198件中 31 - 40件表示
  • パックマンミュージアム

    パックマンミュージアムから見たパックマンパックマン

    パックマンミュージアム フレッシュアイペディアより)

  • パックマン ミュージアム

    パックマン ミュージアムから見たパックマンパックマン

    パックマン ミュージアム フレッシュアイペディアより)

  • CRフィーバーパックワールド

    CRフィーバーパックワールドから見たパックマンパックマン

    CRフィーバーパックワールド フレッシュアイペディアより)

  • ツノガエル属

    ツノガエル属から見たパックマンパックマン

    パックマン - 俗称であるパックマンフロッグの元となったナムコのゲームキャラクターツノガエル属 フレッシュアイペディアより)

  • Kaypro

    Kayproから見たパックマンパックマン

    また、ゲームもいくつか同梱されていた。たとえばスタートレック、パックマン風ゲームをASCII化した CatChum、ドンキーコング風ゲームをASCII化した Ladder などがある。Kaypro フレッシュアイペディアより)

  • ファミリースタジアム (携帯電話アプリ)

    ファミリースタジアム (携帯電話アプリ)から見たパックマンパックマン

    アクダマーズ - アカベー(パックマン)・ドルアーガ(ドルアーガの塔)・ゾウナ(ワルキューレの冒険)・頼朝(源平討魔伝)など敵キャラクターや大ボス級の悪役が結集したチーム。後にハンゲームのぱちんこファミスタオンライン・ぱちすろファミスタオンラインで極アクダマーズとして再登場し、プロ野球ファミスタオンラインでも極アクダマーズ所属選手のカードが登場した。ファミリースタジアム (携帯電話アプリ) フレッシュアイペディアより)

  • パックピクス

    パックピクスから見たパックマンパックマン

    敵キャラにしては愛らしい外見が特徴。初代『パックマン』に登場する同名のゴーストがモデル。雑魚敵。パックピクス フレッシュアイペディアより)

  • PAC-Match Party

    PAC-Match Partyから見たパックマンパックマン

    『PAC-Match Party』(パック マッチ パーティー)は、2010年6月24日にNamco Networks America Inc.(バンダイナムコゲームスのアメリカ子会社)から発売された iOS用パズルゲーム(マッチ3ゲーム)。パックマン30周年記念作品のひとつ。PAC-Match Party フレッシュアイペディアより)

  • 松島徹

    松島徹から見たパックマンパックマン

    中学生時代、14歳の時にナムコのシューティングゲーム『ゼビウス』をPC-6001に移植したプログラムを製作し、電波新聞社の『マイコンBASICマガジン』に投稿したものがマイコンソフトの藤岡忠の目に留まる。マイコン少年の投稿作でありながらあまりに高い完成度のために藤岡は市販化を決定、PC-6001は当時の他機種と比較してもスペック的にかなり低いハードであるために面構成などがアーケード版とはかけ離れた出来となっており、またゲーム中に「パックマン」が出現するなどいかにも二次創作然とした内容であったことから『ゼビウス』の作者の遠藤雅伸から酷評されるも、藤岡と松島の二人三脚で改良を続ける姿勢に遠藤も根負けし、「『ゼビウス』ではなく『タイニーゼビウス』の名称なら」と言うことでOKが出て、無事市販されることとなった。不完全な移植ながらもゼビウスの移植としてはPC-6001版がコンシューマー機上で最も早く、PC-6001のキラーコンテンツの一つとなった。後に藤岡は松島の同作開発を振り返り「彼は本当に天才ですね」と絶賛している。松島徹 フレッシュアイペディアより)

  • Londonian Gothics 〜迷宮のロリィタ〜

    Londonian Gothics 〜迷宮のロリィタ〜から見たパックマンパックマン

    アクションRPGを名乗っているが、戦闘は敵との接触のみ、かつ接触した瞬間にすぐさま勝敗が決し、戦闘自体には戦略や駆け引きの要素は皆無である。前記の魔法陣とボアダムンのある箇所を通る必要性も併せて、アクション要素の部分は『パックマン』や『ラリーX』などのドットイートゲームに近い。Londonian Gothics 〜迷宮のロリィタ〜 フレッシュアイペディアより)

198件中 31 - 40件表示

「パックマン」のニューストピックワード