96件中 81 - 90件表示
  • ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

    ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)から見たパパラッチパパラッチ

    1997年8月31日に、フランスの首都のパリで、当時の恋人であるエジプト系イギリス人の大富豪のドディ・アルファイドとともにパパラッチに追跡された果てに、乗車したパリのリッツ・ホテルのメルセデスベンツS280のハイヤーがパリ市内のトンネル内で交通事故を起こし急逝した。36歳という若さであった。ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ) フレッシュアイペディアより)

  • エルトン・ジョン

    エルトン・ジョンから見たパパラッチパパラッチ

    最近は、ミュージシャンとしての活動そのものよりも、かつて親交が深かったジョージ・マイケルやマドンナといった他の歌手への批判、中華民国のパパラッチに対する暴言など、過激な言動や奇行などが取り沙汰されることが多い。また2005年には、イギリスで同性同士の準婚関係を認めるシヴィル・パートナーシップ法の制定を機に、15年来のパートナーだったデヴィッド・ファーニッシュと男性同士で同契約を結び、事実上「結婚」したことも大きな話題を呼んだ。エルトン・ジョン フレッシュアイペディアより)

  • 怪盗セイント・テール

    怪盗セイント・テールから見たパパラッチパパラッチ

    芽美達のクラスメート。新聞部所属。スクープと捏造を好む困ったパパラッチ少年。初登場時(原作通算第12話)セイント・テールに酷い目に遭わされたため、彼女を目の敵にしている。セイント・テールの関係で新聞部の活動を見学した芽美に好意を持ち、以来絶えずアタックするようになる。一応アスカJr.の恋敵で彼のことは自分よりも目立つことが多いことや芽美のこと等があり、あまり良い印象を抱いていない。女子を前にすると笑顔を絶やさぬ好少年に変わるため、女子からの人気は高い。しかし、彼が本来キザな陰謀屋であることを知るクラスメートも多く、一部(一例として高宮リナ)から「サルワタリ」と呼ばれている。後半からは聖良にも好意を持つようになる。芽美とアスカJr.の関係が確定化してからは失恋のショック期間を経て立ち直り、恋愛対象を聖良に切り替える。また、リナから殴られるようになった。8年後、プロのカメラマンになる。原作の第7巻の番外編では、真人と聖良の恋愛ストーリーがあった。誕生日は12月8日。血液型はO型。怪盗セイント・テール フレッシュアイペディアより)

  • 魔法の天使クリィミーマミ

    魔法の天使クリィミーマミから見たパパラッチパパラッチ

    パパラッチのフリーカメラマン。チンピラ風の男で白いジャケットの上下と赤いシャツを着用し、頭にはソフト帽をかぶっている。魔法の天使クリィミーマミ フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

    キャサリン・ゼタ=ジョーンズから見たパパラッチパパラッチ

    彼女は自身の子育てについてしばしば発言をしている。パパラッチを怖れて、子供を公園に連れて行けないことを発言し、マスコミの取材の自粛を求めた。また、夫の出演映画に暴力や性描写が多いことから、「子供達には成人するまで見せない」と発言している。キャサリン・ゼタ=ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マデレーン (スウェーデン王女)

    マデレーン (スウェーデン王女)から見たパパラッチパパラッチ

    2001年6月にスウェーデンの高校を卒業し、ロンドンに語学留学したが、パパラッチに追いかけられ、中途で帰国した。2002年春からストックホルムで法律のコースを受講し、夏ごろからデザイン、ファッション、宣伝の分野で実際的な訓練を受けた。2003年1月からストックホルム大学に入学して美術史を専攻している。ドイツ語と英語に堪能で、中級程度のフランス語も話せる。マデレーン (スウェーデン王女) フレッシュアイペディアより)

  • 甘い生活 (映画)

    甘い生活 (映画)から見たパパラッチパパラッチ

    パパラッチ - 本作以降、有名人や芸能人をつけまわし、その人の私生活や個人的なことまで記事として情報誌や新聞などに売って生計を立てているカメラマンを登場人物パパラッツォの複数形として呼ぶようになった。甘い生活 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ヒラリー・ダフ

    ヒラリー・ダフから見たパパラッチパパラッチ

    ヒラリーが最初にパパラッチされたのは2002年15歳の時、『リジー&Lizzie』のクリスマス特番にカメオ出演した歌手アーロン・カーターとであった。関係は1年半ほど続いたが、アーロンが当時ヒラリーの親友であったリンジー・ローハンと二股をかけていたため破局。ヒラリーは大変なショックを受けたが、アーロンは「Sorry」の一言で終わったとされる。この事件以降ヒラリーとリンジー・ローハンは犬猿の仲だったが、現在は互いを認め合う戦友。パリス・ヒルトンを称える発言も多々ある。ヒラリー・ダフ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年

    1997年から見たパパラッチパパラッチ

    たまごっち(バンダイ)、「時のアセス(assessment)」(公共事業)、ガーデニング、日本版ビッグ・バン(金融)、「透明な存在」(酒鬼薔薇事件、週刊誌フォーカス)、「もののけ姫」(宮崎駿)、パパラッチ(ダイアナ妃事故)、「マイブーム」(漫画家みうらじゅん)、「郵政3事業」(当時厚生大臣小泉純一郎)1997年 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード8世 (イギリス王)

    エドワード8世 (イギリス王)から見たパパラッチパパラッチ

    退位後は、弟のヨーク公が「ジョージ6世」として即位した。元国王エドワードはオーストリアへ渡り、退位後の行動を嗅ぎ回るパパラッチから身を守るために、イギリス政府が用意したスイスのチューリッヒにあるホテルではなく、祖父の代から親密な関係にあったロスチャイルド家によって準備された、ウィーン郊外のエンツェスフェルト城において、退位から2日後の12月13日より隠遁生活を始めた。その後はフランスへ渡り、翌1937年3月8日に「ウィンザー公」の称号を与えられた。エドワード8世 (イギリス王) フレッシュアイペディアより)

96件中 81 - 90件表示

「パパラッチ」のニューストピックワード