178件中 61 - 70件表示
  • こしげなみへい

    こしげなみへいから見たバーチャファイターバーチャファイター

    バーチャファイター 2(1994年)舜帝(Shun Di 酔拳使い)、アクションモデルこしげなみへい フレッシュアイペディアより)

  • 根津愛

    根津愛から見たバーチャファイターバーチャファイター

    バーチャファイターにはまって以来合気道を習いはじめ師範代代理を務められるほどの達人。料理も上手い。推理するときには三つ編みにした髪を頭の上で纏める。推理力抜群で話を聞いただけで解決してしまう事もしばしば。人の命を重んじる反面、人を見下しバカにする様な描写もある。根津愛 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原芳秀

    藤原芳秀から見たバーチャファイターバーチャファイター

    バーチャファイター(原作・七月鏡一、小学館)藤原芳秀 フレッシュアイペディアより)

  • CRI・ミドルウェア

    CRI・ミドルウェアから見たバーチャファイターバーチャファイター

    2000年2月16日 同じCSKグループのセガがバーチャファイターで知られる当時の第2ソフトウェア研究開発部 (通称AM2・AM2研)を旧CRIへ営業譲渡。セガの他のソフト開発部門は同年4月に分社化されたが、AM2のみ諸般の事情で先行分離された。旧CRIでは既存部門を「CRI事業部」、AM2を「AM2事業部」とする体制がスタート。CRI・ミドルウェア フレッシュアイペディアより)

  • 板垣伴信

    板垣伴信から見たバーチャファイター5バーチャファイター

    その後、岡本好古、江原克則、松井宏明などTeam NINJA時代の部下計22名以上がテクモを退社、『バーチャファイター5』(セガ)開発経験者等の新規メンバーも含めた44名以上で、開発チーム「東京バイキング」(当時の仮名)を立ち上げた。この時点ではチームの所属する会社は不明だったが、2010年3月になって板垣の前年にテクモを退職していた元テクモ役員兼松聡がCEOの「株式会社ヴァルハラゲームスタジオ」と発表された。板垣伴信 フレッシュアイペディアより)

  • HORI

    HORIから見たバーチャファイターバーチャファイター

    リアルアーケードVF:セガサターン用のジョイスティック型コントローラ。アーケードゲーム筐体と同じ部品(以下、業務用部品)を使用している。「VF」とは『バーチャファイター』のことであり、ボタンが3つしかないなど、ほぼ専用設計である。HORI フレッシュアイペディアより)

  • プロジェクト:漫画家/日本の漫画家 あ行

    プロジェクト:漫画家/日本の漫画家 あ行から見たバーチャファイターバーチャファイター

    Virtua Fighter 美闘伝サラ(集英社)全3巻 ※原作 伊津木敏弘 プロジェクト:漫画家/日本の漫画家 あ行 フレッシュアイペディアより)

  • 石踊宏

    石踊宏から見たバーチャファイターバーチャファイター

    バーチャファイター(1995年-1996年)演出石踊宏 フレッシュアイペディアより)

  • ファイティングアイズ

    ファイティングアイズから見たバーチャファイターバーチャファイター

    3Dポリゴンを使用したプレイステーション用ゲームソフトが多く発売された1990年代末期にリリースされた格闘ゲームである。一見『バーチャファイター』や『鉄拳』のような通常の3D格闘ゲームに見えるものの、当たり判定や操作性など多くの問題点を残したままのリリースとなっており、雑誌レビューや評判等において著しく低い評価を得たことで話題となった。2000年代現在から比べると1990年代における実機演算によるポリゴン描写能力は比較的低く同時期にリリースされた『鉄拳2』等と比べてもあまりに粗末なグラフィックだったことも、低評価の一因となった。ファイティングアイズ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・スティール

    ジム・スティールから見たバーチャファイターバーチャファイター

    デビュー戦は1991年10月のフロリダ州タンパ。初来日は1994年11月の全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦。当初は本名のジム・スティールで参戦していたが、1995年6月からは覆面レスラーとなり、リングネームもザ・ラクロスに変え、パトリオット率いるUS空軍軍団の一員となった。さらに小橋健太、ジョニー・エース、ザ・パトリオットがGETを結成したときにはスティーブ・ウィリアムス、ゲーリー・オブライトとともにTOPを結成して対抗。かつてタッグを組んでいたザ・パトリオットと敵対することとなった。1997年の世界最強タッグ決定リーグ戦では再びリングネームを変更。セガのプロレスゲーム「全日本プロレス FEATURING VIRTUA」の発売にあたり、同ゲームにバーチャファイターからゲスト参戦した架空のレスラーウルフ・ホークフィールドに変身、ジョニー・スミスとタッグを組んで参戦する。1994年大会では10組中8位だったが、1997年大会ではハンセン組に勝利し、三沢組とウィリアムス組に引き分ける健闘を見せ、10組中5位となる。さらに1998年1月9日、スミスとのタッグでアジアタッグ王座を奪取。これが日本での初戴冠となった。2000年の世界最強タッグ決定リーグ戦では再びリングネームをジム・スティールに戻し、マイク・バートンとのタッグで参加。勝ち点10を獲得し、首位の4チームに入るが、優勝決定トーナメントの初戦で川田利明&渕正信組に敗れ、初優勝はならなかった。2001年に新日本プロレスに初参戦。マイク・バートンとともにG1タッグリーグに参加し、準優勝となる。2002年11月4日からはマイク・バートンとともに新日本プロレスに主戦場を変更。IWGPタッグ王座にも挑戦する。2004年にはラブマシンズの一員として覆面レスラーのラブ・マシン・スティールとなり、久々の全日本プロレスマットへの復帰となった。ジム・スティール フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示

「バーチャファイター」のニューストピックワード