190件中 91 - 100件表示
  • パスタ

    パスタから見たクスクス

    クスクス Couscous/ - デュラムセモリナ粉に水をふりかけて粟粒大に丸めたもの。米国以外では、パスタとして扱わない。起源は北アフリカで、ベルベル人の伝統料理とされ、モロッコ料理などで用いられる。イタリアではシチリア、サルデーニャ、リヴォルノで作られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たレンズ豆

    カンパーニア地方では、豆(いんげん豆、レンズ豆、ひよこ豆、グリーンピース)、じゃがいも、かぼちゃなどをパスタと煮たスープがよく作られる。 スープに入れたパスタは柔らかくなるまで煮込むのが普通で、アルデンテの状態で食べることはまずない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たリヴォルノ

    クスクス Couscous/ - デュラムセモリナ粉に水をふりかけて粟粒大に丸めたもの。米国以外では、パスタとして扱わない。起源は北アフリカで、ベルベル人の伝統料理とされ、モロッコ料理などで用いられる。イタリアではシチリア、サルデーニャ、リヴォルノで作られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たカルボナーラ

    カルボナーラ - 炭焼き風。卵黄、コショウを用いたソースと、油を出すように炒めたグアンチャーレまたはパンチェッタを使う。北イタリアでは生クリームは使われないことが多い。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たペコリーノ・ロマーノ

    アマトリチャーナ - アマトリーチェ風。トマトソースに、玉葱、パンチェッタ。仕上げにペコリーノ・ロマーノパスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たたらこ

    イタリア料理を代表する料理と考えられ、特にスパゲッティは代表的なパスタとして知られる。本来のイタリア料理としてだけでなく、ナポリタンやイタリアン、梅しそ、たらこ、納豆、刻み海苔など、日本独自の味付けによるスパゲッティ料理も数多く存在し、スパゲッティ屋、パスタハウスと呼ばれるレストランもある。肉料理や弁当などにスパゲッティやマカロニサラダが付け合わせとして添えられることも珍しくない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た蕎麦粉

    ロンバルディア州ヴァルテッリーナにはそば粉を使用したピッツォッケリと呼ばれるパスタが存在する。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た北アフリカ

    クスクス Couscous/ - デュラムセモリナ粉に水をふりかけて粟粒大に丸めたもの。米国以外では、パスタとして扱わない。起源は北アフリカで、ベルベル人の伝統料理とされ、モロッコ料理などで用いられる。イタリアではシチリア、サルデーニャ、リヴォルノで作られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たペン

    ペンネ Penne - ペン先のように斜めに切られた筒状のパスタ。表面に波状の筋が入ったものはペンネ・リガーテ Penne rigateとなる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たトスカーナ州

    パスタを使ったミネストラはイタリアの他の地域にも存在する。いんげん豆とパスタのミネストラ(パスタ・エ・ファジョーリ、pasta e fagioli )はその最も一般的なものである。また、トスカーナ州ルッカ県では折ったラザーニェ、じゃがいも、トマトを煮込んだミネストラが作られている。パスタ フレッシュアイペディアより)

190件中 91 - 100件表示

「パスタ」のニューストピックワード