前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
257件中 1 - 10件表示
  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たアドバンスト・マイクロ・デバイセズ

    パーソナルコンピュータの種類には、デスクトップ、ノートブック、タブレットPCなどがあるが、アーキテクチャ的にはほとんど同じものである。パソコンCPU市場はインテルが圧倒的なシェアを誇り、AMDがそれに次ぐ。両社がパソコン向けに供給するマイクロプロセッサは全てx86互換である(対照的に、スマートフォンなどのスマートデバイスや組み込みシステムで普及しているARMアーキテクチャは、設計を多数のメーカーにライセンスする方式をとり、おびただしい種類のASICが生産されている)。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たマイクロソフト

    1980年代末頃から、パーソナルコンピュータ市場ではマイクロソフトとインテルが支配力を持っているため、Macintoshを除くx86プラットフォームは「ウィンテル」と呼ばれることもある。ほかにLinuxなどのPC-UNIXも使用されている。PowerPCを搭載したパソコン(CHRP/PAPRアーキテクチャ互換機)やARMアーキテクチャのCPUを用いRISC OSを搭載したパソコン(Risc PC互換機)も存在するが、売り上げは極めて小さく、市場ではほとんど存在感を持たない。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たインテル

    パーソナルコンピュータの種類には、デスクトップ、ノートブック、タブレットPCなどがあるが、アーキテクチャ的にはほとんど同じものである。パソコンCPU市場はインテルが圧倒的なシェアを誇り、AMDがそれに次ぐ。両社がパソコン向けに供給するマイクロプロセッサは全てx86互換である(対照的に、スマートフォンなどのスマートデバイスや組み込みシステムで普及しているARMアーキテクチャは、設計を多数のメーカーにライセンスする方式をとり、おびただしい種類のASICが生産されている)。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見た富士通

    しかし日本では「日本語表示の壁」もあり各社独自の日本語仕様が続き、異なったメーカー間ではアプリケーションソフトウェアの互換性はほとんど無かった。16ビット市場では1982年(昭和57年)のNECのPC-9800シリーズがトップシェアを続け他には富士通のFMシリーズやFM TOWNS、セイコーエプソンのPC-9800互換機、個人向けに絞ったシャープのX68000、PC/AT互換機ベースのAX協議会のAX、日本語表示用に高解像度を標準採用した日本IBMのマルチステーション5550などが競った。一方、IBM互換機の独自拡張であるDynaBookは場所を決めずにいつでもどこでも利用できるノートパソコンを大きく広めるものとなった。また、より手軽に入手・使用できる廉価機として8ビットのMSX規格がホビーパソコンとして一定の普及をとげた。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たマイクロン・テクノロジ

    メモリはサムスン電子が4割、SKハイニックス(旧・現代電子)が3割、マイクロン・テクノロジが2割を占める。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たレノボ

    2015年には世界トップメーカーのヒューレット・パッカードがパーソナルコンピュータ分野を分離し、HP Inc.が発足した。また、この年の最終出荷台数は中国のレノボが世界首位となり、初めてアメリカのメーカーから中国のメーカーに首位が移ることとなった。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たデルコンピュータ

    またデルコンピュータやゲートウェイなどアメリカ合衆国で実績を伸ばした比較的低価格で直接販売するメーカーの日本への進出(後者は一度撤退後、再進出)もあり、現在(2013年5月時点)では主要メーカーのほとんどが、家電量販店などの店頭やOAディーラなど従来の流通ルートを使った販売と、自社ウェブサイトによる直接販売(需要予測精度の向上の目的もある)の両方を行っている。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たセイコーエプソン

    しかし日本では「日本語表示の壁」もあり各社独自の日本語仕様が続き、異なったメーカー間ではアプリケーションソフトウェアの互換性はほとんど無かった。16ビット市場では1982年(昭和57年)のNECのPC-9800シリーズがトップシェアを続け他には富士通のFMシリーズやFM TOWNS、セイコーエプソンのPC-9800互換機、個人向けに絞ったシャープのX68000、PC/AT互換機ベースのAX協議会のAX、日本語表示用に高解像度を標準採用した日本IBMのマルチステーション5550などが競った。一方、IBM互換機の独自拡張であるDynaBookは場所を決めずにいつでもどこでも利用できるノートパソコンを大きく広めるものとなった。また、より手軽に入手・使用できる廉価機として8ビットのMSX規格がホビーパソコンとして一定の普及をとげた。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たヒューレット・パッカード

    2015年には世界トップメーカーのヒューレット・パッカードがパーソナルコンピュータ分野を分離し、HP Inc.が発足した。また、この年の最終出荷台数は中国のレノボが世界首位となり、初めてアメリカのメーカーから中国のメーカーに首位が移ることとなった。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たサムスン電子

    メモリはサムスン電子が4割、SKハイニックス(旧・現代電子)が3割、マイクロン・テクノロジが2割を占める。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
257件中 1 - 10件表示

「パソコン」のニューストピックワード