2135件中 21 - 30件表示
  • 北部同盟 (アフガニスタン)

    北部同盟 (アフガニスタン)から見たパキスタンパキスタン

    北部同盟(ほくぶどうめい)は、1996年9月のターリバーンのカーブル制圧ののち、反ターリバーン政権として北部アフガニスタンを統治した勢力。正式名称をアフガニスタン救国・民族イスラム統一戦線(Jabha-yi Muttahid-i Islāmī-yi Millī barā-yi Nijāt-i Afghānistān)といい、パキスタンによって「北部同盟」と呼称されたものが外国のマスメディアに浸透したことで呼ばれるようにもなった。北部同盟 (アフガニスタン) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国とイランの関係

    アメリカ合衆国とイランの関係から見たパキスタンパキスタン

    1979年11月4日、が、アーヤトッラー・ホメイニーの支持のもとテヘランのアメリカ大使館を占拠した。これは大使館によるスパイ行為のためであった。52人のアメリカ人が444日間にわたって人質となった。1980年4月7日、合衆国はイランとの国交を断絶。1981年4月24日以降、スイス政府がテヘランの利益代表部を通じて合衆国の権益を代行した。一方、合衆国におけるイランの権益は、ワシントンD.C.のパキスタン大使館内に設けられたイラン利益代表部によって代行されることになった。アメリカ合衆国とイランの関係 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンムー・カシミール州

    ジャンムー・カシミール州から見たパキスタンパキスタン

    紀元前よりこの地域はマウリヤ朝が起こり、その後クシャーナ朝等を経て、ムガル帝国の支配下となる。ムガル帝国滅亡後、シク王国(1799年?1846年)が建国されてシク教徒の治世となり、1846年、でイギリス軍がこの地を占領し、ジャンムー・カシミール藩王国が成立した。1947年8月にインドとパキスタンがイギリスから独立した際、この地の帰属権を巡って紛争が勃発(印パ戦争)。現在でもパキスタンとインドが領有を主張し、これまで大小の軍事衝突を繰り返し、現在はほぼ中間付近に停戦ラインが引かれている。1990年代から分離独立派がヒンドゥー教徒を襲撃する事件が相次ぎ、約4万5000人が殺害されている。1999年、。2005年10月の地震では、1,300人以上の死者を出した。ジャンムー・カシミール州 フレッシュアイペディアより)

  • バルーチスターン

    バルーチスターンから見たパキスタンパキスタン

    バルーチスターン(Baluchistan、)とは、現パキスタンの西南(バローチスターン州)、イラン東南(スィースターン・バルーチェスターン州)、アフガニスタン南部にまたがる地方。バローチスターン(Balochistan)とも呼ばれる。バルーチスターン フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見たパキスタンパキスタン

    16日 - パキスタン国民議会(下院)が、任期満了を迎え解散。パキスタンの文民政権で任期満了したのは初めてとなった。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たパキスタンパキスタン

    バラク・オバマは大統領選期間中、イラクに展開する部隊の16ヶ月以内の再配置を主張した。 これを成し遂げるため、現地の情勢に基づき、1ヶ月に1、2個の大隊を移動させると述べた。そのうちのいくつかは米国へ帰還し、その他はアフガニスタンやパキスタンなど対テロ戦争の最前線へ再配置された。2007年4月23日、オバマは米国シカゴ外交評議会での演説において彼の外交政策の目標を初めて明らかにし、その概要を述べた。そこでは5つのキーポイントが強調されていた。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • ボジンカ計画

    ボジンカ計画から見たパキスタンパキスタン

    主犯格は、ラムジ・ユセフとハリド・シェイク・モハメド。ラムジ・ユセフは、クウェート生まれのパキスタン人で、世界貿易センター爆破事件の首謀者。ハリド・シェイク・モハメドもクウェート生まれのパキスタン人で、ラムジの叔父である。ハリド・シェイク・モハメドは、16歳でムスリム同胞団に加わり、その後アフガニスタンでソビエト軍と戦った経歴の持ち主で、アルカーイダの最高首脳の1人である。対外宣伝を担当し、アメリカ同時多発テロ事件の計画立案者と言われる。ボジンカ計画 フレッシュアイペディアより)

  • 米印原子力協力

    米印原子力協力から見たパキスタンパキスタン

    中国共産党中央委員会の機関紙人民日報は、米印原子力協力を激しく批判したが、中国がパキスタンに資金と技術を援助し、同国最大規模原子力発電所を建設している。米印原子力協力 フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たパキスタンパキスタン

    アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • インドにおけるイスラーム

    インドにおけるイスラームから見たパキスタンパキスタン

    インドでのイスラム教徒人口は、2014年の時点で1億8000万人を超えているとされる。イスラム教徒の人口規模はインドネシアの約2億人、パキスタンの1億7000万人についで世界第3位であり、イスラム教はインド国内でヒンドゥー教に次ぐ勢力を持っている(インド、パキスタン、バングラデシュのイスラム教徒の人口数は合計で4億8000万人を超えており、南アジアは世界で最もイスラム教徒が多い地域となっている)。インドにおけるイスラーム フレッシュアイペディアより)

2135件中 21 - 30件表示

「パキスタン」のニューストピックワード