前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3789件中 1 - 10件表示
  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    一般に個々の製品の寿命は数年〜十数年程度だが、特にコンピュータ・アーキテクチャの寿命は後継の拡張を含めると数十年に及ぶ場合があり、関連するハードウェア・ソフトウェア全般にも長年の影響を与えるため重要である(例:メインフレームのSystem/360系(1964年〜現在)、パーソナルコンピュータのx86系(1978年〜現在)など)。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

  • コール オブ デューティシリーズ

    コール オブ デューティシリーズから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    『CoD3』までのシリーズ7作品で累計2,000万本の売り上げを記録。『CoD4』は全世界でPC版の数百万本を含む1,000万本以上を出荷し、2007年で最も出荷されたゲームとなった。また、『CoD:MW3』は発売初日で400万ドル以上の売り上げを達成した。コール オブ デューティシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 電卓

    電卓から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    名前のとおり机の上で使うのに適した大きさの小型計算機である。カード型のものが現れたり、また「電卓」という名前のソフトウェアがパソコンや携帯電話に搭載されるなどしたりして、現在では必ずしも卓上ではなくなっている。消費税の導入後には消費税の計算を簡単にワンタッチでできる機能なども付加されるようになった。電卓 フレッシュアイペディアより)

  • バトルフィールド (コンピューターゲーム)

    バトルフィールド (コンピューターゲーム)から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    PC用日本語版が2002年9月13日に発売。略称『BF1942』。バトルフィールドシリーズ第1作目であり、DICEの開発デビュー作。ゲームエンジンはRefractor 2。第二次世界大戦を舞台とする同作では東部戦線・西部戦線・北アフリカ戦線・太平洋戦線の4つの戦線を模したキャンペーンでプレイが可能。プレイヤーは歩兵のみならず、戦車や戦闘機、戦艦など多種多様な兵器を使用することができる。2002年にはAcademy of Interactive Arts & Sciencesのゲーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれたほか、Swedish Game Awardsの2010年度Game of the Decadeなど、複数の受賞歴がある。拡張パックは『バトルフィールド1942 ロード・トゥ・ローマ』と『バトルフィールド1942 シークレット・ウェポン』の2種類がリリースされた。バトルフィールド (コンピューターゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • グランド・セフト・オートシリーズ

    グランド・セフト・オートシリーズから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    シリーズ第1作目。1997年10月、欧州で発売。見下ろし型ドライブゲームの形態を持ちながらギャング組織のチンピラ(ストリートギャング)がボスに指示をもらい、ミッション(犯罪)を実行するという内容。日本ではPC版、1998年8月にプレイステーション版が発売された。従来にはないその暴力性が一部で問題視された。グランド・セフト・オートシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 3次元コンピュータグラフィックス

    3次元コンピュータグラフィックスから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    3次元コンピュータグラフィックス(さんじげんコンピュータグラフィックス、)は、コンピュータの演算によって3次元空間内の仮想的な立体物を2次元である平面上の情報に変換することで奥行き感(立体感)のある画像を作る手法である。20世紀末からのコンピュータ技術の急速な発達と性能向上によって、従来は大企業や大きな研究所でしか得られなかった精細で高品質の3次元画像が、21世紀初頭現在ではPCやゲーム機で得られるようになっている。3次元コンピュータグラフィックス フレッシュアイペディアより)

  • マイクロコンピュータ

    マイクロコンピュータから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    マイクロコンピュータ(英語:microcomputer)、略してマイコンはCPUとしてマイクロプロセッサを使用したコンピュータである。マイクロコンピュータは当時のメインフレームやミニコンピュータと比較して物理的に小さかった。入出力のためのキーボードとスクリーンを装備した多くのマイクロコンピュータは、現代の一般的な感覚におけるパーソナルコンピュータに近い。マイクロコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    IBMは既存のコモディティ化した市場を脱出し、高付加価値な収益性の高い市場に着目することで、事業構成を絶えず組み替えている。例えばプリンタ事業をLexmarkに分社し(1991年に)、レノボへのパーソナルコンピュータ(ThinkPad)およびx86ベースのサーバー事業を売却(2005年と2014年)、一方でPwCコンサルティング(2002年)、SPSS(2009年)、Weather Company(2016年)などの企業を買収した。またファブレス化として2014年にIBMのグローバルな商用半導体技術事業を米GLOBALFOUNDRIESに工場、技術者、テクノロジー知的財産だけではなく、現金15億ドルまでも付けて譲渡すると発表した。IBM フレッシュアイペディアより)

  • トゥルー・クライム:STREETS OF LA

    トゥルー・クライム:STREETS OF LAから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    PC版ではマルチプレイや新キャラクター、ビデオや音楽などの新しい要素がいくつか追加されている。トゥルー・クライム:STREETS OF LA フレッシュアイペディアより)

  • DOS/V

    DOS/Vから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    DOS/V(ドスブイ)は、1990年に日本アイ・ビー・エムが発表したパーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステムの通称である。PC/AT互換機上で稼働し、専用のハードウェアを必要とせずに、ソフトウェアだけで日本語表示を可能にした。1991年にはマイクロソフトの日本法人なども発表し、日本でPC/AT互換機が一般に普及する切っ掛けとなった。転じて、日本語ではPC/AT互換機のことを指して「DOS/V」と呼ぶこともある。DOS/V フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3789件中 1 - 10件表示

「パソコン」のニューストピックワード