1 2 3 4 次へ
32件中 31 - 32件表示
  • ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラーから見た山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場

    2005年シーズンは甲府の攻撃の中心としてJ1昇格に貢献した。特に柏レイソルと対戦したJ1・J2入れ替え戦では、12月7日の第1戦(小瀬)で決勝ゴール、12月10日の第2戦(日立柏)ではJリーグの1試合個人最多得点記録となる6得点(ダブルハットトリック)を叩き出した。この試合後に「いろいろ思い出して…」と人目を憚らず号泣した姿は多くのファンに感動を与えた。2006年、J1昇格後も戦力層の薄さから降格必至かと見られていた甲府に残留し、引き続き攻撃ユニットを牽引。勝利を決定付けるゴールを次々に決め、昇格初年度の甲府J1残留を置き土産に同シーズンをもって甲府を退団し、ガンバ大阪に完全移籍し、3年契約を結んだ。2007年開幕戦、古巣の大宮相手に途中出場から決勝ゴールを決め、感動の涙を流した。このシーズン、J1リーグ得点ランク2位となる20ゴールを挙げる活躍を魅せた。2008年8月、アラブ首長国連邦のアル・アハリに移籍した。ベナンシオ・アイレスの地元紙によれば移籍金は600万ドル(当時のレートで約6億5千万円)で、そのうち85%がガンバ大阪に、身内がパス(選手保有権)の一部を所有することから、残りの15%が彼自身の手に渡ったという。ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラー フレッシュアイペディアより)

  • ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

    ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラーから見たやべっちFC~日本サッカー応援宣言~

    公文式に在籍。日本語の勉強をしている。本人は雑誌のインタビューで「小学校コースだから早く記者会見が日本語で出来るようにしたい」とコメントしているが、日常会話には不自由がないレベルまで上達しているらしく、2007年5月、『やべっちFC』にチームメートの明神智和が出演した際に、「ハーイ!やべっち」のコーナーに乱入。ガンバ大阪移籍後の住居が矢部浩之の実家や母校の近所であることを流暢に日本語でアピールして去り、明神を苦笑させた。以後、様々な番組において流暢な日本語を披露している。そのため、彼の日本帰化を望む声も多かった(しかし、記者会見では語弊などを避けるためポルトガル語を使用している)。ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
32件中 31 - 32件表示

「バレー」のニューストピックワード

  • プエルトリコ経済そのものは大規模な経済ではないので、(デフォルトの)日本への影響もきわめて限定的だ

  • TPP交渉に関してはそういう事態を想定してやっている