189件中 71 - 80件表示
  • パスタ

    パスタから見たチェルヴェーテリ

    イタリア半島におけるパスタの歴史は大変古い。チェルヴェーテリにある紀元前4世紀のエトルリア人の遺跡からは現在のものとほぼ同じ形態のパスタを作る道具が出土している。古代ローマ時代にはラガーナ (lagana) というパスタがあったが、現在のように茹でて食べるものではなく、焼いたり揚げたりして食べた。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たエトルリア人

    イタリア半島におけるパスタの歴史は大変古い。チェルヴェーテリにある紀元前4世紀のエトルリア人の遺跡からは現在のものとほぼ同じ形態のパスタを作る道具が出土している。古代ローマ時代にはラガーナ (lagana) というパスタがあったが、現在のように茹でて食べるものではなく、焼いたり揚げたりして食べた。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たジェノヴェーゼ

    ジェノヴェーゼ - ジェノヴァ風。普通は生のバジリコと松の実を主材料とするソース(ジェノヴァソース)を使ったパスタ。ナポリでは肉、玉葱、ニンジン、セロリで作ったソースをからめたパスタのこと。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たシソ

    本来のイタリア料理としてだけでなく、イタリアン、梅しそやたらこ、納豆や刻み海苔など、日本独自の味付けによるスパゲッティ料理も数多く存在し、スパゲッティ屋やパスタハウスと呼ばれるレストランもある。肉料理や弁当などにスパゲッティやマカロニサラダが付け合わせとして添えられることも珍しくない。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たヒヨコマメ

    カンパーニア地方では、豆(いんげん豆、レンズ豆、ひよこ豆、グリーンピース)、じゃがいも、かぼちゃなどをパスタと煮たスープがよく作られる。スープに入れたパスタは柔らかくなるまで煮込むのが普通で、アルデンテの状態で食べることはまずない。スープに入れるパスタの形状は管状のパスタ、幅広のパスタ、パスタ・ミスタ、折ったヴァーミチェリまたはカペッリーニなど様々である。具によって好まれるパスタの種類が異なり、例えば豆の入ったスープでは、豆が中に入るような管状のパスタが特に好まれるが、スープに入れるパスタの種類は地域によっても異なる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た俗ラテン語

    イタリア語 はいくつかの異なる意味を持っている。いずれも(ペースト)、(パテ)や、英語 (ペイストリー)、フランス語 (パティスリー)、イタリア語 パスティッチェリーア(パスティッチェリーア)などと同じ語源をもち、俗ラテン語の (パスタ。生地、練りもの)に由来するものである。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たパルミジャーノ・レッジャーノ

    アルフレード - クリーム、バター、パルミジャーノ・レッジャーノから成るソース。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たロマーニャ

    ロマーニャ地方産の手打ちマカロニ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たアングロアメリカ

    アメリカ合衆国とイギリスではマカロニ・アンド・チーズがよく食べられており、食堂やスーパーマーケットの惣菜コーナーで提供されているほか、様々なインスタント食品としても売られている。また、アメリカのスパゲッティ・ウィズ・ミートボールも世界的に有名である。アングロアメリカでは茹でたショートパスタと生野菜をサラダドレッシングで和えたパスタサラダも人気がある。パスタ料理を専門としたレストランチェーンもあり、ショッピングモールやレストエリアのフードコートでもよく見られる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たピエモンテ語

    卵入りの練り粉を伸ばし、幅1 - 2mmに細長く切り分けた蕎麦状のパスタ。ピエモンテ州で人気のパスタで、同州ではピエモンテ語のタヤリン (tajarin) として知られる。タヤリンは一般的なタリオリーニよりほんの少し細めの場合が多い。パスタ フレッシュアイペディアより)

189件中 71 - 80件表示

「パスタ」のニューストピックワード