190件中 51 - 60件表示
  • パスタ

    パスタから見たプッタネスカ

    プッタネスカ - 娼婦風。トマトに、オリーブとアンチョビとケッパーのパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たペンネ

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た小麦粉

    イタリア料理の主食の一つである、小麦粉などを主体とした練り物(生パスタ)、およびそれを乾燥した製品(乾燥パスタ)を指す。 より厳密には、パスタ・アリメンターレ(; 「食用の pasta 」の意)と呼ぶこともある。 日本語の「麺」に近い用法だが、細長い形状にこだわらない点が異なる。 うどん、ラーメンも、イタリア語話者から見れば「日本の pasta 」ということになる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たジェノヴァ

    現在と同じような食べ方をしている事を記録している最古の書物は1224年8月2日付けの、ジェノヴァの公正証書(ベルガモの医師ルッジェーノが患者の羊毛商人ボッソにあてた文章)である。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たラザニア

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たサルデーニャ

    クスクス Couscous/ - デュラムセモリナ粉に水をふりかけて粟粒大に丸めたもの。米国以外では、パスタとして扱わない。起源は北アフリカで、ベルベル人の伝統料理とされ、モロッコ料理などで用いられる。イタリアではシチリア、サルデーニャ、リヴォルノで作られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たペースト

    イタリア語 はいくつかの異なる意味をもっている。いずれも、英語 paste (ペースト)、フランス語 pâté (パテ)や、英語 pastry(ペーストリー)、フランス語 pâtisserie(パティスリー)、イタリア語 pasticceria(パスティッチェリーア)などと同じ語源をもち、俗ラテン語の (生地、練りもの)に由来するものである。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たアンチョビ

    派生義として、食品以外のものも含め、ペースト状の製品や物質全般を指す用法がある。 日用品の例として パスタ・ダッチューゲ(pasta d'acciughe、アンチョビペースト)、 パスタ・デンティフリーチャ(pasta dentifricia、練り歯磨き)など。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たナポリタン

    イタリア料理を代表する料理と考えられ、特にスパゲッティは代表的なパスタとして知られる。本来のイタリア料理としてだけでなく、ナポリタンやイタリアン、梅しそ、たらこ、納豆、刻み海苔など、日本独自の味付けによるスパゲッティ料理も数多く存在し、スパゲッティ屋、パスタハウスと呼ばれるレストランもある。肉料理や弁当などにスパゲッティやマカロニサラダが付け合わせとして添えられることも珍しくない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たピッツォッケリ

    ロンバルディア州ヴァルテッリーナにはそば粉を使用したピッツォッケリと呼ばれるパスタが存在する。パスタ フレッシュアイペディアより)

190件中 51 - 60件表示

「パスタ」のニューストピックワード