2135件中 101 - 110件表示
  • 劣化ウラン弾

    劣化ウラン弾から見たパキスタンパキスタン

    劣化ウランは、入手可能で安全に扱える物質の内では比重が最も大きいので、空中を飛翔した後に目標物を貫通するタイプの銃砲弾の材料に適している。この高性能銃砲弾を劣化ウラン弾という。アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ロシア、中国、カナダ、スウェーデン、ギリシャ、トルコ、イスラエル、サウジアラビア、ヨルダン、バーレーン、エジプト、クウェート、パキスタン、タイ、台湾、韓国、などが劣化ウラン弾を兵器として保有している。劣化ウラン弾 フレッシュアイペディアより)

  • ハムザ・ビン・ラーディン

    ハムザ・ビン・ラーディンから見たパキスタンパキスタン

    『ワジリスタンのムジャヒディン』と題された2005年のビデオには、アフガニスタンとパキスタンの間にある南ワジリスタンの連邦直轄部族地域にて、パキスタンの治安部隊を攻撃するアルカイダの部隊に参加しているハムザが映っている。2007年9月には、ハムザは連邦直轄部族地域でアルカイダ武装勢力の指導的立場に就いていると報じられた。ハムザ・ビン・ラーディン フレッシュアイペディアより)

  • ピンポン外交

    ピンポン外交から見たパキスタンパキスタン

    会場に到着したバスは報道陣に囲まれ、この出来事は大きく取り上げられた。アメリカ代表のハリソン副団長からアメリカチームを中国に招待してほしいという申し出があり、荘はそれを外交部に伝えた。中華人民共和国外交部は時期尚早と判断し、周恩来もそれに同調したが、毛沢東主席の鶴の一声により、アメリカ卓球チームの中国への招待が実現した。1971年4月10日、1949年に中国共産党による中国大陸制圧後初めて米国人が中国を公式訪問、その後パキスタンを通じた外交交渉の結果、ヘンリー・キッシンジャーが内密に中国を訪問するなどし、1972年2月にはリチャード・ニクソンが中国を訪問した際に人民大会堂で開かれたパーティーでは荘則棟が周恩来から大統領に紹介された。ピンポン外交により中華人民共和国とアメリカが国交を結ぶまでに中華人民共和国と国交を持っていたのはわずか32カ国であったが、その後1年の間に100カ国以上が中華人民共和国と国交を結んだ。ピンポン外交 フレッシュアイペディアより)

  • イランの核開発問題

    イランの核開発問題から見たパキスタンパキスタン

    これに対し核保有国アメリカは、イランの主張に疑念を持ち、核兵器保有に向けての高濃縮ウランであると主張して、国際的にイランを孤立化させようとする政策を取ってきた。これらには政治的思惑が見え隠れしており、疑惑段階でイランに経済制裁をとる一方で、既に核兵器を保有しているパキスタンやインドなどにはイランのようなボイコット(制裁)をおこなわなかった。イランの核開発問題 フレッシュアイペディアより)

  • イランの国際関係

    イランの国際関係から見たパキスタンパキスタン

    イランはトルコ、ブラジル、ロシア、中華人民共和国、キューバ、ベネズエラ、マレーシア、パキスタン、ベラルーシなど第三世界各国やその他の国々とも協力関係を築き、幅広い協力を得ている。イランの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 小松由佳 (登山家)

    小松由佳 (登山家)から見たパキスタンパキスタン

    2006年 K2(パキスタン/8611m)南南東支稜より登頂小松由佳 (登山家) フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のボーラ・サイクロン

    1970年のボーラ・サイクロンから見たパキスタンパキスタン

    1970年のボーラ・サイクロン(英:1970 Bhola cyclone)とは、1970年11月12日に東パキスタンのボーラ地方(今日のバングラデシュ)とインドの西ベンガル州を襲ったサイクロンである。ベンガル・デルタ地帯の標高が低い島々が高潮に襲われ、これを主な原因としてもっとも控えめな見積でも20万5000人以上、最大50万人と推定される人命が失われ、サイクロンとしては史上最大級の犠牲者を出した。近代以降の自然災害全般の中でも最悪のものの一つである。この被害が余りに激甚であったことが直接的な契機の一つとなって、以後パキスタンは内戦状態に陥り、翌年バングラデシュが独立した。1970年のボーラ・サイクロン フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータウイルス

    コンピュータウイルスから見たパキスタンパキスタン

    現在ある形での最初のウイルスがどれであるかについては諸説ある。1970年代にはCreeperと呼ばれるワームがARPANET上で確認されていた。狭義のコンピュータウイルスとして世界初のものは、1982年に当時ピッツバーグの高校生であった Richard Skrenta によって作製されたElk Clonerで、Apple IIにのみ感染するものであった。1986年には、パキスタンのコンピューター店を経営するアムジャット兄弟(プログラマー)が、不正コピー防止を訴えるために「Brain」を作製し、これがIBM PCに感染する初のウイルスといわれている。日本では1988年、パソコン通信を介してウイルスに感染したものが最初とされる。コンピュータウイルス フレッシュアイペディアより)

  • トルワル語

    トルワル語から見たパキスタンパキスタン

    トルワル語()はインド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派ダルド語群コヒスタン諸語に属する言語である。トゥルバル語、トルワリ、トゥルバリとも呼ばれる。パキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州ののトルワル(Torwal)という地名が言語名の由来である。また、トルワル人がもともと話していた言語である。パキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州のとで話されている。方言はとチャイル(Chail)の2つがある。トルワル語 フレッシュアイペディアより)

  • スリランカのイスラム教

    スリランカのイスラム教から見たパキスタンパキスタン

    また19世紀から20世紀にかけてインドからムスリムが到来すると、イスラム教の成長に拍車が掛かる。なかんずくパキスタンや南インドのムスリムはシーア派やハナフィー学派を広めたものの、島内のほとんどのムスリムはいまだスンナ派の伝統的習慣を固守。スリランカのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

2135件中 101 - 110件表示

「パキスタン」のニューストピックワード