長谷川太郎から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    2005年シーズンにバレー、石原克哉と3トップを築き、大ブレーク。J2でサガン鳥栖の新居辰基とともに日本人ではトップとなる17得点を挙げ、昇格の立役者となった。2006年にJ1で3得点を挙げるも宇留野純や茂原岳人などの加入でFW層が厚くなった甲府での出番が激減し、2007年7月に完全移籍で甲府へ加入した羽地登志晃と交換する形で徳島ヴォルティスへのレンタル移籍。横浜FCを経て、2009年はニューウェーブ北九州に、翌2010年はJ2昇格により改称したギラヴァンツ北九州に、それぞれ所属してプレーした。長谷川太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松永英機

    松永英機から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    2003年に大木武の後を受けてヴァンフォーレ甲府の監督に就任。資金も戦力も決して豊富とは言えない甲府で2003年と2004年前半には松永自ら招いた元日本代表FW小倉隆史の獲得も功を奏し、昇格争いを繰り広げ観客動員も増加した。ファウルを犯さない組織的な守備をベースとしながらも、小倉や藤田健といった創造性の高い選手の能力を生かしたボールポゼッションからサイドチェンジ、サイドアタックを基調とした戦術は高い評価を受け、当時のサッカー誌上でも取り上げられた。2004年後半は得点源であったブラジル人FWバロンの途中退団や主力選手の故障により失速、同年限りで退団するものの、観客動員増からクラブの財政が好転し新外国人バレーの獲得が可能となり、松永の後を引き継ぎ再就任となった大木監督により甲府は翌2005年にJ1昇格を果たしている。松永英機 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見智美

    鶴見智美から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    2006年は期限付き移籍で甲府へ復帰。3トップのセンターFWにコンバートされ、バレーが欠場時の代役として出場したが全く機能せず、シーズン後半はほとんど出場機会がなかった。2007年に完全移籍するも、完全移籍以降は体調不良などによりサテライトリーグや練習試合を含め出場機会の無いまま2008年12月1日付で現役引退が発表される。今後の進路については未定だが、サッカー携わることがしたいと述べている。鶴見智美 フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・アウレリオ・ジ・オリヴェイラ・リマ

    マルコス・アウレリオ・ジ・オリヴェイラ・リマから見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    2008年7月、バレーを移籍により失ったガンバ大阪が代替FWとしてリストアップするも清水への残留が決定する。マルコス・アウレリオ・ジ・オリヴェイラ・リマ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年J2第43節・最終節

    2003年J2第43節・最終節から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    一方、ビッグスワンでは新潟先制の後は互角のボール支配率となり、新潟DF高橋直樹のフリーキックや大宮FWバレーのシュートがいずれもゴール脇をかすめるなど、両者とも何度か決定機を迎えるも得点には至らず、新潟1点リードのまま前半を終了する。2003年J2第43節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • パンパシフィックチャンピオンシップ2008

    パンパシフィックチャンピオンシップ2008から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    パンパシフィックチャンピオンシップ2008もしくはパンパシフィック選手権2008()は、2008年に開催された第1回目のパンパシフィックチャンピオンシップである。ガンバ大阪が初代優勝チームに輝いた。大会得点王はガンバ大阪のバレー(5得点)。パンパシフィックチャンピオンシップ2008 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「バレー」のニューストピックワード