182件中 81 - 90件表示
  • パキスタン

    パキスタンから見たムンバイ同時多発テロ

    一方でムシャラフ前政権は南アジア地域協力連合を通じた緊張緩和に努めており、2004年から和平協議がもたれている等、その成果は徐々に現れてきていた。2008年11月のインド西部ムンバイでの同時爆破テロによって和平協議は一時中断したが、2010年4月、両国首脳がブータンで会談し、外相会談を開催することで合意し、公式の対話を再開、維持することを決めた。6月には外務次官級協議と内相会談を実施している。7月15日には、インドのクリシュナ外相とパキスタンのクレシ外相会談が、パキスタンのイスラマバードで行われた。2011年2月、対話再開で合意している。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たグルジア軍

    独立以来、アメリカとの協力・同盟関係を維持しながら、カシミール問題で激しく争うインドに対抗するのがパキスタンの一貫した外交政策であったが、親米主義者であったムシャラフが辞任した2000年代後半以降軍事パートナーをアメリカからロシアと中華人民共和国に切り替えることを志向している(2008年のグルジア軍の南オセチア自治区への侵攻にロシアが介入した事を支持した国の一つでもあった)。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た親米

    パキスタンは独立以来、アメリカ合衆国の軍事支援を受け入れている。アメリカにとっては非同盟主義のインドと友好関係が深いソビエト連邦への対抗上、またイスラム革命を起こしてアメリカと激しく対立するイランの封じ込め策として、パキスタンは重要な支援対象国家である。パキスタン側もこの点は承知しており、クーデターなどで政権交代が起こっても親米路線は堅持されている。しかしながら、近年、テロとの闘いにおいて、米国はパキスタンの一部(特に、部族地域)がタリバンなどの武装勢力の聖域になっていること、パキスタンがそうした武装勢力に対し十分な戦闘や対策を取っておらず、むしろ、パキスタンの一部(特に、軍統合情報局ISI)はいまだにタリバンなどを非公式に支援していると見られていることに不満を持ち、一方でパキスタンは、米国がパキスタン国内での無人機攻撃など主権侵害を継続していることに不満を持ち、両国関係は冷却化した。両国の不信感は根深いものがある。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た新疆ウイグル自治区

    また、ギルギット・バルティスタン州と中国の新疆ウイグル自治区との間はカラコルム・ハイウェイで結ばれており、トラック輸送による国境貿易が行われている。中国とパキスタンの間では自由貿易協定が締結されており、パキスタンは安い中国製品を多く輸入し、多数の中国企業が進出している。逆にパキスタンの最大の輸出相手は中国である。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た準軍事組織

    陸軍、海軍、空軍のほか、沿岸警備隊、さらに国境警備、治安維持用の準軍事組織を有する。印パ戦争・カシミール紛争が繰り返されたことからインドと軍事的な対立関係にある。核兵器も保有している。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たスティンガーミサイル

    1978年4月28日、アフガニスタン共和国でが起こって社会主義体制に移行し、アフガニスタン民主共和国が誕生したことをきっかけとして、ムジャーヒディーン(イスラム義勇兵)が蜂起し、アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)が始まった。1979年2月にイラン革命が勃発し、11月にイランアメリカ大使館人質事件が起こると、ソ連はアフガニスタンやソ連国内へイスラム原理主義が飛び火することを恐れ、12月24日にアフガニスタンへ軍事侵攻を開始した。アメリカ中央情報局 (CIA)はパキスタン経由でムジャーヒディーンを支援した為、アフガニスタンへのパキスタンの影響力が大きくなるきっかけを与えた。アメリカがスティンガーミサイルを非公式にムジャーヒディーンへ供与したことは、ソ連の対ゲリラ戦を効果的に苦しめ、後にソ連を撤退に追い込んだ。その一方で、戦後には武器が大量に残され、ムジャーヒディーンからタリバーン政権が誕生し、さらにはアルカーイダが誕生した。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た英連邦王国

    1947年8月14日 イギリス領インド帝国から独立し、イギリス国王を元首に頂くドミニオン(英連邦王国パキスタン)となる。1947年 第一次印パ戦争(1947年10月21日 - 1948年12月31日)。1956年、共和制移行。第二次印パ戦争(1965年8月 - 9月23日)。第三次印パ戦争(1971年12月3日 - 12月16日)、東パキスタンがバングラデシュとして分離独立。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た首都

    パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の80%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たカシミール地方

    2005年10月8日、パキスタン北東部カシミール地方・インド国境付近を震源とするマグニチュード7.8の大地震(パキスタン地震)が発生し、死者9万人以上の大災害となった。カシミール地方を中心に被害が相次いだほか、首都イスラマバードでも高層アパートが崩壊した。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た特殊部隊

    2011年5月1日、首都イスラマバード郊外の住居でアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディンが米海軍特殊部隊SEALsに急襲された。ビンラディンは頭部を撃たれ死亡、遺体は米軍により確保されたとオバマ米大統領より発表された。パキスタン フレッシュアイペディアより)

182件中 81 - 90件表示