2135件中 61 - 70件表示
  • 2014年ペシャーワル学校襲撃事件

    2014年ペシャーワル学校襲撃事件から見たパキスタンパキスタン

    ペシャーワル学校襲撃事件 (ペシャーワルがっこうしゅうげきじけん) とは、2014年12月16日にパキスタン・ターリバーン運動 (TTP) に所属する7人のテロリストがパキスタンのペシャーワルにある軍事学校に侵入し、学校の生徒や職員を襲撃した事件。犠牲者は、8歳から18歳までの子供132人や学校に残った職員9人を含む141人と報告されている。また、少なくとも114人が怪我をして市内の病院へ収容され、950人以上の生徒、職員が軍によって救出された。事件は同日夕方に7人のテロリスト全員を殺害したことで終了した。2014年ペシャーワル学校襲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • M47パットン

    M47パットンから見たパキスタンパキスタン

    アメリカではこの改修計画は実行されなかったが、イランとパキスタンで合計800輌以上がこの計画に基づいて改修された。M47パットン フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・オマル

    ムハンマド・オマルから見たパキスタンパキスタン

    パキスタンカイバル・パクトゥンクワ州のイスラーム神学校(マドラサ)に学び、ソ連のアフガニスタン侵攻でムジャーヒディーンとしてゲリラ戦を行い、ムハンマド・ナジーブッラー政権と戦った。オマルは対ソビエト軍の戦いで4度負傷したとされる。1986年、カンダハール近郊の戦闘で右目を失い、クエッタのマドラサで過ごした。他のムジャーヒディーンとは異なりオマルはアラビア語を解したため、アブドゥッラー・アッザームの教えに感化されてマドラサでその思想を広めた。オマルはカラチに移り説教を始めるが、そこでウサーマ・ビン・ラーディンと初めて会っている。ムハンマド・オマル フレッシュアイペディアより)

  • Digital-Free

    Digital-Freeから見たパキスタンパキスタン

    Digital-Free株式会社()は、日本のECサイト構築ベンダーであり、米Magento社の製品であるMagentoを用いたECサイトの構築を得意とする。パキスタンやカンボジアにも開発拠点を持つ。Digital-Free フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊インド洋派遣

    自衛隊インド洋派遣から見たパキスタンパキスタン

    国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)からの要請を受け、掃海母艦「うらが」と護衛艦「さわぎり」がアフガン難民のためのテントや毛布など、計約200トンの救援物資をパキスタンのカラチ港まで輸送した。「うらが」が帰還してこの活動は終了した(平成13年11月25日?12月31日)。ただし「さわぎり」は「はまな」などと合流して協力支援活動に移った。自衛隊インド洋派遣 フレッシュアイペディアより)

  • キョフテ

    キョフテから見たパキスタンパキスタン

    肉には滑らかなペーストを形作るために米やブルグァ(火にあぶって乾燥して砕いた小麦)、野菜、卵などが混ぜ込まれる。インドでは赤身の肉よりも魚や野菜などから作られる場合もある。調理法もグリルやフライ、蒸し物、ポーチ(湯で加熱)、焼き、マリネなど様々でスパイシーなソースが添えられ、北アフリカや地中海、バルカン、南アジアなど広い範囲に多様なバリエーションがある。パキスタンのコフタは牛肉や鶏肉から作られている。ナルギシコフタには卵が使われ、パキスタンではとても一般的である。2005年のある食品会社の調査によれば、トルコには291種類ものキョフテがあるとされるキョフテ フレッシュアイペディアより)

  • ムスターグ・タワー

    ムスターグ・タワーから見たパキスタンパキスタン

    ムスターグ・タワー(Muztagh Tower)は、パキスタンのカラコルム山脈のバルトロ山群にある山。K2の西南西15km、パキスタンと中国の国境にある。標高7276メートル。ムスターグ・タワー フレッシュアイペディアより)

  • アクラム・ペールワン

    アクラム・ペールワンから見たパキスタンパキスタン

    アクラム・ペールワン(Akram Pahalwan、1930年 - 1987年4月12日)は、パキスタンのプロレスラーである。アクラム・ペールワン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン地震 (2005年)

    パキスタン地震 (2005年)から見たパキスタンパキスタン

    2005年のパキスタン地震(パキスタンじしん)は、同年10月8日08時50分(現地時間(UTC+5)、日本時間午後0時50分)にパキスタン北東部とインド北部に跨るカシミール地方で発生した地震である。マグニチュード7.6で、パキスタン・インド両国で死者が7万人超に達するなどの被害があった。パキスタン地震 (2005年) フレッシュアイペディアより)

  • ラダック

    ラダックから見たパキスタンパキスタン

    ラダック (Ladakh,チベット語:??????? la dwags) はインドのジャンムー・カシミール州東部の地方の呼称。広義にはザンスカールおよび、現在パキスタンの支配下となっているバルティスターンを含む、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に挟まれた一帯を指し、カシミールの東側半分以上を占める。かつてはラダック王国という独立した仏教国であったが、19世紀にカシミールの藩王国に併合された。現在では行政区画の名称としては使用されていない。中華人民共和国との国境に接し、アフガニスタン北部にも近い。中国が実効支配するアクサイチンも、かつてはラダックの支配下であった。ラダック フレッシュアイペディアより)

2135件中 61 - 70件表示

「パキスタン」のニューストピックワード