3197件中 31 - 40件表示
  • セイコーエプソン

    セイコーエプソンから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    手掛ける製品は幅広く、水晶振動子(クォーツ)などの単体部品から、液晶デバイスなどの半製品、各種のプリンターやプロジェクタ、パーソナルコンピュータといった最終製品までを自社名で世に送り出している。セイコーエプソン フレッシュアイペディアより)

  • サウンドカード

    サウンドカードから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    2010年5月現在のパーソナルコンピュータにおいて、音響信号の入出力機能はもはや標準機能となっており、多くの機種にオンボード形式であらかじめ装備されている。かつて普及価格帯にあったサウンドカードは、その価値を標準装備のサウンド機能に譲り、一般ユーザーにおいてはサウンドカードを買い足す必要が薄れた。現在市販されているサウンドカードは、標準装備のサウンド機能を超えた付加価値を持つ製品である。それらは一般に、ゲーム用や音楽鑑賞用のものが「サウンドカード」と呼ばれ、プロやセミプロが音楽制作などに用いるものが「オーディオカード(あるいはオーディオインターフェース)」と呼ばれる傾向にある。価格は備える音響品質に応じて開きがあるが、サウンドカードは民生用途であることに対し、オーディオカードは商業制作に用いられることと市場が狭いため、それぞれの高級製品を比較した場合にはおおむねオーディオカードに、より高額な製品が多い。サウンドカード フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉原

    秋葉原から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    1990年代 : 家電量販店間の競争の激化で家電の売り上げが減少。代わってパソコン及び関連商品を扱う店が増える。秋葉原 フレッシュアイペディアより)

  • PCエンジン

    PCエンジンから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    PCエンジンは「コア構想」という独自の拡張思想を持ち、PCエンジンを様々な周辺機器のコアとして置き、PCのような役割を持たせようとしていた意味で「PCエンジン」と命名された。そのため初期の本体は必要最小限の機能しかなく、機能を拡張する周辺機器が多岐に渡って発売された。PCエンジン フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング言語年表

    プログラミング言語年表から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    1964年 米ダートマス大学がBASICを開発(ダートマスBASIC)。その後、1970年代にマイクロソフトがMS BASICを発表し、8ビットパソコンにROM BASICとして搭載され広まった。8ビットパソコン時代 (1970年代後半-1980年代前半)の中心的な言語となった。プログラミング言語年表 フレッシュアイペディアより)

  • MAGねっとホールディングス

    MAGねっとホールディングスから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    以前は、パソコンのパーツ販売などを行うパソコンショップ「T-ZONE」を運営していた。持株会社化の際に、T-ZONEの事業は子会社に移管している。子会社のパソコンショップ事業については、T-ZONEを参照。MAGねっとホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • Aces High

    Aces Highから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    プラットフォームはWindows PCで、公式にはWindows 7、2000、XP、Vistaで動作する(LinuxやマッキントッシュでのWindowsエミュレータによる動作についても公式フォーラムで言及されている。)。Aces High フレッシュアイペディアより)

  • iiyama

    iiyamaから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    iiyamaとは、株式会社マウスコンピューターの液晶ディスプレイのブランド名である。かつては東京都千代田区に本社を置いていたパソコン機器メーカーであった。旧社名は株式会社イーヤマ。2006年1月にMCJグループに属し、2008年10月にヨーロッパに本社機能を移転し、株式会社iiyamaはグループ会社のマウスコンピューターに吸収合併された。iiyama フレッシュアイペディアより)

  • 佐鳴予備校

    佐鳴予備校から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    2005年導入。日立ソフトウェアエンジニアリングと共同開発。ハレーション防止素材が貼られたホワイトボードに特殊な受信機器を取り付け、ホワイトボード上で電子ペンを動かすとそのままパソコンが操作できる仕組み。これによりわざわざ教室脇のマウスまで手を伸ばすことなくダイレクトにSee-beの操作が可能なため、テンポのよい授業が展開できる。また付属のソフトによりSee-beやデスクトップ画面などに電子ペンで直接書き込みができるようになっている。同社内にも旧来の水性マーカーを使う講師はいるが、See-beコントローラー導入直後に新築されたいくつかの校舎では、投影画面の視認性を優先した結果、水性マーカーで書き込むと非常に消しにくいホワイトボードが使われている。2006年より板面に新素材を導入。視認性をさらに高めると同時に水性マーカーの使用も問題無しとした。講師、生徒はSee-beコントローラーのことを「デジペン」「インテリペン」「電子ペン」と呼んでいる。授業中しばしばデジペンが飛び上手く字やラインが書けなかったりする場合がある。この場合は講師が手動で補正を行う。佐鳴予備校 フレッシュアイペディアより)

  • ワンクリックウェア

    ワンクリックウェアから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    ウィルス対策ソフトの定義ファイルに登録されるまで待ってから駆除するか、購入したPCショップに修理を依頼する。または、OS(Windows)の再インストールを試みる。レジストリなどを操作して自力で修復することもできるが、Windowsが起動できなくなるなどの弊害が起きるため、PC初心者にはお勧めできない。ワンクリックウェア フレッシュアイペディアより)

3197件中 31 - 40件表示

「パソコン」のニューストピックワード