198件中 41 - 50件表示
  • スマッシュコート

    スマッシュコートから見たパックマンパックマン

    南国タヒチの砂浜に設営されたコート。砂浜のためボールの弾み方は非常に小さい。名前の由来はパックマンより。スマッシュコート フレッシュアイペディアより)

  • GO!GO!ミニ四ファイター

    GO!GO!ミニ四ファイターから見たパックマンパックマン

    パックマンや星のカービィを思わせる球体状の謎の生物。当初はギャグシーンの背景に漂っていたりする程度の存在だったが回が進むにつれて表情や造形が個性を持ち始め、人物たちとお互いに干渉しあっていた。GO!GO!ミニ四ファイター フレッシュアイペディアより)

  • Pac-Man Pinball Advance

    Pac-Man Pinball Advanceから見たパックマンパックマン

    モンスターにさらわれた仲間を助けるため、パックマンがProfessor Pacの協力を得て、ピンボール台に模した施設を冒険する。条件を満たすと仲間を1人救出できる(8人助けるとゲームクリア)。Pac-Man Pinball Advance フレッシュアイペディアより)

  • ナムコミュージアム (PSP)

    ナムコミュージアム (PSP)から見たパックマンパックマン

    横画面、斜め見下ろし型のパックマンで、5ステージ×6ワールドの全30面。ゴーストの数は通常ステージでは4体。ワープトンネルの数はステージによって異なる。『ナムコクラシックコレクション Vol.2』収録の「パックマン・アレンジメント」とは別作品だが、一部の迷路の壁に名残がある。ナムコミュージアム (PSP) フレッシュアイペディアより)

  • 無敵

    無敵から見たパックマンパックマン

    スーパーマリオシリーズやパックマンシリーズなどのアクションゲームにおいて、キャラクターが定められたアイテムを取得などの条件を満たしたことにより一定時間敵の攻撃によるミスが無効になった状態のことを無敵と呼ぶ。無敵 フレッシュアイペディアより)

  • オガワモデリング

    オガワモデリングから見たパックマンパックマン

    New パックマン マスター模型・CGデータオガワモデリング フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コミックコンプ

    月刊コミックコンプから見たパックマンパックマン

    本誌掲載作品(稀に角川書店の他誌掲載作もある)のレーベルで『月刊少年エース』掲載作のレーベルであるカドカワコミックス・エースの事実上の前身。B6判またはA5判(A5判は「コンプコミックスDX」として刊行)。「Comp」の「C」に由来する、パックマンのような形状のマークを使用していた。既に奥付には不死鳥をあしらったマークが存在していた。月刊コミックコンプ フレッシュアイペディアより)

  • SH-07B

    SH-07Bから見たパックマンパックマン

    対戦パックマン(体験版)SH-07B フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータゲームにおける人工知能

    コンピュータゲームにおける人工知能から見たパックマンパックマン

    には、「スペースインベーダー」(1978) の成功によってAIが操る敵というアイデアが大いに一般化された。「スペースインベーダー」ではAIを使って徐々に難易度が上がるようにし、別個の動きのパターンを可能にし、プレーヤーの入力に基づいてハッシュ関数でゲーム内イベントを生成していた。「ギャラクシアン」(1979) では敵の動きのパターンがさらに複雑化・多様化し、編隊から個々の敵が飛び出すような動きも実現した。「パックマン」(1980) では迷路ゲームにAIパターンを導入し、それぞれの敵に異なる個性を与えている。「空手道」(1984) では対戦型格闘ゲームにAIパターンを導入したが、AIが貧弱だったためすぐに第2版が登場した。「」(1988) は戦術アクションRPGで、AIが操るキャラクター群(ゴチャキャラ)がリーダーに従うシステムを導入した。コンピュータRPG「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」(1990) では、戦闘の際のNPCの行動を自動化するAI戦闘において「作戦」システムを導入し、NPCの行動を制御できるようになった。この方式はアクションロールプレイングゲームのジャンルでは「聖剣伝説2」(1993) で導入されている。コンピュータゲームにおける人工知能 フレッシュアイペディアより)

  • 三國志III事件

    三國志III事件から見たパックマンパックマン

    東京高裁への控訴に当たって、光栄は、一審の主張に加えて「本件ゲームソフトは著作権法上の『映画の著作物』に該当し、NBDATAの使用は登場人物の能力値を最大100までに限定した正規の状態とは異なるゲーム展開を生じさせ、ストーリーの改変を引き起こす」との争点を追加した。これは、1984年のパックマン事件において認められた主張を援用したものである。しかし、1999年3月18日に下された東京高裁判決は、一審判決を支持すると共に『三國志III』が映画の著作物に該当するか否かについても三國志III事件 フレッシュアイペディアより)

198件中 41 - 50件表示

「パックマン」のニューストピックワード