前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3197件中 1 - 10件表示
  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    一般に個々の製品の寿命は数年?十数年程度だが、特にコンピュータ・アーキテクチャの寿命は後継の拡張を含めると数十年に及ぶ場合があり、関連するハードウェア・ソフトウェア全般にも長年の影響を与えるため重要である(例:メインフレームのSystem/360系(1964年?現在)、パーソナルコンピュータのx86系(1978年?現在)など)。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

  • 電卓

    電卓から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    名前のとおり机の上で使うのに適した大きさの小型計算機である。カード型のものが現れたり、また「電卓」という名前のソフトウェアがパソコンや携帯電話に搭載されるなどしたりして、現在では必ずしも「卓上」ではなくなっている。消費税の導入後には税込みの計算をする機能なども付加されるようになった。普段は慣用的に「電卓」と呼ばれる。電卓 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロコンピュータ

    マイクロコンピュータから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    マイクロコンピュータ(英語:microcomputer)、略してマイコンはCPUとしてマイクロプロセッサを使用したコンピュータである。マイクロコンピュータは当時のメインフレームやミニコンピュータと比較して物理的に小さかった。入出力のためのキーボードとスクリーンを装備した多くのマイクロコンピュータは、現代の一般的な感覚におけるパーソナルコンピュータに近い。マイクロコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    コンピュータ産業の黎明期から携わり、現在でもコンピュータ関連企業の大手である。特に1970年代から1980年代は「巨人」とも呼ばれた。メインフレーム市場は世界的にIBMがほぼ独占状態である。また現在主流のパーソナルコンピュータは、IBM PCがベースとなったPC/AT互換機である。商用初の高級言語、オペレーティングシステム、ハードディスク、フロッピーディスク、RISCプロセッサ、RDBとSQL言語、TCP/IP以前にネットワークの標準規格であったOSIのモデルになったSNA、などはIBMが開発した。IBM フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ・情報関連企業設立の年表

    コンピュータ・情報関連企業設立の年表から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    コンピュータ・情報関連企業設立の年表 (コンピュータ・じょうほうかんれんきぎょうせつりつのねんぴょう)とは、コンピュータ分野、パソコン分野、関連ソフトウェア分野、インターネット分野(広義のIT分野)の主要企業の設立年に関する年表である。コンピュータ・情報関連企業設立の年表 フレッシュアイペディアより)

  • AIR-EDGE

    AIR-EDGEから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    エアーエッジが利用できる端末には、PCカードやCFカードなどの形状をしたデータ通信専用の端末と、音声通話用の端末でエアーエッジに対応したものがある。前者には、PC・PDAによる音声通話可能なものもある。後者は、当初の機種は専用ケーブルでPC等と接続した場合にしかエアーエッジは利用できなかったが、2003年4月に端末でのメールやネット閲覧による通信もエアーエッジで行うようにした「AIR-EDGE PHONE(エアーエッジフォン)」が登場した。また、エアーエッジをモジュールとしてPCなどに内蔵した「AIR-EDGE IN(エアーエッジイン)」というものも存在するほか、法人向けのテレメトリングにも用いられている。AIR-EDGE フレッシュアイペディアより)

  • MS-DOS

    MS-DOSから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    MS-DOS(エムエス-ディーオーエス、えむえすどす)とは、マイクロソフトが開発・販売していたパーソナルコンピュータ向けの16ビットのオペレーティングシステム(OS)である。IBMのPC DOS (IBM DOS)のOEM供給版として誕生したもので、バージョン6以降はPC DOSから完全に独立して開発された。MS-DOS フレッシュアイペディアより)

  • DOS/V

    DOS/Vから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    DOS/V(ドスブイ)は、1990年に日本アイ・ビー・エムが発表したパーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステム。PC/AT互換機上で稼働し、専用のハードウェアを必要とせずに、ソフトウェアだけで日本語表示を可能にした。1991年にはマイクロソフトの日本法人なども発表し、日本でPC/AT互換機が一般に普及する切っ掛けとなった。転じて、日本語ではPC/AT互換機のことを指して「DOS/V」と呼ぶこともある。DOS/V フレッシュアイペディアより)

  • ラオックス

    ラオックスから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    1970年代後半から1980年代前半にかけてはオーディオ機器、1980年代後半からはパソコン関連の販売に注力し、業績を伸ばしていった。最盛期には関東近郊を始め、東北地方、信越地方にも地場量販店との業務提携や子会社化を通じて店舗網を拡大。2000年代初頭には2000億円以上を売り上げ、大手家電量販のひとつに数えられていた。ラオックス フレッシュアイペディアより)

  • アダルトゲーム

    アダルトゲームから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    今日のアダルトゲームのほとんどは、Windows XP/Vista/7/8上のDirectXをプラットフォームとしたパーソナルコンピュータ(PC、以下パソコン)向けのソフトウェア、すなわちパソコンゲームとして発売されている。2011年前後からは、Androidを搭載したスマートフォンやタブレット端末などの携帯情報端末をプラットフォームとした製品も増えてきている。アダルトゲーム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3197件中 1 - 10件表示

「パソコン」のニューストピックワード