23件中 11 - 20件表示
  • 大木武

    大木武から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    この年甲府は大宮アルディージャからFWバレーの獲得に成功し、同時に長谷川太郎が成長したことにより藤田とともに得点を量産。一時は2位につけるもその後得点力が落ち、前半戦は6位で折り返す。後半戦開始まで期日があったためミニキャンプを張ると同時に石原をFWにコンバートする3トップを画策し、30節のコンサドーレ札幌戦より実践。、42節の札幌戦で後半ロスタイム3得点を挙げて逆転勝利。そして最終節の京都パープルサンガ戦で2-1に勝利し3位でシーズン終了。入れ替え戦でもバレーのダブルハットトリックなどの活躍もあり柏レイソルに2戦2勝。チームをJ1昇格へ導くとともに大木武 フレッシュアイペディアより)

  • ロニエルトン・ペレイラ・サントス

    ロニエルトン・ペレイラ・サントスから見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    2008年8月、シーズン途中に海外移籍したバレーの後釜として、わずか半年でガンバ大阪に期限付き移籍。シーズン終了をもってクルゼイロからのレンタル期間を満了し、G大阪を退団。ロニエルトン・ペレイラ・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川太郎

    長谷川太郎から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    2005年シーズンにバレー、石原克哉と3トップを築き、大ブレーク。J2でサガン鳥栖の新居辰基とともに日本人ではトップとなる17得点を挙げ、昇格の立役者となった。2006年にJ1で3得点を挙げるも宇留野純や茂原岳人などの加入でFW層が厚くなった甲府での出番が激減し、2007年7月に完全移籍で甲府へ加入した羽地登志晃と交換する形で徳島ヴォルティスへのレンタル移籍。横浜FCを経て、2009年はニューウェーブ北九州に、翌2010年はJ2昇格により改称したギラヴァンツ北九州に、それぞれ所属してプレーした。長谷川太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永田充

    永田充から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    2005年のJ1・J2入れ替え戦の第1戦後、相手のエースFWバレーについて、「バレーは思ったよりは怖くない。抑えられる」と発言。しかし第2戦において、そのバレーに一人で6得点され、更に自身はイエローカード2枚で退場処分を受けてしまった。永田充 フレッシュアイペディアより)

  • 安田理大

    安田理大から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    本格炭火焼肉 でん(2008年 - 2011年) - 明神智和、バレーとの共演 (バレーが移籍してからは映っている部分がカットされていた)、2008年10月からは、安田1人で出演していた。安田理大 フレッシュアイペディアより)

  • パンパシフィックチャンピオンシップ2008

    パンパシフィックチャンピオンシップ2008から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    パンパシフィックチャンピオンシップ2008もしくはパンパシフィック選手権2008(パンパシフィックせんしゅけん2008、Pan-Pacific Championship 2008)は、2008年に開催されたパンパシフィックチャンピオンシップの第1回大会である。ガンバ大阪が初代優勝チームに輝いた。大会得点王はガンバ大阪のバレー(5得点)。パンパシフィックチャンピオンシップ2008 フレッシュアイペディアより)

  • 1月18日

    1月18日から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    1982年 - バレー、サッカー選手1月18日 フレッシュアイペディアより)

  • ハットトリック

    ハットトリックから見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    Jリーグにおいては、Jリーグ開幕節で当時鹿島アントラーズのジーコが初のハットトリックを記録。以降年間11回ペース(J1リーグのみ、公式データより)でハットトリックが生まれている。リーグ戦での1試合最多得点は野口幸司(1995年5月3日)、エジウソン(1996年5月4日)、中山雅史(1998年4月18日)の5得点で、リーグ戦でのダブルハットトリック(6得点)達成者は出ていない。ただし「Jリーグの公式戦」ならば、2005年12月10日、当時ヴァンフォーレ甲府のバレーが柏レイソルとのJ1・J2入れ替え戦第2戦でダブルハットトリックを記録している。この時は柏レイソルが第1戦を落とし、勝ちにいかざるをえない状況で前半序盤に2失点してしまい、なおかつ退場者を出してしまったためにゴールの量産が容易な状況であった。なお日本サッカーリーグ(JSL)時代には、1974年に日立の松永章がダブルハットトリック(対トヨタ自動車)をマークしている。この時は正ゴールキーパー、サブキーパーが試合中に二人とも怪我をして第3キーパーが出場した。ハットトリック フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のJリーグ

    2007年のJリーグから見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    下位では、先述の横浜FCのほか、大木武監督の指向するパスサッカーが話題となった甲府はG大阪に移籍したFWバレーの穴を最後まで埋められず降格。相手は奇しくも2年前のJ1昇格を決めた入れ替え戦の対戦相手だった柏レイソル、試合会場も日立柏サッカー場と同じだった。広島はユース世代からの選手育成が奏効しA代表を含む年代別代表に多数選手を送り出したが、守備が安定せず(リーグ最多失点)、入れ替え戦に回り、京都サンガF.C.との試合に敗れ、2度目のJ2降格が決定した。この3チームと残留を競った大宮・大分は、中断期間中に大型補強を敢行し、何とか残留した。イビチャ・オシム前監督の後を受けたアマル・オシム監督の千葉、原博実監督の標榜する攻撃サッカーの実現がかなわなかったFC東京も下位に沈み、シーズン終了後それぞれの監督は解任された。2007年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 1982年

    1982年から見たジャデル・ヴォルネイ・スピンドラージャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    1月18日 - バレー、サッカー選手1982年 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示

「バレー」のニューストピックワード

  • プエルトリコ経済そのものは大規模な経済ではないので、(デフォルトの)日本への影響もきわめて限定的だ

  • TPP交渉に関してはそういう事態を想定してやっている