2135件中 111 - 120件表示
  • タイのイスラム教

    タイのイスラム教から見たパキスタンパキスタン

    国内のムスリム人口のうち3分の2はマレー系ではあるが、土着民に加え中国、パキスタン、カンボジア、バングラデシュ、マレーシアの他インドネシアの各国から移住してきた民族集団がおり、多種多様である。タイのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン系パキスタン人

    ウズベキスタン系パキスタン人から見たパキスタンパキスタン

    ウズベキスタン系パキスタン人(、)とは、パキスタンに住むウズベキスタンをその出自に持つ人々を指す。パキスタンには、約500,000人のウズベキスタン系パキスタン人が住んでいると考えられている。パキスタンに住むウズベク人には、ウズベキスタンからパキスタンへと移り住んだウズベキスタン系パキスタン人のほかにアフガニスタンから移住したウズベク人が含まれており、の約7.3%はウズベク人である。パキスタンに移住してきたウズベク人は主にパキスタン北西部のカイバル・パクトゥンクワ州地区(特にペシャーワルに多い)やギルギット・バルティスタン州に住む傾向が強い。加えて、ウズベキスタン・イスラム運動やのように、アル・カーイダと結び付きがあると考えられているウズベキスタンの武装組織は連邦直轄部族地域(FATA、アフガニスタンとの国境地帯)に拠点を構えていると考えられている。居住している武装組織全体の人数は500?5,000人と推測されている。ウズベキスタン系パキスタン人 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川眞喜雄

    宮川眞喜雄から見たパキスタンパキスタン

    2012年(平成24年) 外務省中東アフリカ局長兼アフガニスタン・パキスタン担当特別代表(大使)兼日米原子力担当大使宮川眞喜雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の政治

    1982年の政治から見たパキスタンパキスタン

    11月1日 - ジアウル・ハク・パキスタン大統領、訪印。インディラ・ガンディー首相と印パ首脳会談。1982年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋問題調査会

    太平洋問題調査会から見たパキスタンパキスタン

    IPRの組織は、ホノルルに設置された国際事務局・中央理事会と、各参加国に設置された国内組織から構成されていた。国際事務局と中央理事会は、調整をすすめほぼ2 - 3年おきに「太平洋会議」と呼ばれる国際大会を欧米(アメリカ・カナダ・イギリス)・アジア(日本・中国・インド・パキスタン)の各地で通算13回(戦前(日米開戦以前)7回、戦時中2回の開催をはさんで戦後4回)にわたり開催、毎回各国政府が会議の動向に注目するほどの影響力を持った。また1928年に創刊された中央機関誌『パシフィック・アフェアーズ』や、支部刊行物を含む多くの書籍・パンフレットを刊行しアジアに関する知識の普及を進めた。太平洋問題調査会 フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル航空

    ロイヤル航空から見たパキスタンパキスタン

    ロイヤル航空(ロイヤルこうくう、Royal Airlines)はパキスタンのカラチにあるジンナー国際空港をハブとする航空会社。小都市への旅客サービスのほかチャーター便や貨物便の運航も行っている。ロイヤル航空 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の地理

    中華人民共和国の地理から見たパキスタンパキスタン

    ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、パミール高原、天山山脈などの世界の中でも高い山は南アジアや中央アジアなどから中国に向かってのびている。17の高い山の内、世界で最も高い山でありネパールとの国境にあるエベレスト(8,848m)や2番目に高いパキスタンとの国境にあるK2(8,611m)などの11の山は中国西部の国境にある。これらの西側の山から、地面が階段状に下がっている。中華人民共和国の地理 フレッシュアイペディアより)

  • 山形清

    山形清から見たパキスタンパキスタン

    茨城県出身。第一高等学校及び東京帝国大学卒業後、大蔵省を経て外務省に入省した。複数の海軍軍縮会議随員、ベネズエラ及びコロンビア初代公使、チリ公使、パキスタン初代大使などを歴任した。山形清 フレッシュアイペディアより)

  • ウショジョ語

    ウショジョ語から見たパキスタンパキスタン

    ウショジョ語はインド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派ダルド語群シナー諸語に属する言語である。ウショ語、ウシュ語、ウショジョ、ウショジとも呼ばれる。ウショジョ、ウショジはパキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州(ウシュ)という地名が由来である。パキスタンの地方とで話されている。ウショジョ語 フレッシュアイペディアより)

  • シーア派

    シーア派から見たパキスタンパキスタン

    シーア派の信者はイスラム教徒全体の10%から20%を占めると推定される。2009年には、信徒数は約2億人と推定される.。信徒は世界中に分布するが、イラン、イラク(国内のムスリムは全人口の95%、全人口の3分の2がシーア派)、レバノン(政治的理由から公式資料なし〔レバノン内戦参照〕だが、人口の半数を超えているといわれる)、アゼルバイジャン(85%)では特にシーア派住民が多い。またイエメン(45%)、パキスタン(20%)、サウジアラビアの東部(10%)、バーレーン(70%)、オマーン、アフガニスタン(ハザーラ人など)にも比較的大きな信徒集団が存在する。シーア派 フレッシュアイペディアより)

2135件中 111 - 120件表示

「パキスタン」のニューストピックワード