143件中 31 - 40件表示
  • 伝説のスタフィー2

    伝説のスタフィー2から見たパックマンパックマン

    最後のステージ。オーグラが魔法の力で作り出した巨大な城。黒く不気味な外見を持ち、周囲には常に雷鳴がとどろいている。オーグラの本拠地だけあって、パックマンを凶悪にしたような姿でしつこく追いかけてくるトラッパーをはじめ、一筋縄ではいかない敵と仕掛けであふれている。伝説のスタフィー2 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コミックコンプ

    月刊コミックコンプから見たパックマンパックマン

    本誌掲載作品(稀に角川書店の他誌掲載作もある)のレーベルで『月刊少年エース』掲載作のレーベルであるカドカワコミックス・エースの事実上の前身。B6判またはA5判(A5判は「コンプコミックスDX」として刊行)。「Comp」の「C」に由来する、パックマンのような形状のマークを使用していた。既に奥付には不死鳥をあしらったマークが存在していた。月刊コミックコンプ フレッシュアイペディアより)

  • Londonian Gothics 〜迷宮のロリィタ〜

    Londonian Gothics 〜迷宮のロリィタ〜から見たパックマンパックマン

    アクションRPGを名乗っているが、戦闘は敵との接触のみ、かつ接触した瞬間にすぐさま勝敗が決し、戦闘自体には戦略や駆け引きの要素は皆無である。前記の魔法陣とボアダムンのある箇所を通る必要性も併せて、アクション要素の部分は『パックマン』や『ラリーX』などのドットイートゲームに近い。Londonian Gothics 〜迷宮のロリィタ〜 フレッシュアイペディアより)

  • NG (ゲーム情報誌)

    NG (ゲーム情報誌)から見たパックマンパックマン

    パックマンが表紙(No.13まで)NG (ゲーム情報誌) フレッシュアイペディアより)

  • SH-07B

    SH-07Bから見たパックマンパックマン

    対戦パックマン(体験版)SH-07B フレッシュアイペディアより)

  • インタラクティブブレインズ

    インタラクティブブレインズから見たパックマンパックマン

    2002年4月 バンダイナムコゲームスの「パックマン」をJavaケータイ端末向けに移植開発に成功※米国初インタラクティブブレインズ フレッシュアイペディアより)

  • パックマンvs.

    パックマンvs.から見たパックマンパックマン

    ナムコの代表作である1人用アクションゲーム『パックマン』(以下オリジナル版)をマリオシリーズの産みの親として知られる任天堂の宮本茂が対戦ゲームにアレンジしたもので、プレイ人数は2人?4人。パックマンvs. フレッシュアイペディアより)

  • ビデオ・ゲーム・グラフィティ

    ビデオ・ゲーム・グラフィティから見たパックマンパックマン

    パックマンや仲間たちによるミニドラマと、アレンジ曲が交互に収録されている。アレンジ曲は全てボーカル入り。ビデオ・ゲーム・グラフィティ フレッシュアイペディアより)

  • ルドロジー

    ルドロジーから見たパックマンパックマン

    海外では、Gonzalo Frasca,Zimmerman,Jesper Juul、日本では伊藤憲二、井上明人などがいる。やや広く範囲を広く取れば東浩紀、『ゲーム的リアリズムの誕生』などもこれに入る。また、『パックマン』の開発者として知られる岩谷徹も、DiGRAの理事として研究活動を行っている。ルドロジー フレッシュアイペディアより)

  • ウソ技

    ウソ技から見たパックマンパックマン

    ミニゲーム『ギャラクシガニ』で高得点を取ると、移動マップ上にあるナムコビルに入ることができ、ミニゲーム『パックマン』がプレイできるというもの。これにはナムコの社員も騙されたとのことである。ウソ技 フレッシュアイペディアより)

143件中 31 - 40件表示