1517件中 11 - 20件表示
  • 2011年

    2011年から見たパキスタンパキスタン

    パキスタン北西部で自爆テロがあり、20人が死亡。2011年 フレッシュアイペディアより)

  • パハール岩塩

    パハール岩塩から見たパキスタンパキスタン

    パハール岩塩(ぱはーるがんえん)は、株式会社オフィスツーワンが販売するパキスタン産の岩塩(ヒマラヤ岩塩)である。パハール岩塩 フレッシュアイペディアより)

  • イラン

    イランから見たパキスタンパキスタン

    イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。またペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。イラン フレッシュアイペディアより)

  • ウサーマ・ビン・ラーディン

    ウサーマ・ビン・ラーディンから見たパキスタンパキスタン

    1979年、ソビエト軍のアフガニスタン侵攻が起こると、サウード家は、アフガニスタンのムスリムの抵抗を積極的に支援することに決め、王室に近かったラーディン家に支援を要請した。アル=ハラム・モスク占拠事件の影響でイスラム過激派を国外に追い出す狙いもあった。同年のイラン革命の進展に強い影響を受けたウサーマは、アブドゥッラー・アッザームの誘いで、アフガニスタンでソビエト軍と戦うことを決意、パキスタンのペシャワールに向かう。駐アフガニスタン・サウジ王国公式代表に任命され、アフガンゲリラ諸派とともにムジャーヒディーンとなった。1980年にはペシャワール郊外に居を構え、この時期より迷彩服を着用し、素手でロシア人兵士を殺して奪った(とされる)アサルトライフルを常に携帯するようになった。またパキスタン軍統合情報局(ISI)長官のハーミド・グル中将の知己となった。1989年まではサイクローン作戦を通じウサーマらムジャーヒディーンはアメリカの中央情報局(CIA)の援助を受けたが、ムジャーヒディーンの軍事訓練はムハンマド・ジア=ウル=ハク政権のパキスタンが担い、ISIとパキスタン陸軍が指導した。サウジアラビア総合情報庁(GIP)の長官トゥルキー・アル=ファイサル王子の委任により、ウサーマは個人財産とGIPからの資金でムジャーヒディーンのスポンサーとなり、アブドゥッラー・アッザームと共に1984年までにはペシャワールで「サービス局」(マクタブ・アル=ヒダマト。MAK)を開設し、エジプト・スーダンなどからムジャーヒディーンをリクルートし、パキスタンの北西辺境州に設立した軍事キャンプに送り込んだ。ムジャーヒディーンは主にグルブッディーン・ヘクマティヤールを支援した。アフガニスタンでの対ソ戦の戦況はムジャーヒディーンの活躍で好転する。ウサーマがオマル・アブドゥル=ラフマーンやアブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーなどと関係を構築したのはこのときである。ウサーマ・ビン・ラーディン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見たパキスタンパキスタン

    しかしソ連軍の撤退以降はムジャーヒディーン同士が内戦を起こし、軍閥を形成して戦闘が続いた。1994年頃からパキスタン軍の支援を受けたパシュトゥーン人の武装勢力であるターリバーンが勢力を拡張し、国土の大半を制圧した。しかし、ターリバーン政権はイスラム原理主義的政権であり、同様に原理主義的思想を持つウサーマ・ビン=ラーディンとアル・カーイダを国内に保護し、テロリストの訓練キャンプを設置していた。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • フサエリショウノガン

    フサエリショウノガンから見たパキスタンパキスタン

    フサエリショウノガンはカナリア諸島、北アフリカ、イラン、サウジアラビア、インド、パキスタン、カザフスタン、中国、UAEにおいて目撃されている。砂漠や乾燥した砂地で済むのに広い土地で子を産む。フサエリショウノガン フレッシュアイペディアより)

  • ハリド・シェイク・モハメド

    ハリド・シェイク・モハメドから見たパキスタンパキスタン

    2003年3月、潜伏中のパキスタンのラーワルピンディーで、アメリカの諜報機関に支援されたパキスタン統合情報局(ISI)によって逮捕された。ハリド・シェイク・モハメド フレッシュアイペディアより)

  • タシール知事暗殺事件

    タシール知事暗殺事件から見たパキスタンパキスタン

    タシール知事暗殺事件(タシールちじあんさつじけん)は、2011年1月4日、パキスタンでパンジャブ州のタシール知事が暗殺された事件。タシール知事暗殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たパキスタンパキスタン

    バラク・オバマは大統領選期間中、イラクに展開する部隊の16ヶ月以内の再配置を主張した。 これを成し遂げるため、現地の情勢に基づき、1ヶ月に1、2個の大隊を移動させると述べた。そのうちのいくつかは米国へ帰還し、その他はアフガニスタンやパキスタンなど対テロ戦争の最前線へ再配置された。2007年4月23日、オバマは米国シカゴ外交評議会での演説において彼の外交政策の目標を初めて明らかにし、その概要を述べた。そこでは5つのキーポイントが強調されていた。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • ボジンカ計画

    ボジンカ計画から見たパキスタンパキスタン

    主犯格はラムジ・ユセフとハリド・シェイク・モハメド。ラムジ・ユセフは、クウェート生まれのパキスタン人で、世界貿易センター爆破事件の首謀者。ハリド・シェイク・モハメドもクウェート生まれのパキスタン人で、ラムジの叔父である。ハリド・シェイク・モハメドは、16才でムスリム同胞団に加わり、その後アフガニスタンでソビエト軍と戦った経歴の持ち主で、アルカーイダの最高首脳の1人である。対外宣伝を担当し、アメリカ同時多発テロ事件の計画立案者と言われる。ボジンカ計画 フレッシュアイペディアより)

1517件中 11 - 20件表示

「パキスタン」のニューストピックワード