189件中 11 - 20件表示
  • パスタ

    パスタから見た鶏卵

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。主な原料は小麦粉(特にデュラム小麦)で、他に水、塩、鶏卵などが用いられる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た米粉

    その他、米粉を原料としたパスタも作られている。小麦が入ったパスタを食べることができないセリアック病の人が食べられる数少ないパスタである。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たショッピングセンター

    アメリカ合衆国とイギリスではマカロニ・アンド・チーズがよく食べられており、食堂やスーパーマーケットの惣菜コーナーで提供されているほか、様々なインスタント食品としても売られている。また、アメリカのスパゲッティ・ウィズ・ミートボールも世界的に有名である。アングロアメリカでは茹でたショートパスタと生野菜をサラダドレッシングで和えたパスタサラダも人気がある。パスタ料理を専門としたレストランチェーンもあり、ショッピングモールやレストエリアのフードコートでもよく見られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た魚介類

    ペスカトーレ - 漁師風。魚介類のパスタ。トマト風味であることが多いが、白ワイン風味のものもある。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た弁当

    本来のイタリア料理としてだけでなく、イタリアン、梅しそやたらこ、納豆や刻み海苔など、日本独自の味付けによるスパゲッティ料理も数多く存在し、スパゲッティ屋やパスタハウスと呼ばれるレストランもある。肉料理や弁当などにスパゲッティやマカロニサラダが付け合わせとして添えられることも珍しくない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た麻婆豆腐

    台湾では日系企業の進出により1990年代に日本と同様のパスタ文化が生れ共有されている。前述の日本風パスタのすべての種類は、今の台湾で普通に食べることができる。さらに2000年代から台湾独自で生まれた中華風味のパスタ(麻婆豆腐味・滷肉飯味・小籠包味・チャーシュー味・青椒肉絲味など)に人気が出て、夜市・商店街・地下街など台湾B級グルメとともに味わうことができるようになったパスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たデザート

    イタリア料理の正餐(antipasto「前菜」、primo piatto「第一の皿」、secondo piatto「第二の皿」、dolce「デザート」、コーヒーまたはグラッパを順番に食す)では、主菜である secondo piatto の肉料理や魚料理の前に「プリモ・ピアット」(「第一の皿」、primo piatto)として供する。日本人の視点から見ると「パスタは前菜なのでパスタだけを注文することはできない」と言われることがあるが、イタリア人にとってもイタリアのフルコースは量が多すぎるため、正餐のうちの一部の料理、secondo piatto とパンで食事を済ませることは一般的である。したがって、パスタだけを注文することもよほど高級なレストランでない限り問題ない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たピザ

    やや広義の用法として、菓子類も含め、小麦粉を使ったいわゆる粉物の生地全般を指す。各種のパン、ピザ、フォカッチャ、各種ケーキ類やマルチパンなど、さまざまな生地を含む。俗ラテン語の原義に最も近い用法。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たニンニク

    アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ - ニンニク、オリーブ・オイル、唐辛子を使った最も基本的な料理法。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たタマネギ

    アマトリチャーナ - アマトリーチェ風。トマトソースに玉葱、パンチェッタ。仕上げにペコリーノ・ロマーノ。パスタ フレッシュアイペディアより)

189件中 11 - 20件表示

「パスタ」のニューストピックワード