前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
407件中 1 - 10件表示
  • イタリア料理

    イタリア料理から見たパスタパスタ

    パスタはイタリア各地で好まれ様々な形で料理されている。トマトの多用も特徴の一つであるが、トマトはラテンアメリカ原産であり、イタリアに広まったのは16世紀以降である。それ以前の特徴としてはアンチョビの形で魚醤を多く用い、見た目も質素であった。トマトの流入でヴァリエーションも増え、色彩も鮮やかになったが、反面それ以前の特徴の多くが失われたとの指摘もある。イタリア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ディズニーシーのレストラン

    東京ディズニーシーのレストランから見たパスタパスタ

    カフェ・ポルトフィーノ(Cafe Portofino)は、主にロティサリーチキンやパスタ、ラザニアなどの地中海料理を扱う、バフェテリアサービスのレストラン。ビールやワインといったアルコール飲料も取り扱っている。東京ディズニーシーのレストラン フレッシュアイペディアより)

  • 都留風パスタ

    都留風パスタから見たパスタパスタ

    都留風パスタ(つるふうパスタ)は、山梨県都留市で販売されているご当地グルメのパスタ料理である。都留風パスタ フレッシュアイペディアより)

  • マカロニ・アンド・チーズ

    マカロニ・アンド・チーズから見たパスタパスタ

    パスタとチーズを使ったキャセロールは14世紀もの昔から料理本に載っており、その中でも『リベラ・デ・コクイーナ』(:en:Liber de Coquina)という、中世の料理本の中でも最も古いものの一つである本にも記載されている。これはパルメザンとパスタを使ったイタリア料理であった。しかしイングランドでは、このキャセロールがマケルーンズという名で、14世紀に執筆された有名なイングランドの料理本、『ザ・フォーム・オブ・クリー』(:en:The Forme of Cury)に記載されている。これは新鮮な手打ちパスタを、溶かしたバターとチーズで作った生地で挟んで作られていた。中世英語で記されたレシピには、「薄く箔状にしたパスタ生地を作り、切り分けなさい。それらを沸騰した湯に入れ、よく茹だてること。すりおろしたチーズをバターと一緒にし、ローシン(ラザニアのような料理)の底と表面にのせて出来上がりです。」と載っている。マカロニ・アンド・チーズ フレッシュアイペディアより)

  • ソマリ料理

    ソマリ料理から見たパスタパスタ

    食事パターンもイスラームの影響が強い。朝食はクラーア(Quraac)と呼ばれ、パンと紅茶の組み合わせが多く、朝の礼拝時刻を知らせるアザーンの前に採ることが多い。さまざまな穀物で作った粥も朝食に好まれる。昼食はカド(Qado)と呼ばれ、一日のうちで主要な食事であることが多い。昼食には米料理が多く、イタリアから伝わったパスタが食べられることも多い。ソマリ族は夕食を午後9時以降に食べることが多く、量は少ない。ラマダーン(日中の断食)月には季節によって午後11時頃となることもある。ラマダーン期間中に日没とともに摂る食事をソマリアではアフル(afur)と呼ぶ(イスラム世界では普通と呼ぶことが多い)。食事は女性が作ることが多く、パンや粥に用いる穀類の調整や製粉も主婦の仕事である。ソマリ料理 フレッシュアイペディアより)

  • アラビアータ

    アラビアータから見たパスタパスタ

    唐辛子を多めに入れたり、オイルに味つけしたりして、唐辛子の味を強くしたトマトソースを作り、それを茹でたパスタに絡めた料理である。好みでバジリコなどのハーブを添えることもある。ペンネで作ると「ペンネ・アラビアータ(Penne all'Arrabbiata)」、スパゲッティだと「スパゲッティ・アラビアータ(Spaghetti all'Arrabbiata)」になる。このソースはピザなどにも使われる。アラビアータ フレッシュアイペディアより)

  • ピエトロ (福岡県)

    ピエトロ (福岡県)から見たパスタパスタ

    現在では洋麺屋ピエトロのほか、カップ入りパスタを提供するファストフードブランドの他、通信販売事業も行っている。ピエトロ (福岡県) フレッシュアイペディアより)

  • アマトリーチェ

    アマトリーチェから見たパスタパスタ

    アペニン山脈中の盆地に所在する町で、風光明媚な観光地として知られ、夏には多くの避暑客でにぎわう。代表的なパスタソースの一つであるアマトリチャーナ()は、この町の名に由来する。2016年8月24日に発生したイタリア中部地震によって大きな被害を受けた。アマトリーチェ フレッシュアイペディアより)

  • パエリア

    パエリアから見たパスタパスタ

    パエジェーラと呼ばれる専用のパエリア鍋(両側に取っ手のある平底の浅くて丸いフライパン)で調理する米料理で、たっぷりの具を炒めて、米と水、黄色の着色料としてサフランを加えて炊き上げる。この際蓋をし、いわば具を蓋の代わりにして炊きあげるのが一般的である。パスタのアルデンテ同様、米に僅かに芯が残るように炊くものという人もいるらしいが、本場バレンシア地方では芯の残ったものは炊き方が悪いものとして嫌われる。またバレンシアでは汁気が残ったり、米が柔らかくなりすぎたものもうまく炊けていないものとされる。一方カタルーニャ地方などでは汁気を飛ばし過ぎないパエリアが一般的である。鍋の底にはソカラ(socarrat)と呼ばれるお焦げが出来るようにする。伝統的な調理法では、ある程度炊き上げてからパエリア鍋をオーブンに入れ加熱して水分を飛ばすが、屋外で薪を使って炊いたパエリアだけが真のパエリアだとする意見もある。いずれにしても「調理中は混ぜない」ことが重要である。パエリア フレッシュアイペディアより)

  • 麺

    から見たパスタパスタ

    世界各地には、様々な食材を原料とした多種多様な麺が存在している。さらに麺を調理した麺料理となると、そのバリエーションは数え切れないほどである。日本では中国を上回る普及ぶりを示したラーメン、旧来からのソバ、うどんをはじめ、近年はパスタ類も一般化しており、そうめん、冷麦なども併せ、世界でもトップクラスの麺類愛好国となっている。 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
407件中 1 - 10件表示

「パスタ」のニューストピックワード