198件中 111 - 120件表示
  • ウソ技

    ウソ技から見たパックマンパックマン

    ミニゲーム『ギャラクシガニ』で高得点を取ると、移動マップ上にあるナムコビルに入ることができ、ミニゲーム『パックマン』がプレイできるというもの。これにはナムコの社員も騙されたとのことである。ウソ技 フレッシュアイペディアより)

  • M&A

    M&Aから見たパックマンパックマン

    逆買収ともいう。敵対的買収を受けた企業が買収提案者を逆に買収することで、自社が買収提案者の現在の経営者のコントロール下に入ることを妨げようとすること。ゲーム(パックマン)において、追われる立場のメインキャラクターが一定条件下においてには逆に追手を食べて反撃することに由来する。M&A フレッシュアイペディアより)

  • Hi-Hi

    Hi-Hiから見たパックマンパックマン

    ゲームが趣味であり特技。パックマンの一面を目隠し状態でクリアすることができる。また、モンスターハンターシリーズのファンでもあり、この累計プレイ時間は4000時間を越えている。Hi-Hi フレッシュアイペディアより)

  • ゲームレコードGP

    ゲームレコードGPから見たパックマンパックマン

    タイトル画面の音楽はパックマンの音楽が使用されている。第48回から一部音楽が変更された。ゲームレコードGP フレッシュアイペディアより)

  • ボノボ

    ボノボから見たパックマンパックマン

    ルールを正確に理解し、パックマンで遊ぶボノボ フレッシュアイペディアより)

  • ナムコアンソロジー

    ナムコアンソロジーから見たパックマンパックマン

    落ち物パズル。日本では『コズモギャング・ザ・パズル』として発売されたゲームのキャラクターをパックマンに差し替えてアメリカで発売したもの。詳細はコズモギャング・ザ・パズルを参照。ナムコアンソロジー フレッシュアイペディアより)

  • 電子ゲーム

    電子ゲームから見たパックマンパックマン

    この当時、ゲームセンターで人気を誇ったビデオゲームを模した電子ゲームも多数発売されている。バンダイの『クレイジークライミング』(クレイジー・クライマーのライセンス作品)、トミーの『パックマン』、学研の『平安京エイリアン』など様々な製品が登場した。電子ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • キャラクターゲーム

    キャラクターゲームから見たパックマンパックマン

    創生期から1980年代頃までのアーケードゲームの世界においては、ナムコの『パックマン』や『ディグダグ』、タイトーの『ちゃっくんぽっぷ』などの、当時コンピュータの表現力が向上しカラフルなドット絵が採用され始めたゲームジャンルが「キャラクターゲーム」と呼ばれていた。ジャンルのおおよその定義は、「かわいらしいキャラクターを用い、独自ルールの支配する場で行う、個性派のコンピューターゲーム」といったところで、比較的曖昧である。このため何を以って「キャラクターゲームである(〜ではない)」とするかの線引きは不明確で、例えば「超絶倫人ベラボーマン」発売当時ナムコはこのゲームのジャンルを「キャラクターゲーム」と称していた。キャラクターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • パックマニア

    パックマニアから見たパックマンパックマン

    『パックマニア』(PAC・MANIA)は、1987年に発表されたナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)のドットイートタイプのアクションゲーム。アーケードゲームでは「パックマン」シリーズ5作目で、マザーボードシステム87(SYSTEM I)第5弾の作品。パックマニア フレッシュアイペディアより)

  • ラチェット&クランク THE GAME

    ラチェット&クランク THE GAMEから見たパックマンパックマン

    敵を倒したり木箱から入手することができる。武器の購入に必要。ゴールデンボルトの獲得数によりデザインを変えることができ、メタル通貨、リング型、レアミネラル、球体に変えることができる。ラチェット&クランク THE GAME フレッシュアイペディアより)

198件中 111 - 120件表示

「パックマン」のニューストピックワード