190件中 41 - 50件表示
  • パスタ

    パスタから見た

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た日本

    日本においては「麺」が細長い物を示すのと同様に細長い物を「スパゲッティ」、細長くない物を「マカロニ」と呼び分けており、それら「小麦粉のイタリア風の練り物」の事をパスタと総称する(イタリア語のパスタとの差異は後述する)。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たパン

    やや広義の用法として、菓子類も含め、小麦粉を使ったいわゆる粉物の生地全般を指す。 各種のパン、ピザ、フォカッチャ、各種ケーキ類やマルチパンなど、さまざまな生地を含む。 俗ラテン語の原義に最も近い用法。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たマカロニ

    日本においては「麺」が細長い物を示すのと同様に細長い物を「スパゲッティ」、細長くない物を「マカロニ」と呼び分けており、それら「小麦粉のイタリア風の練り物」の事をパスタと総称する(イタリア語のパスタとの差異は後述する)。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た肉料理

    イタリア料理の正餐(antipasto「前菜」、primo piatto「第一の皿」、secondo piatto「第二の皿」、dolce「デザート」、コーヒーorグラッパを順番に食べる)では、主菜であるsecondo piattoの肉料理や魚料理の前に「プリモ・ピアット」(「第一の皿」、primo piatto )として供する。日本では「パスタは「前菜」なのでパスタだけを注文することはできない」と言われることがあるが、イタリア人にとってもイタリアのフルコースは量が多すぎるため、正餐のうちの一部の料理、secondo piattoとパンで食事を済ませることは一般的である。したがってパスタだけを注文することもよほど高級なレストランでない限り問題ない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たアメリカ合衆国

    アメリカ合衆国とイギリスでは「マカロニ・アンド・チーズ」がよく食べられており、食堂やスーパーマーケットの惣菜コーナーで提供されている他、様々なインスタント食品としても売られている。アングロアメリカでは茹でたショートパスタと生野菜をサラダドレッシングで和えた「パスタサラダ」も人気がある。パスタ料理を専門としたレストランチェーンもあり、ショッピングモールやレストエリアのフードコートでもよく見られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たリコッタ

    ニョッキ Gnocchi - 潰したジャガイモ、法蓮草、リコッタチーズ、南瓜などを混ぜて作られるダンプリング(団子)状のパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たキノコ

    ボスカイオラ - きこり風。キノコなど山の幸のパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たチーズ

    Passatelli - パン粉とチーズ、ナツメグを混ぜ合わせて生地にし、専用の押し出す道具で太い短めのスパゲッティ状に成形したもの。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たソース (調味料)

    スープパスタ(パスタ・イン・ブロード、)が最も一般的なパスタの献立であった時代に、パスタをスープに入れる代わりにソースをかけて食べる食べ方を明示的に「パスタ・アシュッタ」(、乾いたパスタ)と呼んで区別した名残りなのだという。パスタ フレッシュアイペディアより)

190件中 41 - 50件表示

「パスタ」のニューストピックワード