108件中 61 - 70件表示
  • エドワード (ウェセックス伯爵)

    エドワード (ウェセックス伯爵)から見たパパラッチパパラッチ

    2006年、甥であるウィリアム王子のパパラッチ対策として結ばれたマスコミと王室の紳士協定を破り、自社の番組でウィリアム王子の学生時代の映像を独占的に流したことで、王族としての特権を利用したとして非難されたことから、社長を引責辞任した。エドワード (ウェセックス伯爵) フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)

    キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)から見たパパラッチパパラッチ

    2007年4月14日、英大衆紙「サン」はウィリアムとキャサリンの関係が突如破局したと報じた。理由に関しては定かではないが、BBCの王室担当記者は「2人の仲は問題はないように思えたので驚きだ」と語り、「王子は結婚はまだ早すぎると話していたが、王子の決断というよりは2人で合意したことだろう」と指摘した。一部メディアは破局の一因としてパパラッチの問題や、中流階級であるキャサリンおよびキャサリンの母親の言動を挙げ、階級差を指摘し王室に相応しくないと報じるマスコミの存在を指摘している。キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・オブ・ウェールズ

    ヘンリー・オブ・ウェールズから見たパパラッチパパラッチ

    2008年には泥酔しパパラッチと乱闘騒ぎを起こしたことがある。ヘンリー・オブ・ウェールズ フレッシュアイペディアより)

  • ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

    ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)から見たパパラッチパパラッチ

    ダイアナの伝記を書いたは「ポールも、ドディも納得して車に乗ったのだし、パパラッチのバイクや車が猛スピードで走行し、状況が刻一刻と変化していた。そういう中で事前に事故を計画したグループが存在したかのように語るのは、かなりのつじつま合わせが必要となるだろう」と述べている。ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ) フレッシュアイペディアより)

  • コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ)

    コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ)から見たパパラッチパパラッチ

    民間の精神科病院「リーセ・ホルム」の院長。神経病が悪化したラウラが極秘入院することになった、精神科病院を執り仕切るトップ。最初は寛容だったが、その後の入院発覚によるマスコミのしつこい取材とパパラッチ行為にウンザリし、他の児童への悪影響も考慮し、ビアギッテ元夫妻に対し、ラウラを他の精神科病院に移すように要請してしまう。しかしその後、ビアギッテが首相業務を休職するとそれで許容し、ラウラをまた「リーセ・ホルム」に入院させ続けることを許可する。コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • フィアット・ウーノ

    フィアット・ウーノから見たパパラッチパパラッチ

    ダイアナ元妃が事故死した際、追走していたパパラッチは白いフィアット・ウーノに乗っていたという証言がある。しかしながら確証は取れていない。フィアット・ウーノ フレッシュアイペディアより)

  • スズノネセブン!

    スズノネセブン!から見たパパラッチパパラッチ

    学園内で様々な写真を盗撮同然に撮影しており、よくすみれの「スズスポ!」に写真を提供している。すみれの追っている記事を本能で察知しパパラッチしているが、勢いですみれのポリシーの範囲から逸脱することもあり、時折ケンカ(当人達曰く「戦争」)になったりもする。そうした姿が学内や街中でよく見られる一方、本を求めて世界中を飛び回り、図書館でも司書として普通に仕事をしていたりと祖父に負けない超人振りと神出鬼没さも持ち合わせる。スズノネセブン! フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ピット

    ブラッド・ピットから見たパパラッチパパラッチ

    アニストンとの離婚危機の間、『Mr.&Mrs. スミス』の共演であるアンジェリーナ・ジョリーとの接近がメディアで注目を集めた。ピットは、不貞の噂を否定しつつ、セットでジョリーと「恋に落ちた」ことを認めた。アニストンが離婚を申請してから1か月後の2005年4月、パパラッチによりケニアのビーチでピットとジョリーと彼女の息子のマドックスらしき姿が写され、両者の関係の証拠であるとマスコミに解釈された。2005年夏になると2人で居る姿は頻繁に目撃され、芸能メディアではこのカップルは「」と呼ばれた。2006年1月11日、『ピープル』誌にてジョリーは初めて自らの関係を公に認め、ピットの子供を妊娠していることを明かした。ブラッド・ピット フレッシュアイペディアより)

  • ごくせん (テレビドラマ)

    ごくせん (テレビドラマ)から見たパパラッチパパラッチ

    「週刊ウェンズデー」編集者で、熱血シリーズの担当記者。ヤンクミの正体を公にした張本人である。事実をありのままに伝えるのが記者としての仕事と言っているが、実際はスクープやスキャンダルには大喜びで寄って来るパパラッチ的人物である。ヤンクミの暴言を3Dの前で言い、クマに胸倉を掴まれただけで呼吸が荒くなっていた。ごくせん (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • アヴリル・ラヴィーン

    アヴリル・ラヴィーンから見たパパラッチパパラッチ

    パパラッチが大嫌いで、「パパラッチは人間のクズ」などと非難したことがある。2006年9月にナイトクラブから出てきて写真を撮るパパラッチに夫婦揃って、唾をかけた。パパラッチがこれに激怒して記事に書き立てたのが原因で大問題に発展してしまい、後にアヴリルはパパラッチに謝罪の言葉を述べたが、その後「2年前からやっていることなのに、あの時だけ大事件になった」と発言した。アヴリル・ラヴィーン フレッシュアイペディアより)

108件中 61 - 70件表示

「パパラッチ」のニューストピックワード