前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
198件中 1 - 10件表示
  • 瀬名快伸

    瀬名快伸から見たパックマンパックマン

    脱出推理アプリ『VAMPIRE HOLMES×パックマン〜星屑の救世主〜』(ホームズ)瀬名快伸 フレッシュアイペディアより)

  • ピクセル (2015年の映画)

    ピクセル (2015年の映画)から見たパックマンパックマン

    2010年にパトリック・ジャンが監督、が脚本を務めた短編映画『』(2011年アヌシー国際アニメーション映画祭短編部門受賞)を原作としており、『パックマン』『ギャラガ』『ドンキーコング』など、クラシックアーケードゲームのキャラクターが多く出演する。ピクセル (2015年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ナムコスターズ

    ナムコスターズから見たパックマンパックマン

    ピンク色だった部分が赤色になる。ビジター用アンダーシャツは青になる。上着のラインは白を青二本で挟んだ形となり、袖口からやや離れた部分と首回りから胸元に入る(ラケットライン)。赤ベルト採用。ズボンラインが赤になる。ホーム用左袖、ビジター用右袖にそれぞれパックマンマークが入る(ワールドスタジアム2のパッケージイラストではホーム用も右袖に入る)。ナムコスターズ フレッシュアイペディアより)

  • シュガー・ラッシュ

    シュガー・ラッシュから見たパックマンパックマン

    冒頭とラストに登場する、ゲームの悪役キャラクターたちによる悩み相談会。実在した過去のゲームや劇中創作の悪役キャラクターが参加している。全員ラルフと同じ、生涯悪役の運命を嘆いているが、身分を受け入れることによってゲーム社会で適応できるようにするというのが会の目的。閉会に際しては「自分は悪役でいい、ヒーローになれないのは決して悪くない、今のままの自分でいい」のモットーをもって会を終了する。その後、ラルフから「シュガー・ラッシュ」での冒険譚を聞き、共に喜び合った。会場は『パックマン』のモンスターたちがいるアジト。シュガー・ラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • パックマンパーティ

    パックマンパーティから見たパックマンパックマン

    パックマンのキャラクター達をボードゲーム風に操作し、目標枚数のクッキーを獲得してスタート兼ゴールのクッキー工場に最初に戻ると勝利となる。パックマンパーティ フレッシュアイペディアより)

  • パックマン チャンピオンシップ エディション DX

    パックマン チャンピオンシップ エディション DXから見たパックマンパックマン

    『パックマン チャンピオンシップ エディション DX』(パックマン チャンピオンシップ エディション デラックス、PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION DX)は2010年11月に日本、北米、欧州で配信されたXbox 360、PlayStation 3用ゲームソフト。パックマン30周年記念作品。Xbox LiveおよびPlayStation Storeにて配信されたダウンロード専用ソフト。『パックマンCE DX』と略される。パックマン チャンピオンシップ エディション DX フレッシュアイペディアより)

  • パックマン チャンピオンシップ エディション

    パックマン チャンピオンシップ エディションから見たパックマンパックマン

    Xbox Live Arcadeで配信された『パックマン』の反響が高かったことから、マイクロソフトに世界大会用ソフトを打診され開発したもの。岩谷徹の監修を受けるなどオリジナル版の要素を尊重しつつ、Xbox 360のHD画面を意識して横長の迷路に、大会仕様ということで制限時間のあるスピーディーな展開となっている。パックマン チャンピオンシップ エディション フレッシュアイペディアより)

  • パックマンワールド2

    パックマンワールド2から見たパックマンパックマン

    パックマンシリーズの主人公・パックマンを操作し、様々な仕掛けが張り巡らされたステージを攻略していく3Dアクションゲーム。アナログスティックと×ボタン・□ボタンのみで多彩なアクションを行う事ができる手軽な操作性が特徴。パックマンワールド2 フレッシュアイペディアより)

  • アタリショック

    アタリショックから見たパックマンパックマン

    アタリ社は、外部からソフトウェアを入れ替えられるAtari VCSを1977年に発売。当初はさっぱり売れなかったが、1980年よりキラーソフトとして、『スペースインベーダー』、『パックマン』、『』などの人気ゲームが、アーケードゲームから数多く移植され、人気に火が付いた。アタリショック フレッシュアイペディアより)

  • ドットイートゲーム

    ドットイートゲームから見たパックマンパックマン

    1979年発表の『ヘッドオン』(セガ〈後のセガ・インタラクティブ〉)が元祖とされるが、翌1980年発表の『パックマン』(ナムコ〈後のバンダイナムコエンターテインメント〉)が世界的に大ヒットした。ドットイートゲーム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
198件中 1 - 10件表示

「パックマン」のニューストピックワード