182件中 91 - 100件表示
  • パキスタン

    パキスタンから見たパキスタン・ルピー

    通貨はパキスタン・ルピー(1ルピー=100パイサ、硬貨の種類は5パイサ、10パイサ、25パイサ、50パイサ、1ルピー、5ルピーの6種類、紙幣は、2ルピー、5ルピー、10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピー、500ルピー、1000ルピー、5000ルピーの8種類)。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た名誉の殺人

    また国法とは別に、慣習法による人権侵害も深刻である。例を挙げれば、婚前交渉を行った女性を家族の名誉を汚したとして処刑する名誉の殺人があり、山岳部を中心に横行している。特に地方部では警察機構や司法制度が整備されていないので慣習法が横行している。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たラーホール

    ラーホール(パンジャーブ州の州都)パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たイギリス領インド帝国

    1947年8月14日 イギリス領インド帝国から独立し、イギリス国王を元首に頂くドミニオン(英連邦王国パキスタン)となる。1947年 第一次印パ戦争(1947年10月21日 - 1948年12月31日)。1956年、共和制移行。第二次印パ戦争(1965年8月 - 9月23日)。第三次印パ戦争(1971年12月3日 - 12月16日)、東パキスタンがバングラデシュとして分離独立。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たイスラーム

    パキスタンは守旧的イスラームに基づく国家であり、憲法で公式にイスラームの理念にのっとった政治を行うことを宣言し、イスラム法の強い影響を受けた法を施行するという点でイスラム国家としての色彩が強い。そのためさまざまな人権侵害があると指摘されている。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たパキスタン海軍

    陸軍、海軍、空軍のほか、沿岸警備隊、さらに国境警備、治安維持用の準軍事組織を有する。印パ戦争・カシミール紛争が繰り返されたことからインドと軍事的な対立関係にある。核兵器も保有している。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た南オセチア紛争 (2008年)

    独立以来、アメリカとの協力・同盟関係を維持しながら、カシミール問題で激しく争うインドに対抗するのがパキスタンの一貫した外交政策であったが、親米主義者であったムシャラフが辞任した2000年代後半以降軍事パートナーをアメリカからロシアと中華人民共和国に切り替えることを志向している(2008年のグルジア軍の南オセチア自治区への侵攻にロシアが介入した事を支持した国の一つでもあった)。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た非同盟主義

    パキスタンは独立以来、アメリカ合衆国の軍事支援を受け入れている。アメリカにとっては非同盟主義のインドと友好関係が深いソビエト連邦への対抗上、またイスラム革命を起こしてアメリカと激しく対立するイランの封じ込め策として、パキスタンは重要な支援対象国家である。パキスタン側もこの点は承知しており、クーデターなどで政権交代が起こっても親米路線は堅持されている。しかしながら、近年、テロとの闘いにおいて、米国はパキスタンの一部(特に、部族地域)がタリバンなどの武装勢力の聖域になっていること、パキスタンがそうした武装勢力に対し十分な戦闘や対策を取っておらず、むしろ、パキスタンの一部(特に、軍統合情報局ISI)はいまだにタリバンなどを非公式に支援していると見られていることに不満を持ち、一方でパキスタンは、米国がパキスタン国内での無人機攻撃など主権侵害を継続していることに不満を持ち、両国関係は冷却化した。両国の不信感は根深いものがある。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た国家

    パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の80%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たシンド語

    中国とのビジネスが拡大していることから、パキスタン国内では中国語ブームが起きている。イスラマバード市内の私立高校では中国語を必修科目に導入し、パキスタン企業の間でも中国語研修を行う企業が増えている。パキスタン政府も中国との関係強化と中国企業にパキスタン人を雇用させるというの観点からこうした動きを後押しし、アースィフ・アリー・ザルダーリー大統領も出身地であるシンド州にある全ての小中学校で、2011年から2年以内に英語、ウルドゥー語、アラビア語、シンド語に次いで中国語も必修科目に義務づけると発表した。しかし、教育現場の混乱や生徒への負担、中国語を教える教師の数が不足していることなどを理由にシンド州教育省は中国語を必修では無く、選択科目として緩やかに導入していくことで計画を修正している。パキスタン フレッシュアイペディアより)

182件中 91 - 100件表示