108件中 31 - 40件表示
  • カメラマン

    カメラマンから見たパパラッチパパラッチ

    雑誌・新聞などの画像素材の制作及び収集。写真スタジオに入り完璧な環境でグラビア撮影を行うこともあれば週刊誌のパパラッチのように極めて悪い環境下で行う場合もある。報道写真、スポーツ写真、芸能人と様々なものを被写体とする。報道写真撮影は記者の同行が伴う。有名な写真家は篠山紀信など。カメラマン フレッシュアイペディアより)

  • 私刑

    私刑から見たパパラッチパパラッチ

    犯罪事件などを中心に、主として、ワイドショー、週刊誌、ニュースショー、パパラッチなどによって、庶民感情の犯罪への憎悪や覗き見趣味を煽る形で事件にまつわる被害者、加害者を問わず、人間関係やプライバシーなどがマスメディアによって当事者の意向が無視された状態で一方的に流されてしまうことでプライバシーの侵害や名誉毀損が行われている状況の総称。私刑 フレッシュアイペディアより)

  • マデレーン (スウェーデン王女)

    マデレーン (スウェーデン王女)から見たパパラッチパパラッチ

    2001年6月にスウェーデンの高校を卒業し、ロンドンに語学留学したが、パパラッチに追いかけられ、中途で帰国した。2002年春からストックホルムで法律のコースを受講し、夏ごろからデザイン、ファッション、宣伝の分野で実際的な訓練を受けた。2003年1月からストックホルム大学に入学して美術史を専攻している。ドイツ語と英語に堪能で、中級程度のフランス語も話せる。マデレーン (スウェーデン王女) フレッシュアイペディアより)

  • セレブリティ

    セレブリティから見たパパラッチパパラッチ

    マルチェロ・マストロヤンニ主演・フェデリコ・フェリーニ監督で世界的大ヒットとなった「甘い生活」(1960年・イタリア)や、ウディ・アレンが監督を務めたハリウッド映画「セレブリティ」(1998年・アメリカ)で、セレブリティとその周辺に群がるパパラッチの生態が描かれている。セレブリティ フレッシュアイペディアより)

  • ラヴ・ネヴァー・ダイズ (ミュージカル)

    ラヴ・ネヴァー・ダイズ (ミュージカル)から見たパパラッチパパラッチ

    クリスティーヌ、ラウル、10歳の息子グスタフがニューヨークに到着し、パパラッチの集団に狙われる("Christine Disembarks")。3人は馬のない馬車で迎えに来たガングル、フレック、スケルチと共にコニーアイランドに向かう(“Are You Ready to Begin?”)。ラヴ・ネヴァー・ダイズ (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • ウェスト・ハリウッド

    ウェスト・ハリウッドから見たパパラッチパパラッチ

    著名人を追いかけるパパラッチの問題は常に発生しており、近隣で同様の問題を抱えるビバリーヒルズやロサンゼルスなどと会合がもたれている。Thirty Mile Zone と呼ばれる市域の南側数ブロックの各種スタジオが集まる地域がその中心地となっている。ウェスト・ハリウッド フレッシュアイペディアより)

  • FOR YOU (山下達郎のアルバム)

    FOR YOU (山下達郎のアルバム)から見たパパラッチパパラッチ

    結婚する前、テレビや雑誌のいわゆるパパラッチと呼ばれる芸能ゴロに追いかけられたことで出来た曲。山下の作品には珍しい曲調だが、こうした作品が作れたのもあの芸能ゴロたちのおかげと思えば、何が幸いするかわからないという。ボーカルにはディレイがかけられ、フェイド・アウト近くにピアノで「セックス・マシーン」、ギターで「黒くぬれ」の断片が出てくる。FOR YOU (山下達郎のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・フリント

    ラリー・フリントから見たパパラッチパパラッチ

    1972年3月、ラリーは自身のクラブの情報を掲載することを目的とした「ハスラー・ニュースレター」(Hustler Newsletter)を創刊した。創刊当時は黒白2色刷りの4枚程度の小さな雑誌に過ぎなかったが、客の間で好評を博し2ヵ月後の5月には16ページに増頁、そして1973年の8月には32ページにまで成長した。しかし、1973年の半ばからアメリカの景気が悪化したことによりクラブから客足が遠のきクラブ経営は壊滅的な打撃を被った。そのためラリーはハスラー・ニュースレター事業に軸足を移し、自身の店の宣伝雑誌からアメリカ全土をカバーするポルノ雑誌に転換することを決意した。そして1974年7月、ポルノ雑誌「ハスラー」(Hustler)を創刊した。創刊に必要な費用はハスラー・クラブの税金として納めるべき資金を充当してしまったため一歩間違えば刑務所送りとなるところであったが、創刊後2?3号はぱっとしなかったもののその後劇的な利益をあげるようになり刑務所送りにならずにすんだ。1974年11月にはハスラーは初めて女性器を露にした写真を掲載した。このような過激な雑誌であったこともあり、ラリーは雑誌を出すために雑誌の流通関係者も含め多くの敵を相手にしなくてはならず、市場からハスラーを締め出す圧力もかけられた。その後間もなく、ラリーはパパラッチから1971年に隠し撮りされたジャクリーン・ケネディ・オナシス(撮影当時41歳)のヌード写真を買取るようもちかけられ、それを1万8000ドルで買取し1975年8月号でこれを掲載した。当然のことながらこの号はアメリカのみならず全世界で注目を集め、発売後たったの2?3日で100万部が売れ、ラリーは一躍ミリオネアとなり37万5000ドルの豪邸を購入した。ラリー・フリント フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たパパラッチパパラッチ

    パートナーや子供の姿が判明するのは所属クラブのパーティーや優勝後のセレモニー、自分やチームメイトの結婚式などの場合である。FIFAバロンドールの授賞式でも近年はパートナーと同伴している出席者もいる(2013年の授賞式でのクリスティアーノ・ロナウドはロシア人スーパーモデルの恋人イリーナ・シェイクだけでなく当時3歳の息子や姉達と兄、母親など親族も出席していた)。ドイツのバイエルン・ミュンヘンの関係者達は10月のオクトーバー・フェストにパートナーとの参加が毎年決まっている為、その時に判明する場合が多い。(この時は双方共に民族衣装着用)マンチェスター・ユナイテッドの場合は毎年11月頃にユニセフとのディナー・イベントを開いておりパートナー同伴で出席している関係者もおりこの時にパートナーがわかる場合がある。私生活ではバカンス中やデート中などのパパラッチ写真でわかる。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • 写真週刊誌

    写真週刊誌から見たパパラッチパパラッチ

    FF時代〜3FET時代には、写真週刊誌を発行する編集部同士の競争意識から、俗に「追っかけ」と呼ばれる芸能人の活動に全国各地、果ては海外にまで行ってしまうようなマニア(ないしアイドルおたく)といったアマチュアが撮影した写真の持ち込みを買い取ったり、プロカメラマン崩れや探偵の副業的な「一発屋(パパラッチ)」と呼ばれる、写真週刊誌にえげつない写真を売り込んで生計を立てる業態が発生した。写真週刊誌 フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示

「パパラッチ」のニューストピックワード