118件中 61 - 70件表示
  • パックマン

    パックマンから見たゲーマーズ

    パックまん - 中華まん。2010年1月13日発売。バンダイナムコとサークルKサンクスの共同開発で、パックマン30周年を記念した数量限定販売。生地を黄色と白にわけ、パックマンの形を再現している。パックマンのエサがクッキーであるとの設定の元、餡にクッキー風味のクリームと砕いたアーモンドを使用している。なお、ゲーマーズ開店初期の頃にもナムコからライセンスを受けた同名の菓子が発売されていたが、こちらは餡子が入った普通の饅頭である。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見たカラーズ 天使の消えた街

    カラーズ 天使の消えた街 - 1988年公開のアメリカ映画。主要人物の一人であるロサンゼルス市警察の捜査員が、使用している覆面パトカーの色が黄色であることから「パックマン」とあだ名される。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見たケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊

    ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊 - サポートキャラクターとしてパックマンが登場する。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見たゲーム&ウオッチ

    パックマンタイプのゲームでは数少ないゲーム&ウオッチ形液晶タイプのゲーム機。構造上迷路があまり広くできていない。面が進むとどんどんゲーム速度が上がっていき、後半面は極端に高速になる。迷路は縦長で左右非対称、道同士が擬似立体交差していたりするのが特徴。ワープトンネルは上下に繋がっており、時間で位置が変化する。開発者によれば当時300万台近い販売セールスを記録した、との事である。動きの速さから名人向けと評する意見もある。続編の「II」は内容は同じで、ボディカラーと価格のみ変更になった廉価版。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見た湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 2

    湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEシリーズ - 『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE』のみゲストレーサーとして登場した。『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 2』の海外版にも関連キャラクター(パックマン・モンスター)が登場。『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 3』以降ではゲストレーサーとして参加しないもののパックマンをモチーフとしたステッカーが登場。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見たストリートファイター X 鉄拳

    ストリートファイター X 鉄拳 - ゲストキャラクターとして参戦し、鉄拳シリーズのキャラクターである木人を模したロボットを操縦して戦う。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見たインストラクションカード

    コーヒーブレークデモの時にフルーツがランダムに出てくるので、インストラクションカードと併せて占いが出来る。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見たエースコンバット3D クロスランブル

    amiibo - 上記の『for』『マリオカート8』『エースコンバット3D クロスランブル』などに対応。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見た将棋

    4四歩パックマン - 将棋の奇襲戦法。4四歩を取ると逆に猛反撃されてしまう、というシチュエーションから命名。パックマン フレッシュアイペディアより)

  • パックマン

    パックマンから見たゲームセンターあらし

    ゲームセンターあらし - スペースインベーダーと同様、本ゲームが登場する。パックマン フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「パックマン」のニューストピックワード