189件中 51 - 60件表示
  • パスタ

    パスタから見た食肉

    その後パスタは、、ミルクなどと共に茹でられて食べられていた。1000年頃からチーズと共に食べられ、13世紀の神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世が砂糖をかけて食したのを始め、金持ちはシナモンなどの香辛料をかけていた。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たジャガイモ

    潰したジャガイモ、ホウレンソウ、リコッタチーズ、カボチャなどを混ぜて作られるダンプリング(団子)状のパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た唐辛子

    風味もしくは彩りを持たせるために、生地にイカ墨、唐辛子、ホウレンソウ、トマトなどを練り込む場合もある。生パスタには鶏卵が入ることが多い。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たマカロニ

    パスタは大きく分けると2種類に分類でき、スパゲッティに代表される麺状のロングパスタと、マカロニに代表される小型のショートパスタがある。他に団子状や板状のものもある。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たスパゲッティ

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。主な原料は小麦粉(特にデュラム小麦)で、他に水、塩、鶏卵などが用いられる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たイタリア

    イタリアには地方独特のものも含め650種類ものパスタがあると言われており、毎年のように新しい種類が発表されている。乾燥パスタが多く市販されているが、家庭で生パスタを手打ちすることも出来る。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。主な原料は小麦粉(特にデュラム小麦)で、他に水、塩、鶏卵などが用いられる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た日本

    日本では、幕末に外国人居留地で食べられ始め、1883年頃にフランス人のマルク・マリー・ド・ロ神父が長崎市で製造したのが始まりである。1955年、日本マカロニ(マ・マカローニ)の設立、オーマイブランド(日本製粉)の発売により、日本での本格生産が始まった。これを後押しし、日本のパスタ普及に貢献したのがスパゲッティ・ナポリタンの流行である。1970年代にはファミリーレストランのメニューとしても登場し、1980年代にはイタリア人やイタリアで修業をしてきた日本人により本格的なイタリアンレストランが開業され、1990年代には「イタめし」の流行が起きた。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たキノコ

    ボスカイオラ - きこり風。キノコなど山の幸のパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たチーズ

    その後パスタは、肉、ミルクなどと共に茹でられて食べられていた。1000年頃からチーズと共に食べられ、13世紀の神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世が砂糖をかけて食したのを始め、金持ちはシナモンなどの香辛料をかけていた。パスタ フレッシュアイペディアより)

189件中 51 - 60件表示

「パスタ」のニューストピックワード