189件中 21 - 30件表示
  • パスタ

    パスタから見たフリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)

    その後パスタは、肉、ミルクなどと共に茹でられて食べられていた。1000年頃からチーズと共に食べられ、13世紀の神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世が砂糖をかけて食したのを始め、金持ちはシナモンなどの香辛料をかけていた。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た

    炒めたと卵のペーストを詰め、三角形にかたどったローマ地方のパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たコーヒー

    イタリア料理の正餐(antipasto「前菜」、primo piatto「第一の皿」、secondo piatto「第二の皿」、dolce「デザート」、コーヒーまたはグラッパを順番に食す)では、主菜である secondo piatto の肉料理や魚料理の前に「プリモ・ピアット」(「第一の皿」、primo piatto)として供する。日本人の視点から見ると「パスタは前菜なのでパスタだけを注文することはできない」と言われることがあるが、イタリア人にとってもイタリアのフルコースは量が多すぎるため、正餐のうちの一部の料理、secondo piatto とパンで食事を済ませることは一般的である。したがって、パスタだけを注文することもよほど高級なレストランでない限り問題ない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たワイン

    ペスカトーレ - 漁師風。魚介類のパスタ。トマト風味であることが多いが、白ワイン風味のものもある。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たシチリア

    デュラム小麦のセモリナに水をふりかけ、粟粒大に丸めたもの。アメリカ以外ではパスタとして扱わない。起源は北アフリカで、ベルベル人の伝統料理とされ、モロッコ料理などで用いられる。イタリアではシチリア、サルデーニャ、リヴォルノで作られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たアサリ

    ヴォンゴレ - アサリの入ったもの。白ワインベースのヴォンゴレ・ビアンコが一般的だが、トマトソースをベースにしたヴォンゴレ・ロッソもある。ペスカトーレ、マリナータに近いが、貝以外の魚介類は入らない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たサラダドレッシング

    アメリカ合衆国とイギリスではマカロニ・アンド・チーズがよく食べられており、食堂やスーパーマーケットの惣菜コーナーで提供されているほか、様々なインスタント食品としても売られている。また、アメリカのスパゲッティ・ウィズ・ミートボールも世界的に有名である。アングロアメリカでは茹でたショートパスタと生野菜をサラダドレッシングで和えたパスタサラダも人気がある。パスタ料理を専門としたレストランチェーンもあり、ショッピングモールやレストエリアのフードコートでもよく見られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たフェルディナンド1世 (両シチリア王)

    18世紀初めまでは、スパゲッティは民衆の食べもので、チーズだけをかけて手でつかみ、頭上にかざして下から食べるものであった。1770年代、庶民の風俗を深く愛したナポリ国王フェルディナンド2世が宮廷で毎日スパゲッティを供することを命じ、この時にスパゲッティを品良く食べるため、からみやすいように先が4本のフォークが考案されたと言われる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たケーキ

    やや広義の用法として、菓子類も含め、小麦粉を使ったいわゆる粉物の生地全般を指す。各種のパン、ピザ、フォカッチャ、各種ケーキ類やマルチパンなど、さまざまな生地を含む。俗ラテン語の原義に最も近い用法。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た菓子

    やや広義の用法として、菓子類も含め、小麦粉を使ったいわゆる粉物の生地全般を指す。各種のパン、ピザ、フォカッチャ、各種ケーキ類やマルチパンなど、さまざまな生地を含む。俗ラテン語の原義に最も近い用法。パスタ フレッシュアイペディアより)

189件中 21 - 30件表示

「パスタ」のニューストピックワード