96件中 51 - 60件表示
  • ヘンリー・オブ・ウェールズ

    ヘンリー・オブ・ウェールズから見たパパラッチパパラッチ

    2008年には泥酔しパパラッチと乱闘騒ぎを起こしたことがある。ヘンリー・オブ・ウェールズ フレッシュアイペディアより)

  • パンチアウト!!

    パンチアウト!!から見たパパラッチパパラッチ

    猪突猛進な性格。ちなみにムービーではパパラッチに憤慨し追い出すシーンがある。伝統である突進攻撃「ブルチャージ」は健在。チャージ時には蒸気機関車のごとく鼻から湯気を噴き、身体を真っ赤にして突進してくる。だが、今回は当たるまで何度も続けるのではなく、3?4回までになっている。パンチアウト!! フレッシュアイペディアより)

  • 魔人探偵脳噛ネウロの犯罪者

    魔人探偵脳噛ネウロの犯罪者から見たパパラッチパパラッチ

    ハンディーカメラを片手に情報を集めるフリーライター。過激なパパラッチで報道の自由を勘違いしており、「有名人はマスコミに有名税を払う義務がある」をモットーに、ヤラセや中傷的なデマを出した過剰報道で多くの芸能人・文化人を失脚させ、時には自殺に追い込んできた(本人は撮り殺すと表現していた)。右目はなぜかカメラのレンズと一体化しており、眼球剥き出しになっている(後に怪盗XがHAL?をコピーした時に、同じように眼球を変化させている)。弥子に笑顔で強引な取材を試みたが、たまたま現場にいた吾代に殴られ本性を現し、弥子たちを撮り殺そうとしたが失敗。ネウロの制裁を受け、目をあけると自分が無数の目に見られている状態になり、パニックに陥った。その挙句、通りかかった怪盗Xに殺され、“箱”にされた(その箱は彼が出入りしている出版社に送られたが、望月と早坂の会話から行方不明扱いになっている様子)。なお、豹変して本性を現した後、マスコミ対策としてネウロからの制裁を受けはしたが、厳密にはネウロが解決した事件の犯人という訳ではなく謎も喰われていない(そもそもネウロ達は彼が過去に行った犯罪を全く知らない)。魔人探偵脳噛ネウロの犯罪者 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム (ケンブリッジ公)

    ウィリアム (ケンブリッジ公)から見たパパラッチパパラッチ

    学生時代に知り合ったキャサリン(ケイト)・ミドルトンと交際を開始、食事会に誘うなどして交流を深め、2011年4月に結婚した(後述)。交際期間においては、2007年1月彼女をパパラッチが執拗に追い掛け回しているのに激怒していると報道がされ、パパラッチに追い掛け回された母の二の舞にならないかと心配するなどしていた。これを受けて英最大発行部数の大衆紙『ザ・サン』などを発行する「ニューズ・インターナショナル社」は、個人のプライバシーを守るという理由でパパラッチからの写真は掲載しない方針を決めた。ウィリアム (ケンブリッジ公) フレッシュアイペディアより)

  • テイラー・スウィフト

    テイラー・スウィフトから見たパパラッチパパラッチ

    歌手・女優のセレナ・ゴメスとは親友の仲であり、一緒に出かけているところをよくパパラッチされている。2人はお互いに姉妹みたいと言っている。他にも女優のエマ・ストーンや歌手のケイティ・ペリー、パラモアのヘイリー・ウィリアムスと仲が良い。テイラー・スウィフト フレッシュアイペディアより)

  • ファックサイン

    ファックサインから見たパパラッチパパラッチ

    レディー・ガガ - 2010年8月、休日に友人たちと野球観戦を楽しんでいたところをパパラッチが隠し撮りをしていることに気付き、カメラマンに向けてファックサインを出した。この時ガガは泥酔しており、ファックサインを出したことについて全く覚えていないと言い、インタビューで「記事を見たパパに2年振りに『お行儀が悪い』と叱られました。」と述べ、パパラッチに謝罪した。ファックサイン フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)

    キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)から見たパパラッチパパラッチ

    2007年4月14日、英大衆紙「サン」はウィリアムとキャサリンの関係が突如破局したと報じた。理由に関しては定かではないが、BBCの王室担当記者は「2人の仲は問題はないように思えたので驚きだ」と語り、「王子は結婚はまだ早すぎると話していたが、王子の決断というよりは2人で合意したことだろう」と指摘した。一部メディアは破局の一因としてパパラッチの問題や、中流階級であるキャサリンおよびキャサリンの母親の言動を挙げ、階級差を指摘し王室に相応しくないと報じるマスコミの存在を指摘している。キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • ジャクリーン・ケネディ・オナシス

    ジャクリーン・ケネディ・オナシスから見たパパラッチパパラッチ

    パパラッチがギリシャの島でジャクリーンの裸を盗撮し、ハスラー誌の出版者ラリー・フリントはその写真を買い取り1975年8月号でそれを公表したこともあった。これは彼女とケネディ一族を非常に当惑させた。ジャクリーン・ケネディ・オナシス フレッシュアイペディアより)

  • デッドライジング

    デッドライジングから見たパパラッチパパラッチ

    ゾンビがショッピングモールへ突入した際、生存者に守衛室への避難を促していた黒人男性。46歳。正体はアメリカ国土安全保障省(DHS)のエージェントで、ある人物を保護するためにモールへとやって来た。寡黙な男で任務に忠実だが、避難民を保護するために食料や毛布を調達するなど、気のいい一面も見せる。最初はフランクをパパラッチ呼ばわりし、煙たがっていたが、共に協力するうちに信頼関係が生まれている。デッドライジング フレッシュアイペディアより)

  • ライク・ア・プレイヤー

    ライク・ア・プレイヤーから見たパパラッチパパラッチ

    また、マドンナの私生活にも大きな変化が訪れる。この年、4年間続いた俳優ショーン・ペンとの離婚である。すでにメディアでは何度も伝えられていたショーンの激しい気性、一度はパパラッチを殴った後逮捕されるなど、結婚生活には衝撃的な出来事が続いていた。マドンナをとり囲む異様なまでのメディアの関心、それによるプライバシーの侵害は、後にショーンが語ったように結婚破綻の一因だと言われている。こうした出来事の中制作された、「ライク・ア・プレイヤー」はこれまでになく、マドンナの当時の心境を明かした告白的なアルバムである。 ライク・ア・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「パパラッチ」のニューストピックワード