3789件中 91 - 100件表示
  • 漢字データボックス

    漢字データボックスから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    漢字データボックス(かんじ-)は日本IBMが販売していた、パーソナルコンピュータ向けのカード型データベースのソフトウェアである。漢字データボックス フレッシュアイペディアより)

  • アカネヒメ物語

    アカネヒメ物語から見たパソコンパーソナルコンピュータ

    3巻に登場。アカネヒメの友達で、鎮守の森の神。今はない町「西風早」を空襲から護るために死んでしまった。だがパラレルワールドではるひの友達だったため、パソコンの中でアカネヒメと再会する。昔、アカネヒメが大人になって自由に空を飛べるようになったら一緒に飛ぶ約束をしていた。アカネヒメ物語 フレッシュアイペディアより)

  • Get a Mac

    Get a Macから見たパーソナルコンピューターパーソナルコンピュータ

    「」キャンペーンは、アメリカ合衆国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・日本で展開された。この広告キャンペーンは、各広告が以下の標準的でシンプルなテンプレートのため容易に認識可能となっている。ミニマリストのすべての白の背景に対して、カジュアルな服装の男性が自らをMacと紹介し("Hello, I'm a Mac.")、対してフォーマルスーツとネクタイの組み合わせの男性が自らをWindows パーソナルコンピューターと紹介する ("And I'm a PC.")。二人の行う短い寸劇で、MacとPCの機能や性格が比較される。PCはフォーマルかつ丁寧といった特徴が与えられ、あくまでも仕事上の関係であり、どこか息の詰まるような感じが強調されている。多くの場合、まじめではあるが成果の出ないPCは、悠々としたMacの能力に抜かれる結果となる。放映当初のCMは比較相手のコンピュータシステムを特定しないものであったが、後期になると制作されたCMは、主にWindows Vistaに、最後はWindows 7に焦点を当てたものへと変化していった。Get a Mac フレッシュアイペディアより)

  • ワンボードマイコン

    ワンボードマイコンから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    元々はいわゆる評価用ボードだったのだが、コンピュータが個人のホビーとして使えるようになった、最初の形態のひとつとなった。その後マイクロコンピュータはHome computer(:en:Home computer、ホビーパソコンも参照)やパーソナルコンピュータへと分化発展し、ワンボードマイコンは元の評価用や組込み開発用ボードに戻った。ワンボードマイコン フレッシュアイペディアより)

  • デジタルメディアプレーヤー

    デジタルメディアプレーヤーから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    ちなみにパソコン上において各種メディアの再生を行うユーティリティソフトウェアやアプリケーションソフトウェアを指してメディアプレーヤーとも呼ぶが、本項では主に携帯機器として完結した製品について記述する。デジタルメディアプレーヤー フレッシュアイペディアより)

  • 金巻ともこ

    金巻ともこから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    ゲームのノベライズを中心活動とする以前は、PCゲームのシナリオも執筆していた。さらにゲーム雑誌ライターとしての経歴やメールマガジン、デイリーポータルZへの寄稿など活動は多岐にわたっている。また『ユリイカ』などに文章を書いている。金巻ともこ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・テイラー (情報工学者)

    ロバート・テイラー (情報工学者)から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    ロバート・ウィリアム・テイラー(Robert William Taylor、1932年2月10日 - 2017年4月13日)は、インターネットのパイオニアであり、後のパーソナルコンピュータへと繋がる開発を行ったチームにも属していた。ARPAのIPTO(Information Processing Techniques Office)を指揮し(1965年 - 1969年)、パロアルト研究所の計算機科学研究室(CSL)の設立に関与し(1970年 - 1983年)、DECの Systems Research Center の設立にも関わった(1983年 - 1996年)。ロバート・テイラー (情報工学者) フレッシュアイペディアより)

  • UCSD Pascal

    UCSD Pascalから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    CPUの異なるパーソナルコンピュータ上で動作するために、P-Machineと呼ばれる仮想マシンを使用する。コンパイラはプログラムをそれぞれのCPU用の機械語に翻訳するのではなく、P-Machineの機械語であるP-Codeに翻訳する。そのため、P-Codeの仮想マシンを実装すればどのようなパーソナルコンピュータ上でも実行可能であった。またUCSD PascalはPascalコンパイラだけでなく、スクリーンエディタやデバッガ、ファイル管理を含む統合開発環境として実装され、後にp-Systemというオペレーティングシステムに発展した。これらの開発環境の殆どすべてはPascalでかかれていたので、容易に異なる環境向けに移植できた。通常、仮想マシンはインタプリタとして実装された(P-Codeインタプリタ)。また、特に処理速度が必要な場合のために、P-Codeから実際のCPUの機械語に変換するプログラム(ネイティブコードトランスレータ)が提供される場合もあった。UCSD Pascal フレッシュアイペディアより)

  • ザウルス

    ザウルスから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    当初は電子手帳の発展型としてパソコン等との連携性は低かったが、後にこの連携性を強化し、一時期の日本製PDAを代表する地位を築いた。当初の製品名は「液晶ペンコム『ザウルス』」。ザウルスという商品名は、学名で「トカゲ」を意味する単語「サウルス」に由来し、力強さを表している。ザウルス フレッシュアイペディアより)

  • プログラム電卓

    プログラム電卓から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    電卓向けのプログラムはインターネット上に多数存在する。そういったプログラムをパーソナルコンピュータにダウンロードし、専用のリンクケーブルや赤外線リンクやメモリカード経由で電卓にアップロードすることができる。また、エミュレータを使えばPC上で直接実行できる。プログラム電卓 フレッシュアイペディアより)

3789件中 91 - 100件表示

「パソコン」のニューストピックワード