前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • カーヌスティ・ゴルフリンクス

    カーヌスティ・ゴルフリンクスから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    2007年大会でも、首位を走っていたパドレイグ・ハリントン(アイルランド)がクリークに2度捕まり、ダブルボギーを叩いて首位から陥落し、誰もが悲劇の再来かと思った。しかし、最終組で首位に立ったセルヒオ・ガルシア(スペイン)が入れば優勝というパーパットを外しプレーオフに突入した。命拾いしたハリントンはガルシアをプレーオフで振り切り、死闘に決着をつけた。カーヌスティ・ゴルフリンクス フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ケーシー

    ポール・ケーシーから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    2006年、ケーシーはヨーロッパツアーで年間3勝を挙げ、賞金ランキングでパドレイグ・ハリントン(アイルランド)に続く2位に入った。彼はキャリアの早い時期から、ヨーロッパツアーとアメリカPGAツアーを掛け持ち参戦してきたが、2007年度のPGAツアー賞金ランキングで125位以内を確保し、2008年からアメリカツアーにフル参戦を開始した。2009年1月の「アブダビ・ゴルフ選手権」でヨーロッパツアー9勝目を獲得。2月末に行われた世界ゴルフ選手権シリーズ第1戦の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」で決勝戦に勝ち進み、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)に敗れて準優勝者になる。マスターズ前週の「シェル・ヒューストン・オープン」で、ケーシーは 11 アンダーパーで並んだJ・B・ホームズ(アメリカ)とのプレーオフを制し、アメリカツアー初優勝を達成した。これにより、彼の世界ランキングは6位に上がり、初めての世界トップ10入りを決めた。2009年5月の欧州ツアー・BMW PGA選手権優勝により、彼は世界ランキング3位に到達した。ポール・ケーシー フレッシュアイペディアより)

  • ハリントン

    ハリントンから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    パドレイグ・ハリントン - アイルランド出身のプロゴルファーハリントン フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ポールター

    イアン・ポールターから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    ポールターは2008年の全英オープンゴルフで2位に入り、この大会でゴルフメジャー大会自己最高成績を出した。彼のスコアは 7 オーバーパー(+7, 72+71+75+69=287ストローク)で、大会2連覇を達成したパドレイグ・ハリントン(アイルランド)と4打差の単独2位だった。この活躍が評価され、2008年ライダーカップのヨーロッパチームメンバーにキャプテンのニック・ファルドからの指名選手として選ばれた。イアン・ポールター フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ガルシア

    セルヒオ・ガルシアから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    2005年度はアメリカで「ブーズアレン・クラシック」、ヨーロッパで「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝があったが、その後3年間両ツアーとも優勝から遠ざかっていた。2007年の全英オープンでは、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)とのプレーオフに敗れて2位に終わる。2008年5月の「ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ」で3年ぶりの米国ツアー優勝を果たし、彼のゴルフは再び復調に向かう。その後全米プロゴルフ選手権で、初出場の1999年以来9年ぶりの2位に入ったが、優勝したハリントンに2打差をつけられて敗れた。この後ヨーロッパツアーで2つの優勝を加え、ガルシアは2008年11月9日付の世界ランキングで、ヨーロッパのゴルファーとしてコリン・モンゴメリー(スコットランド)以来12年ぶりの「2位」に食い込んだ。1セルヒオ・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • 深堀圭一郎

    深堀圭一郎から見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    2003年日本オープンで最終日7アンダーの猛チャージで5打差を逆転して優勝。2005年にも2勝をあげ、賞金ランキング3位に。2006年のダンロップフェニックストーナメントでは初日、試合における自身初のホールインワンもありタイガー・ウッズ、パドレイグ・ハリントンらと1打差の3位と好成績を残した。深堀圭一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    8月31日 - パドレイグ・ハリントン(アイルランド、ゴルフ)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    過去30年間には帝王ジャック・ニクラスをはじめ、ジョニー・ミラー、ヒューバート・グリーン、トム・ワトソン、セベ・バレステロス、クレイグ・スタドラー、ラリー・ネルソン、フレッド・カプルス、アーニー・エルス、グレグ・ノーマン、ビジェイ・シン、フィル・ミケルソン、レティーフ・グーセン、セルヒオ・ガルシア、デビッド・デュバル、パドレイグ・ハリントン、ルーク・ドナルド、タイガー・ウッズなど数々の世界のトッププレーヤーが参戦したトーナメントである(アメリカPGAツアーは11月初旬にシーズンオフに入るため、他の日本国内大会に比べて有名選手を招待しやすい時期でもある)。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

  • グレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマンから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    2008年、元女子プロテニスプレイヤーのクリス・エバートと再婚。その後に開催された全英オープンでは3日目まで首位にいながら、最終日にパドレイグ・ハリントンに逆転され3位に終わる。クリス・エバートとは2009年10月に離婚した。グレグ・ノーマン フレッシュアイペディアより)

  • ベン・カーティス

    ベン・カーティスから見たパドレイグ・ハリントンパドレイグ・ハリントン

    2008年の全米プロゴルフ選手権で、ベン・カーティスは5年ぶりにメジャー大会の優勝争いに加わり、セルヒオ・ガルシア(スペイン)と並んで2位タイに入った。彼のスコアは 1 アンダーパー(-1, 73+67+68+71=279ストローク)で、優勝したパドレイグ・ハリントン(アイルランド)に2打及ばなかった。9月の団体戦ライダーカップで、カーティスは初めてアメリカ代表選手に選出され、米国チームの勝利に貢献した。ベン・カーティス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「パドレイグ・ハリントン」のニューストピックワード