1517件中 51 - 60件表示
  • ドラヴィダ語族

    ドラヴィダ語族から見たパキスタンパキスタン

    ドラヴィダ語族(ドラヴィダごぞく、達羅?荼語族、Dravidian)は、主にドラヴィダ人と総称される人々が使用する言語の語族 (ごぞく) であり、およそ26の言語が含まれる。ドラヴィダ語は、主として南インドとスリランカで話されているが、また、パキスタン、ネパール、そして東部及び中央インドの特定の地域でも話されている。ドラヴィダ語族 フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン・モスク立てこもり事件

    パキスタン・モスク立てこもり事件から見たパキスタンパキスタン

    パキスタン・モスク立てこもり事件(パキスタン・モスクたてこもりじけん)は、2007年7月3日にパキスタンの首都イスラマバードでイスラム教の神学生らが治安部隊と衝突し、その後モスクに人質を取って立てこもった事件。イスラーム過激派アルカーイダとの関連が指摘されている。パキスタン・モスク立てこもり事件 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋問題調査会

    太平洋問題調査会から見たパキスタンパキスタン

    IPRの組織は、ホノルルに設置された国際事務局・中央理事会と、各参加国に設置された国内組織から構成されていた。国際事務局と中央理事会は、調整をすすめほぼ2 - 3年おきに「太平洋会議」と呼ばれる国際大会を欧米(アメリカ・カナダ・イギリス)・アジア(日本・中国・インド・パキスタン)の各地で通算13回(戦前(日米開戦以前)7回、戦時中2回の開催をはさんで戦後4回)にわたり開催、毎回各国政府が会議の動向に注目するほどの影響力を持った。また1928年に創刊された中央機関誌『パシフィック・アフェアーズ』や、支部刊行物を含む多くの書籍・パンフレットを刊行しアジアに関する知識の普及を進めた。太平洋問題調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見たパキスタンパキスタン

    ヤルタ体制の中で東欧諸国は否応なく、ウィンストン・チャーチルが名づけたところの「鉄のカーテン」の向こう側である共産主義体制に組み込まれることとなり、ドイツという共通の敵を失ったソビエトとアメリカ合衆国は、その同盟国を巻き込む形でその後1980年代の終わりまで半世紀近く冷戦という対立抗争を繰り広げた。また、フランスやイギリス、ソビエトなどの主要連合国はアメリカに倣い核兵器の開発・製造を急ぐこととなり、後に成立した中華人民共和国やインド、パキスタンなどがこれに続いた。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • MiG-19 (航空機)

    MiG-19 (航空機)から見たパキスタンパキスタン

    1955年に初飛行したSM-2(')は、Il-2、Il-10にかわる打撃戦闘機として開発された。量産には結びつかなかったが、中華人民共和国ではこれによく似た形式の発展型を生産しており、パキスタンなどで使用されていた。また、特殊な戦闘爆撃機型としては、SM-9/9(')が小型の核爆弾を搭載する機体として開発された。MiG-19 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • カラコルム山脈

    カラコルム山脈から見たパキスタンパキスタン

    カラコルム山脈(カラコルムさんみゃく)は、パキスタン・インド・中国の国境付近に横たわる山脈である。アジアの大きな山塊の一部としてヒマラヤ山脈などと同一のものとして語られることもあるが、独立した山脈である。氷河の多くが瓦礫に覆われている。カラコルムとはトルコ語で「黒い砂利」という意味である。カラコルム山脈 フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン地震

    パキスタン地震から見たパキスタンパキスタン

    パキスタン地震(パキスタンじしん)は、2005年10月8日午前8時50分(現地時間(UTC+5)、日本時間午後0時50分)にパキスタン北東部カシミール地方・インド国境近くで発生した地震である。マグニチュード7.6で、パキスタン、インドなど周辺で被害が広がった。パキスタンの首都イスラマバードでも被害がでている。パキスタン地震 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス領インド帝国

    イギリス領インド帝国から見たパキスタンパキスタン

    国民会議と連盟の間の、いかなる妥協も見出せない状況を打開するために、イギリスは、1946年3月、閣僚使節団を派遣し、複雑な三層構造の連邦制案を提示した。東西のムスリム多数州(現在のパキスタン、バングラデシュの領域)とヒンドゥーが多数を構成する中央部・南部(ヒンドゥスタン)にインドを分割し、それぞれの州に大幅な自治権を付与する案に対して、ジンナーは、賛意を表明した。しかし、中央集権国家を目指した国民会議は、イギリスの案を一蹴した。ネルーによる7月10日の演説でその内容が明らかとなり、それぞれの州がヒンドゥー、ムスリムどちらの州に所属するかは自由に判断できるようにすべきであるという内容は、ジンナーの「パキスタン構想」を打ち砕くものであった。イギリス領インド帝国 フレッシュアイペディアより)

  • バイトゥッラー・マフスード

    バイトゥッラー・マフスードから見たパキスタンパキスタン

    パキスタン北西辺境州のランディ・ドク(Landi Dhok)に生まれる。南ワジリスタンに居住するマフスード部族出身。マドラサの学生時代、アフガニスタンに赴き、シャリーア法の確立を助けた。バイトゥッラー・マフスード フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のボーラ・サイクロン

    1970年のボーラ・サイクロンから見たパキスタンパキスタン

    1970年のボーラ・サイクロン(英:1970 Bhola cyclone)とは、1970年11月12日に東パキスタンのボーラ地方(今日のバングラデシュ)とインドの西ベンガル州を襲ったサイクロンである。ベンガル・デルタ地帯の標高が低い島々が高潮に襲われ、これを主な原因としてもっとも控えめな見積でも20万5000人以上、最大50万人と推定される人命が失われ、サイクロンとしては史上最大級の犠牲者を出した。近代以降の自然災害全般の中でも最悪のものの一つである。この被害が余りに激甚であったことが直接的な契機の一つとなって、以後パキスタンは内戦状態に陥り、翌年バングラデシュが独立した。1970年のボーラ・サイクロン フレッシュアイペディアより)

1517件中 51 - 60件表示

「パキスタン」のニューストピックワード