190件中 21 - 30件表示
  • パスタ

    パスタから見たきしめん

    ピッツォッケリ Pizzoccheri - 蕎麦を主体とした練り粉を薄く伸ばし、きしめん状に切り分けた手打ちパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た前菜

    イタリア料理の正餐(antipasto「前菜」、primo piatto「第一の皿」、secondo piatto「第二の皿」、dolce「デザート」、コーヒーorグラッパを順番に食べる)では、主菜であるsecondo piattoの肉料理や魚料理の前に「プリモ・ピアット」(「第一の皿」、primo piatto )として供する。日本では「パスタは「前菜」なのでパスタだけを注文することはできない」と言われることがあるが、イタリア人にとってもイタリアのフルコースは量が多すぎるため、正餐のうちの一部の料理、secondo piattoとパンで食事を済ませることは一般的である。したがってパスタだけを注文することもよほど高級なレストランでない限り問題ない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た

    カルツォニッキ Calzonicchi - 炒めたと卵のペーストを詰め、三角形にかたどったローマ地方のパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たローマ法王庁

    ジュゼッペコッコ(ローマ法王庁御用達でイタリア本国において最高級のパスタ、片岡物産のオンラインショップか成城石井各店舗で入手可能)パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た

    パスタの主な原料は小麦粉で、他に、塩、鶏卵などが用いられる。のセモリナ(粗挽き粉)を使ったものが最も良いとされる。デュラム小麦はガラス質と呼ばれる半透明の硬い胚乳が特徴で、パンやうどんなどに適した小麦とは性質が異なっている。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たウメ

    また、日本ではたらこ、納豆、、きのこなどを使った和風のソースも数多くあり、軽食として供されてきたナポリタンもまた日本独特のものである。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た素麺

    カペッリーニ Capellini - 最も細いスパゲッティでカペッリーニ・ダンジェロ(Capellini d'Angelo、「天使の髪の毛」)の別名がある。スープや冷製に用いる。素麺やひやむぎの如く細いために非常に火が通りやすく、オイルパスタの要領で炒めると千切れベトベトになり著しく食感・風味を損ねる場合があるので注意が必要である。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たシチリア

    クスクス Couscous/ - デュラムセモリナ粉に水をふりかけて粟粒大に丸めたもの。米国以外では、パスタとして扱わない。起源は北アフリカで、ベルベル人の伝統料理とされ、モロッコ料理などで用いられる。イタリアではシチリア、サルデーニャ、リヴォルノで作られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たスーパーマーケット

    アメリカ合衆国とイギリスでは「マカロニ・アンド・チーズ」がよく食べられており、食堂やスーパーマーケットの惣菜コーナーで提供されている他、様々なインスタント食品としても売られている。アングロアメリカでは茹でたショートパスタと生野菜をサラダドレッシングで和えた「パスタサラダ」も人気がある。パスタ料理を専門としたレストランチェーンもあり、ショッピングモールやレストエリアのフードコートでもよく見られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たひやむぎ

    カペッリーニ Capellini - 最も細いスパゲッティでカペッリーニ・ダンジェロ(Capellini d'Angelo、「天使の髪の毛」)の別名がある。スープや冷製に用いる。素麺やひやむぎの如く細いために非常に火が通りやすく、オイルパスタの要領で炒めると千切れベトベトになり著しく食感・風味を損ねる場合があるので注意が必要である。パスタ フレッシュアイペディアより)

190件中 21 - 30件表示

「パスタ」のニューストピックワード