407件中 71 - 80件表示
  • 分散系

    分散系から見たパスタパスタ

    パスタを茹でるときに食塩を加えて、表面のタンパク質を凝固させて、ツルツル感を与える。分散系 フレッシュアイペディアより)

  • CHiYO

    CHiYOから見たパスタパスタ

    好きな食べ物はトマトと麺類(パスタ、ラーメンなど)。嫌いな食べ物はニンジン。CHiYO フレッシュアイペディアより)

  • 主食 (料理)

    主食 (料理)から見たパスタパスタ

    イタリア : イタリアでは、小麦、米、肉、魚、野菜、トウモロコシを組み合わせて主食としている、第一皿の前菜、第二皿のグラタン・ラザニア・スパゲッティなどの小麦を使ったパスタ料理やリゾットなどの米料理またはスープの後で、肉料理や魚料理などを摂り、パンや野菜料理を食べるという食生活を送っている。北部の一部地方ではトウモロコシの粉で作ったポレンタを食べる地域もある。主食 (料理) フレッシュアイペディアより)

  • 和風きのこスパゲッティ

    和風きのこスパゲッティから見たパスタパスタ

    和風きのこスパゲッティ(わふうきのこスパゲッティ)とは、和風スパゲッティの一種。主にキノコをメインにした和風のソースで作られる、日本のパスタ料理。和風きのこスパゲッティ フレッシュアイペディアより)

  • カラブリア州

    カラブリア州から見たパスタパスタ

    カラブリア料理はトウガラシを使った料理が特徴的とされる。典型的な南イタリアの地中海料理であり、肉料理(豚肉、ラム肉、ヤギ肉)、野菜料理(特にナス)、魚料理が組み合わされている。パスタもまた重要な要素である。カラブリア州 フレッシュアイペディアより)

  • ピアーダ

    ピアーダから見たパスタパスタ

    ピアディーナ (Piadina) は、イタリア北部ロマーニャ地方の料理である。大きい物はピアーダ (Piada) と呼ぶ。小麦粉、水、塩、ラードやオリーブオイルを混ぜた物を円形に薄く伸ばして鉄板などで焼いて作る。パンやナンと違い酵母は入れない。生パスタに近い。二つ折りにしてチーズやハム、野菜などを挟んで食べるのが一般的。ピアーダ フレッシュアイペディアより)

  • 主食

    主食から見たパスタパスタ

    イネ科の穀類には10,000種以上があるが、広く耕作されている種はその一部である。世界的に重要な作物としては米、小麦、大麦、トウモロコシがある。途上地域においては、モロコシ(別名:ソルガム・コーリャン)や雑穀類(アワ・キビ・ヒエ・シコクビエ・トウジンビエ等)も重要な栄養源である。ヨーロッパのうち小麦の生育に適さない寒冷で土壌の痩せた地域では、伝統的にライムギやエンバク(オートミール)が利用されてきた。テフはエチオピアの伝統的な主食作物である。イネ科以外の作物についても穀類に含めることがあり(「擬似穀類」)、ソバ、アンデス地域のキヌア・アマランサス等が該当する。穀類は生食に適さず、そのまま加熱して粒食(米飯等)するほか、製粉して麺(パスタ等)や発酵パン等に加工して食される。主食 フレッシュアイペディアより)

  • ソエジマ隊員

    ソエジマ隊員から見たパスタパスタ

    『月刊カワスポ』へ移行後の2014年5月には、「お役にたちタイガース!」において、阪神の本拠地・阪神甲子園球場内野スタンド2階で営業中のショートパスタ専門店とのコラボレーションメニューとして「トビコと温玉の冷製ジェノベーゼパスタ」を考案。同月10日の巨人戦からプロ野球セ・パ交流戦終了までの期間限定メニューとして、阪神の主催試合開催日に1皿600円(消費税相当額を含む価格)で販売されている。ソエジマ隊員 フレッシュアイペディアより)

  • キャセロール

    キャセロールから見たパスタパスタ

    料理用語のen casseroleのもともとの意味は「鍋で」または「鍋入りの」であり、料理の給仕方法を指す場合に「調理に使用した鍋のまま」というニュアンスが付加される。また、北米の、刻んだ野菜や肉、パスタ、米、チーズなどをキャンベル・スープ・カンパニー社の濃縮スープなどと混ぜ合わせ、耐熱容器に入れてオーブンで焼いた家庭料理の総称である。野菜のみのものもある。北米でキャセロールに人気が出た理由として、20世紀初頭に安価な耐熱容器が国内で大量生産されるようになったこと、第一次世界大戦中に食料が一部配給制になって節約が奨励され、キャセロール料理で冷蔵庫整理や比較的高価な肉などを節約できたこと、また、1916年にキャンベル社が『Helps for the Hostess(奥様への助け)』という小冊子でクリームソースなどを手作りする代わりに自社のスープの缶詰を使うことを提案したことが挙げられる。実際、キャンベル社のクリームスープを使ったキャセロールはホワイトソースのグラタンとやや似ていなくもない。1929年に始まった世界恐慌も、キャセロール人気に拍車をかけた。北米では今日も気取りのない家庭の味として親しまれており、一品持ち寄りパーティー(ポットラック、potluck)にも人気がある。なお、ミネソタ州ではホットディッシュ(hotdish)と呼ばれる。この料理に使われる鍋はキャセロール・ディッシュ、あるいは単にキャセロールと呼ばれ、ぴったりとした蓋をもち、オーブンや暖炉を用いて調理する。キャセロール フレッシュアイペディアより)

  • the SOUL of SEVENS

    the SOUL of SEVENSから見たパスタパスタ

    好きな物・事はイルカのぬいぐるみ、パスタ、ラザニア。苦手な物・事は鈍くさい奴、要領の悪い奴、暗い奴。the SOUL of SEVENS フレッシュアイペディアより)

407件中 71 - 80件表示

「パスタ」のニューストピックワード