143件中 41 - 50件表示
  • 攻めCOMダンジョン ドルルルアーガ

    攻めCOMダンジョン ドルルルアーガから見たパックマンパックマン

    ストーリーとは無関係で、前のワールドへ移動する為の近道的なワールド。ステージには、パックマン、源平討魔伝のカゲキヨ、ガンバレットシリーズのオヤジなどが登場する。攻めCOMダンジョン ドルルルアーガ フレッシュアイペディアより)

  • クローンゲーム

    クローンゲームから見たパックマンパックマン

    この分野の歴史は非常に古く、1980年頃、『パックマン』や『スペースインベーダー』、『ギャラクシアン』などの当時の人気アーケードゲームが当時のマイコン(パソコンの当時の一般的な呼称)向けに移植されたり、別のタイトルを付けて無許可で販売されていたりなどとといったことが一般的に行われていた。この当時はクローンゲームという呼称はまだ存在しないが、性質的には非常に近いものといえる。また、移植元タイトルの開発元から許可を得る前に制作が行われ、それが完成してから持ち込みで許可を得たうえで、そのタイトルを冠して公認の移植版として発売されるケースも少なからず存在した。クローンゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ビデオ・ゲーム・ミュージック

    ビデオ・ゲーム・ミュージックから見たパックマンパックマン

    PAC-MAN (作曲:甲斐敏夫)ビデオ・ゲーム・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • アランドラ2 魔進化の謎

    アランドラ2 魔進化の謎から見たパックマンパックマン

    追いかけてくる敵から逃げながら画面内のコインを全て集める、というパックマンに似たゲーム。アランドラ2 魔進化の謎 フレッシュアイペディアより)

  • ナムコアンソロジー

    ナムコアンソロジーから見たパックマンパックマン

    落ち物パズル。日本では『コズモギャング・ザ・パズル』として発売されたゲームのキャラクターをパックマンに差し替えてアメリカで発売したもの。詳細はコズモギャング・ザ・パズルを参照。ナムコアンソロジー フレッシュアイペディアより)

  • SUPERワールドスタジアム

    SUPERワールドスタジアムから見たパックマンパックマン

    家庭用では野手のワギャン・ギル(ドルアーガの塔他)・たろすけ(妖怪道中記)が投手で、同じく家庭用では投手のゼビウス・ギャラガが野手で登場するなど大幅な相違が見られる。さらに「'99」ではそれまで不動の4番打者であったパックマンが投手へ転向し、以後は最終作「2001」まで三島平八が4番に定着。パックマンが投手になったのはこの1作限りで「2000」以後は監督業に専念するようになった。SUPERワールドスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 主観的輪郭

    主観的輪郭から見たパックマンパックマン

    主観的輪郭の古典的な例は、カニッツァの三角形である。この錯視図形では、白を背景として3つの黒いパックマンがあり、パックマンの口を内側に向けている。この図形では、3つの黒い円盤と三角形の輪郭の上に、白い三角形があるように見えるだろう。白い三角形は、白い背景よりもさらに明るく見え、三角形の輪郭線さえも知覚されるだろうが、実際には輪郭線に沿った輝度の変化は存在しない。主観的輪郭 フレッシュアイペディアより)

  • 変則将棋

    変則将棋から見たパックマンパックマン

    パックマン将棋、ループ将棋、タンヤオ将棋などとも称する。1筋と9筋がつながっている将棋である。このため、飛車・角行の行動範囲が極めて広がり、また横方面からの飛車王手は合い駒が効かない場合がある(一方の側に合い駒をしても、反対側から回りこんで取れる)などの特徴がある。変則将棋 フレッシュアイペディアより)

  • ミニゴルフ (コンピューターゲーム)

    ミニゴルフ (コンピューターゲーム)から見たパックマンパックマン

    パックマンをはじめとする過去10作品はアーケードゲームから移植されたものだったが、本作だけはMSXパソコン初のナムコットオリジナルゲームとして発売された。ミニゴルフ (コンピューターゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • バラデューク

    バラデュークから見たパックマンパックマン

    ギリィ・オクティ - 一般のオクティとしては最も多く見られる種である。直接的な攻撃力は無く、ブラヌラ・スキフラを放出するのみ。モチーフはパックマンに登場するモンスター。バラデューク フレッシュアイペディアより)

143件中 41 - 50件表示