3789件中 61 - 70件表示
  • DIMM

    DIMMから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    DIMM(Dual Inline Memory Module、ディム)は、複数のDRAMチップをプリント基板上に搭載したメモリモジュールのことを指し、コンピュータの主記憶として利用される。また、そのピン配置や電気的特性を規定したDIMM規格のこと。従来のSIMM(Single Inline Memory Module)では表裏の対向する2つの端子に同一の信号が出ているのに対して、DIMMでは異なる信号が出ていることからDIMMと呼ばれる。2007年現在、DIMMと言った場合、多くのパーソナルコンピュータやワークステーションで使用可能なSDRAMを搭載したものを指す。DIMM フレッシュアイペディアより)

  • 久喜市立青葉小学校

    久喜市立青葉小学校から見たパソコンパーソナルコンピュータ

    2000年(平成12年) - 9月、パソコン22台を導入。久喜市立青葉小学校 フレッシュアイペディアより)

  • Advanced Technology Attachment

    Advanced Technology Attachmentから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    Advanced Technology Attachment(アドバンスド テクノロジー アタッチメント、略号: ATA)は、パーソナルコンピュータと、ハードディスク間のインターフェースのひとつである。1989年に制定され、1990年代に主流となっていた。Advanced Technology Attachment フレッシュアイペディアより)

  • 趣味悠々

    趣味悠々から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    それまでNHK教育テレビで放送されていた『技能講座』(1959年1月 - 1979年度)、『趣味・技能講座』(1980年度)、『趣味講座』(1981年度 - 1989年度)、『趣味百科』(1990年度 - 1996年度)の跡を引き継ぐ形でスタートした帯番組で、工芸・パソコン・茶道・スポーツなどあらゆるジャンルの趣味について取り上げ、それらを視聴者に基礎から実践に至るまで分かりやすく解説していた。番組は週4日間の放送で、特集ジャンルごとに個別の「講座」を組み、それらを曜日ごとに放送するというスタイルを取っていた。趣味悠々 フレッシュアイペディアより)

  • DDR3 SDRAM

    DDR3 SDRAMから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    2007年頃からパーソナルコンピュータの主記憶装置などに用いられるようになり、2010年以降は市場の主流となっている。スマートデバイスなどの組み込み向けとしても、2013年以降の高性能品(ARM Cortex-A15など)に使われるようになった。インテルはNehalemマイクロアーキテクチャ(2008年)から使用している。DDR3 SDRAM フレッシュアイペディアより)

  • リカバリーディスク

    リカバリーディスクから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    リカバリーディスクは、市販のパーソナルコンピュータ (PC) において、導入済みのオペレーティングシステム (OS) を含むソフトウェア群を、ある一定の状態(一般的には工場出荷時)へと復元するためのディスクのこと。リカバリーCD、リカバリーDVDとも呼ばれる。リカバリーディスク フレッシュアイペディアより)

  • 16ビット

    16ビットから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    16ビットプロセッサ全盛時代にパーソナルコンピュータで使われた主要なオペレーティングシステムには、PC DOS およびMS-DOS、OS/2 1.x などがある(Microsoft Windows 3.0 は正確にはオペレーティング環境と呼ばれた)。16ビット フレッシュアイペディアより)

  • AH-K3001V

    AH-K3001Vから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    日本国内で発売された携帯電話・PHSとしては初めてウェブブラウザにOperaを搭載(海外ではすでにノキア社製のGSM方式携帯電話などに搭載されていた)しており、主に携帯電話用としてCompactHTMLで記述されたウェブページに加え、通常のHTMLで記述されたPC向けのウェブページも表示することができる。AH-K3001V フレッシュアイペディアより)

  • 鋼鉄の騎士

    鋼鉄の騎士から見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    通常はプレイヤーとCPUが対戦する1人プレイであるが、PC版には1台のPCを2人で交互に操作する2人対戦モードもあったほか、2台のPCをRS-232C端子のリバースケーブルで接続して通信対戦を行うことも可能であった。鋼鉄の騎士 フレッシュアイペディアより)

  • システムリクエスト

    システムリクエストから見たパーソナルコンピュータパーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータではメインフレーム接続用の端末エミュレータで使用されるが、パーソナルコンピュータでは伝統的にコマンド入力モードへの切替にはEscキーを使用するアプリケーションが多い事もあり、SysRqキーは一部のディスプレイ切替装置用ソフトウェアや、LinuxカーネルでのマジックSysRqキーなどを除き、使用頻度が低い。システムリクエスト フレッシュアイペディアより)

3789件中 61 - 70件表示

「パソコン」のニューストピックワード