271件中 91 - 100件表示
  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たゲームソフト

    初期のパーソナルコンピュータではユーザーが自分のマシン用にプログラムを書く必要がある場合が多かったが、現在のユーザーはそのまま実行可能な商用または非商用の幅広いソフトウェアを選ぶことができる。アプリケーションソフトウェアにはワープロ、表計算、データベース、ウェブブラウザ、電子メールクライアント、ゲームソフトおよび多数の業務用や娯楽のためのソフトウェアがある。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たWorld Wide Web

    1990年(平成2年)頃までのパーソナルコンピュータは標準ではネットワーク機能を持たないシステムが多くハードウェアの性能的限界からシングルユーザの素朴なオペレーティングシステム(OS)やオペレーティング環境(CP/MやDOS、初期のWindowsなど)が使われ、ミニコンピュータやワークステーションとは絶対的な機能の差があった。現在のパーソナルコンピュータの多くはミニコンピュータ用に設計されたシステムであるUNIXやVMSの成果を取り入れたOS(Mac OS XやWindows NT系)を搭載し、有線または無線のLANに標準で接続できるなどワークステーションとの境界は明確ではなくなっている。現在のパーソナルコンピュータ向けソフトウェアはインターネットにLANを通じてあるいは高速回線またはダイヤルアップで直接接続し、ウェブやその他のサービスにアクセスできることを前提に設計されている。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たサーバ

    1990年代にはダウンサイジングの潮流もあり企業や個人へのパーソナルコンピュータの普及が進み、企業用のローエンドのサーバーもPCサーバーが広く普及した。1990年代初頭まではAmigaやコモドール64、アルキメデスなどのホビーパソコンもなお一定のシェアを保っていたものの1990年代中盤以降の世界ではIBM PC互換機とMacintoshがパソコン市場の大多数を占めるようになった。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たブラウザ戦争

    1990年代中頃にはインターネットが急激に台頭し、パーソナルコンピュータのウェブ端末としての利用が一般化した。このころNetscapeやInternet Explorerなどの間でウェブ標準をめぐって第一次ブラウザ戦争が発生した。1998年(平成10年)には「インターネットのための新世代のパーソナルコンピュータ」と銘打ったiMacが登場し社会現象となった。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たIBM PC

    実際のパーソナルコンピュータは1974年(昭和49年)に登場したが、CPUにマイクロプロセッサを採用したコンピュータという意味で当初は主に「マイクロコンピュータ」(マイコン)や、あるいは主な用途により「ホームコンピュータ」や「ホビーパソコン」などと呼ばれた。これに対して「パーソナルコンピュータ」とは、当時のメインフレームやミニコンピュータなどやそれらの端末と対比した、個人が単体でも使用できるサイズや価格帯や用途を意味する呼称である。パーソナルコンピュータという表現はApple IIやPC-8000シリーズでも使用されたが、世界的に広く普及したのは1981年(昭和56年)のIBM PC以降である。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たプログラム (コンピュータ)

    初期のパーソナルコンピュータではユーザーが自分のマシン用にプログラムを書く必要がある場合が多かったが、現在のユーザーはそのまま実行可能な商用または非商用の幅広いソフトウェアを選ぶことができる。アプリケーションソフトウェアにはワープロ、表計算、データベース、ウェブブラウザ、電子メールクライアント、ゲームソフトおよび多数の業務用や娯楽のためのソフトウェアがある。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たPC-UNIX

    1980年代末頃からはパーソナルコンピュータ市場ではマイクロソフトとインテルが支配力を持っているため、Macintoshを除くx86プラットフォームは「ウィンテル」と呼ばれることもある。ほかにLinuxなどのPC-UNIXも使用されている。PowerPCを搭載したパソコン(CHRP/PAPRアーキテクチャ互換機)やARMアーキテクチャのCPUを用いRISC OSを搭載したパソコン(Risc PC互換機)も存在するが売り上げは極めて小さく、市場ではほとんど存在感を持たない。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たLotus 1-2-3

    1981年(昭和56年)に16ビットのIBM PCが登場して世界的にベストセラーとなり、IBM PCで採用されたインテルのx86系のCPUとマイクロソフトのMS-DOSが主流(事実上の標準)となった。更にコンパックなどによりIBM PC互換機市場が形成され、「パーソナルコンピュータ」の名称が一般化した。表計算ソフトはLotus 1-2-3、ワープロソフトはWordPerfect(日本では一太郎)が普及した。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たハードディスクドライブ

    パソコンの起動ディスクとしてはハードディスクドライブが主に使われるが、2006年頃からはフラッシュメモリの低価格・大容量化に伴い、モバイルマシンを中心にFlash SSDの利用も広がりつつある。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たMacintosh

    1980年代末頃からはパーソナルコンピュータ市場ではマイクロソフトとインテルが支配力を持っているため、Macintoshを除くx86プラットフォームは「ウィンテル」と呼ばれることもある。ほかにLinuxなどのPC-UNIXも使用されている。PowerPCを搭載したパソコン(CHRP/PAPRアーキテクチャ互換機)やARMアーキテクチャのCPUを用いRISC OSを搭載したパソコン(Risc PC互換機)も存在するが売り上げは極めて小さく、市場ではほとんど存在感を持たない。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

271件中 91 - 100件表示

「パソコン」のニューストピックワード