311件中 11 - 20件表示
  • ナポリタン

    ナポリタンから見たパスタパスタ

    ナポリタンは、トマトケチャップで味付けした日本独自のパスタ料理である。ナポリタン フレッシュアイペディアより)

  • 麺

    から見たパスタパスタ

    世界各地には、様々な食材を原料とした多種多様な麺が存在している。さらに麺を調理した麺料理となると、そのバリエーションは数え切れないほどである。日本では中国を上回る普及ぶりを示したラーメン、旧来からのそば、うどんをはじめ、近年はパスタ類も一般化しており、そうめん、冷麦なども併せ、世界でもトップクラスの麺類愛好国となっている。 フレッシュアイペディアより)

  • パエリア

    パエリアから見たパスタパスタ

    パエジェーラと呼ばれる専用のパエリア鍋(両側に取っ手のある平底の浅くて丸いフライパン)で調理する米料理で、たっぷりの具を炒めて、米と水、黄色の着色料としてサフランを加えて炊き上げる。この際蓋はせずに、いわば具を蓋の代わりにして炊きあげるのが一般的である。パスタのアルデンテ同様、米に僅かに芯が残るように炊くものという人もいるらしいが、本場バレンシア地方では芯の残ったものは炊き方が悪いものとして嫌われる。また汁気が残ったり、米が柔らかくなりすぎたものもうまく炊けていないものとされる。鍋の底にはソカラ(socarrat)と呼ばれるおこげが出来るようにする。伝統的な調理法では、ある程度炊き上げてからパエリア鍋をオーブンに入れ加熱して水分を飛ばすが、屋外で薪を使って炊いたパエリアだけが真のパエリアだとする意見もある。パエリア フレッシュアイペディアより)

  • クスクス

    クスクスから見たパスタパスタ

    語源はマグリブ・アラブ語の「 ???? 」(kuskusu)であるが、これはベルベル語の「セクス」(seksu、「良く丸められたもの」という意味)が元になっている。米国では通常パスタの一種として認識されているが、日本を含め他の多くの国では米やコーン、豆などの穀粒と同じように扱われることが多い。クスクス フレッシュアイペディアより)

  • グヤーシュ

    グヤーシュから見たパスタパスタ

    はハンガリー起源のシチュー料理。牛肉とタマネギ、パプリカなどから作られる。パスタ類やサワークリームを加える場合もある。ドイツ語的にグラッシュなどといわれることもある。グヤーシュ フレッシュアイペディアより)

  • ミートソース

    ミートソースから見たパスタパスタ

    イタリア南部の簡単な調理法しかなかったパスタを、「肥満の街(La Grassa)」すなわち食の都である北部のボローニャの裕福層が、隣接するフランスのラグー(ragout 煮込み)をもとに肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作らせたのが起源といわれている。ミートソース フレッシュアイペディアより)

  • トマトピューレ

    トマトピューレから見たパスタパスタ

    パスタやピザなどイタリア料理を作る際には欠かせない食材の一つで、業務用の大容器に入った商品もあるが、イタリア家庭ではおふくろの味の構成要素ともなっている模様である。ピューレ自体はトマトの酸味と甘味が交じり合った風味であるが、調理中のスープに加えたり炒め物に加えて和えたり、調味料を加え味付けしてソースとしても使われる。トマトピューレ フレッシュアイペディアより)

  • アンナ

    アンナから見たパスタパスタ

    アンナマンマ - カゴメのパスタソースのブランド。アンナ フレッシュアイペディアより)

  • メドレー

    メドレーから見たパスタパスタ

    パスチッチョ (pasticcio)、パスチーシュ (pastiche)、パスチシュール (pasticheur) ともいう。これらはラテン語・イタリア語のパスタ (pasta) が語源で、小麦粉をこねる様にたとえたもの。メドレー フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷真菜

    熊谷真菜から見たパスタパスタ

    ちなみに、粉食(コナモン)とは、あらゆる食材(小麦、米など)を粉末(小麦粉、米粉など)にしたものを素材とする料理(たこ焼き、お好み焼き、もんじゃ焼き、うどんなどの麺類、すいとん、そば、まんじゅう、ビーフン、タコス、パン、パスタなど)の総称である。熊谷真菜 フレッシュアイペディアより)

311件中 11 - 20件表示

「パスタ」のニューストピックワード