198件中 81 - 90件表示
  • VIC-1001

    VIC-1001から見たパックマンパックマン

    尚、当時、コモドールジャパンの下請けとしてコモドールブランドのゲームを開発していたのはHAL研究所である。HAL研究所は設立わずか7ヶ月、メインプログラマーは当時大学生のアルバイトで後に任天堂の社長となる岩田聡であった。HAL研究所の製作したゲームはほとんどが既存ゲームの海賊版であった。中でも『パックマン』はアメリカ本国でリリースされた際、ナムコより正当なライセンスを受けていたAtari社の権利を侵害していたために訴えられて発売中止となるという騒動を起こしたが、2年後にAtariから出た純正のVIC-20版『パックマン』や、アタリショックの引き金の一つともなったクソゲーとして知られるAtari 2600版『パックマン』等よりも高い完成度を評価され、HAL研究所は後継機のマックスマシーン・コモドール64でも引き続き下請けとしてコモドールブランドのゲームの製作を担当することとなる。VIC-1001 フレッシュアイペディアより)

  • ストリートファイター X 鉄拳

    ストリートファイター X 鉄拳から見たパックマンパックマン

    パックマン』シリーズの主人公。今作では鉄拳シリーズに登場する木人を模したロボットを操縦して戦う。ストリートファイター X 鉄拳 フレッシュアイペディアより)

  • マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲーム

    マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲームから見たパックマンパックマン

    スタジオに設置された巨大モニターを見ながら行うゲームで、コーナー開始時には板東が必ず「続いてはNINTENDO64を使った(任天堂は当時の番組スポンサーであったが、実際にNINTENDO64は使用してない)マジカルグランプリです」とコメントしていた。このゲームはナムコがシステムを作っており(その為、タイトルテロップの横には「パックマン」のイラストが出されていた)、このゲームでの進んだ距離を示すメーター内の数字はナムコがNINTENDO64で唯一発売したソフトである「ファミスタ64」のミニゲームで登場している物と似た物になっていた。3車線あって、3つのボタンで画面の自動車を操作する。ボタンの位置と車線は連動しており、右のボタンを押せば右車線、真ん中のボタンを押せば真ん中の車線、左の車線は左車線に移動する。初期は4人1組で、操作役3人と指示役1人に分かれる。指示役の人はモニターの中を走る車が障害物(崩れた橋やパラソル)にぶつかりそうになると「あぶない!」と声を掛けて指示(特定の人に指示することはできない)、操作役はモニターを見ることができず(モニターに背を向けている)、指示役の「あぶない!」の掛け声を頼りにボタンを押して車線変更、障害物を回避する。後に2人1組となり、操作役はヘルメットの目隠しをする。ボタンにも1番から3番の番号が付き、指示役は障害物のない車線の番号を指示するようになった。自動車が障害物にぶつかりゲームオーバーとなるか、ゴールにたどり着きクリアとなった時点で終了。最も先まで進んだチームに得点が与えられた。初期の頃は指示役の「あぶない!」の掛け声で、操作役の2人がボタンを同時に押して蛇行運転になり、結果的に障害物にぶつかってゲームオーバーになったことがある。障害物があるのが1箇所だけのときは障害物のレーンを走っているときだけ「あぶない!」と言えばよかったが、2箇所あるときは「あぶない!」と言ってそのレーンを避けても移動先のレーンにも障害物がありアウトになってしまうことがあるため運が試される。マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • パックマンワールド 20thアニバーサリー

    パックマンワールド 20thアニバーサリーから見たパックマンパックマン

    ナムコの看板タイトル「パックマン」シリーズの生誕20周年を記念して開発された。ナムコのアメリカ法人であるナムコ・ホームテックにより開発。シリーズ初の3Dアクションゲームで、主人公のパックマンを操作し、ステージをクリアしたり3D空間の迷路「メイズ」を攻略したりする。今作ではゴール地点にあるコイン(デザインはパックマンワールド2のナムココインと似ている)を取るかボスを倒すことでステージクリアとなる。なお、今作のパックマンは残り人数が0人になってもゲームオーバーにならない。ただし、その状態でミスをした場合はその限りではない。パックマンワールド 20thアニバーサリー フレッシュアイペディアより)

  • ハーマン・リ

    ハーマン・リから見たパックマンパックマン

    13歳の頃からギターを始める。この頃からIbanezのS Seriesを使用。実際は左利きだが、ギターを始める際レフティーモデルが手に入らなかったため、通常の右利き用ギターを使用することになった。現在はアイバニーズから発売されたシグネイチャーモデルを使用している。Sシリーズがベースとなっており、彼の理想のトーンを得る為に開発されたディマジオのピックアップを搭載する他、ボディの一部に彼のパフォーマンスの一つとなっているギターを持ち上げるアクションの為に、ホーン部分を指の跡形に削り込んだ「カンフー・グリップ」を搭載する等、ユニークな特徴を持つ。特徴として、トレモロアームやエフェクターなどを駆使して、奇抜な効果音を出すので有名である。最近では、手の動きにあわせてエフェクトがかかるSource Audio社製のワイヤレスエフェクター、Hot Handを使用している。ステージでも披露する「象の鳴き声」、「パックマン」、「深海ノイズ」等の擬音奏法は彼の得意技である。相方であるサム・トットマンと同様、速弾きが得意である。ハーマン・リ フレッシュアイペディアより)

  • 中村雅哉

    中村雅哉から見たパックマンパックマン

    1974年にアタリジャパン(旧社)を買収しアーケードゲーム事業に進出、1980年にリリースした『パックマン』が世界的大ヒットを記録。日本アミューズメントマシン協会(JAMMA)会長(後に名誉会長、最高顧問)等を歴任する。中村雅哉 フレッシュアイペディアより)

  • パックマンvs.

    パックマンvs.から見たパックマンパックマン

    ナムコの代表作である1人用アクションゲーム『パックマン』(以下オリジナル版)をマリオシリーズの産みの親として知られる任天堂の宮本茂が対戦ゲームにアレンジしたもので、プレイ人数は2人?4人。パックマンvs. フレッシュアイペディアより)

  • VAMPIRE HOLMES

    VAMPIRE HOLMESから見たパックマンパックマン

    2015年9月配信開始(Android版先行)。サブタイトルは「星屑の救世主」。バンダイナムコゲームスの「カタログIPオープン化プロジェクト」参加作でゲームソフト「パックマン」とのコラボ企画。山本シュウがパックマン役で出演する。VAMPIRE HOLMES フレッシュアイペディアより)

  • ミニゴルフ (コンピューターゲーム)

    ミニゴルフ (コンピューターゲーム)から見たパックマンパックマン

    今までは『パックマン』をはじめ、『ボスコニアン』までとする過去10作品はアーケードゲームから移植されたものだったが、本作だけはMSXパソコンならび家庭用ゲーム機初のオリジナルゲームとして発売。ナムコ初のゴルフゲームでもある。ミニゴルフ (コンピューターゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 慶野由利子

    慶野由利子から見たパックマンパックマン

    1984年:パックランド(パックマンのアメリカ版アニメからBGMを引用し、編曲)慶野由利子 フレッシュアイペディアより)

198件中 81 - 90件表示

「パックマン」のニューストピックワード