271件中 31 - 40件表示
  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たアラン・ケイ

    「パーソナルコンピュータ」という用語は、1972年(昭和47年)にアラン・ケイがACM National Conferenceで発表した"A Personal Computer for Children of All Ages"の中で使用された。ここでは「個人のための理想のコンピュータ」という意味であり、それを「ダイナブック」と命名した。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たMicrosoft Office

    日本でも1990年(平成2年)のDOS/Vの登場、Windowsの普及とともに世界と同じPC/AT互換機への移行が進んだ。またアプリケーションソフトウェアの発達とパソコン本体の低価格化もあり、ワープロ専用機ユーザーもワープロソフトに移行していった。この過程でMicrosoft OfficeがLotus 1-2-3などを駆逐してオフィススイートのデファクトスタンダードとなった。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たiPod

    一方、2000年代には多くの個人にパソコンが行き渡ったことにより、パソコンに接続して利用することを前提とした情報機器や家電製品が普及した。デジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤーはパソコン利用の広がりを背景に従来のフィルムカメラやミニディスク(MD)の需要の大半を置き換えた。2001年(平成13年)、アップルはパソコンを各種のデジタル機器をつなぐハブ(中心)を担う「デジタルハブ」に据えるビジョンを提案し、iPodをWindowsにも対応させることによりこのコンセプトを普及させていった。他のパソコンメーカーもこれらの機器の情報を蓄積し、加工する機器としてパソコンを位置づけ需要を喚起している。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たビデオカード

    拡張カードは用途に応じてコンピュータを拡張できる。ビデオ(映像)信号をディスプレイに表示するビデオカード、ネットワーク接続用のネットワークカード、音声出力用のサウンドカードなどがある。近年ではいずれの機能もメインボード上に標準で搭載され、ポータブルマシンでは拡張スロット自体がないことが多い。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見た無線LAN

    2000年代にはノートパソコンが市場の主流になった。無線LANやBluetoothによる無線接続も一般化し、パソコンの利用形態が多様化した。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たPocket PC

    手のひらに入るサイズのもので、パームサイズやハンドヘルドとも呼ばれる。通常はパーソナルコンピュータとは別のカテゴリとされる。Pocket PCなど。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たメモリーカード

    文書や画像などを紙に印刷するための装置。カラーのインクジェットプリンターやレーザープリンターが主流である。最近ではパソコンなしでメモリーカードを直接挿入したりデジタルカメラとUSBケーブルで直接接続する事で、メモリカードやカメラ内に保存されている画像や文書を印刷する事も出来る。イメージスキャナとの複合機になったものもある。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たAJAX

    2007年(平成19年)からは最低限の性能・機能で3?5万円程度でも購入できるコンパクトなノートパソコンが普及し、後にネットブックと呼ばれるジャンルを形成した。この背景には、クライアント側での処理は最低限にしてネットワークの先のサーバー側で処理の大半を行うクラウドコンピューティングなどの普及が挙げられる。またAJAXなどをベースにしたクラウドコンピューティングの普及を背景に第二次ブラウザ戦争が勃発、Safari、Google Chromeを筆頭とするWebKit系ブラウザやMozilla Firefoxが台頭し一時のInternet Explorer独占の状況は大きく変化している。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たデジタルカメラ

    一方、2000年代には多くの個人にパソコンが行き渡ったことにより、パソコンに接続して利用することを前提とした情報機器や家電製品が普及した。デジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤーはパソコン利用の広がりを背景に従来のフィルムカメラやミニディスク(MD)の需要の大半を置き換えた。2001年(平成13年)、アップルはパソコンを各種のデジタル機器をつなぐハブ(中心)を担う「デジタルハブ」に据えるビジョンを提案し、iPodをWindowsにも対応させることによりこのコンセプトを普及させていった。他のパソコンメーカーもこれらの機器の情報を蓄積し、加工する機器としてパソコンを位置づけ需要を喚起している。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たWindows XP

    2001年(平成13年)にはMacintoshのOSがOPENSTEPの技術を中心に作られたMac OS Xとなった。また同年にはWindows NTをベースとしたWindows XPが発売され、Windows NTとWindows 9x系の製品ラインの統合が行われた。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

271件中 31 - 40件表示

「パソコン」のニューストピックワード