41件中 21 - 30件表示
  • パパラッチ

    パパラッチから見たフランス

    一部の国(特にヨーロッパ)とアメリカ合衆国の一部の州ではパパラッチの夜間外出禁止令を可決したり、パパラッチが自由に撮影できるイベントを設けることでパパラッチの活動を制限しようとしている。ノルウェー、ドイツ、フランスなどではパパラッチが撮影した写真をメディアで公開する際は、撮影された人の許可を得なければならない。パパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見た携帯電話

    携帯電話でも画質の良い写真が撮れるようになり、カメラの軽量化・小型化により普段カメラを持ち歩くことも珍しくなくなったため、民間人がスクープ写真を撮ることも可能となった。近年はこのような現象をさして「市民ジャーナリスト(citizen journalist)」という言葉も生まれた。また、スクープ写真を撮る民間人を指して「スナパラッチ(snaparazzi)」(「スナップ写真」と「パパラッチ」を合わせた造語)という。パパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見た週刊ヤングジャンプ

    『盗撮影手パパラッチ』(小池一夫・柳澤一明、1991年 - 1994年、集英社『週刊ヤングジャンプ』連載)パパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見たイギリス

    フェデリコ・フェリーニが監督した映画『甘い生活』(1960年)に登場する報道カメラマンでウォルター・サンテッソが演じたパパラッツォ(Paparazzo)が由来。paparazzoを一般名詞として複数形にしたのがpaparazziである。ロバート・ヘンドリクソンは著書『Word and Phrase Origins』の中でフェリーニは特に腹立たしい雑音として「やぶ蚊」を意味するイタリアの方言から取ったと記述している。フェリーニは学生時代に早口で話すために「パパラッチ(蚊)」とあだ名を付けられていた男子を覚えていた。一方、脚本家のエンニオ・フライアーノはフェリーニとのインタビューで、イギリスの小説家ジョージ・ギッシングの1901年の作品『イオニア海のほとり』に登場するホテル経営者パパラッツォからとったと語っている。フェリーニとフライアーノのどちらかが、無作為に本を開き、たまたま目に付いたその名前を映画の中の写真家の名前として使うことを決めたという。パパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見たメディアスクラム

    メディアスクラム(集団的過熱取材)パパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見た方言

    フェデリコ・フェリーニが監督した映画『甘い生活』(1960年)に登場する報道カメラマンでウォルター・サンテッソが演じたパパラッツォ(Paparazzo)が由来。paparazzoを一般名詞として複数形にしたのがpaparazziである。ロバート・ヘンドリクソンは著書『Word and Phrase Origins』の中でフェリーニは特に腹立たしい雑音として「やぶ蚊」を意味するイタリアの方言から取ったと記述している。フェリーニは学生時代に早口で話すために「パパラッチ(蚊)」とあだ名を付けられていた男子を覚えていた。一方、脚本家のエンニオ・フライアーノはフェリーニとのインタビューで、イギリスの小説家ジョージ・ギッシングの1901年の作品『イオニア海のほとり』に登場するホテル経営者パパラッツォからとったと語っている。フェリーニとフライアーノのどちらかが、無作為に本を開き、たまたま目に付いたその名前を映画の中の写真家の名前として使うことを決めたという。パパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見たナイトクローラー

    ナイトクローラー』(2014年、アメリカ)パパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見たパパラッツィ

    パパラッツィ』(1963年、フランス) ジャック・ロジエ監督でジャン=リュック・ゴダール監督、ブリジッド・バルドー主演の『軽蔑 (1963年の映画)』の顛末を描いたドキュメンタリーパパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見たイタリア語の文法

    フェデリコ・フェリーニが監督した映画『甘い生活』(1960年)に登場する報道カメラマンでウォルター・サンテッソが演じたパパラッツォ(Paparazzo)が由来。paparazzoを一般名詞として複数形にしたのがpaparazziである。ロバート・ヘンドリクソンは著書『Word and Phrase Origins』の中でフェリーニは特に腹立たしい雑音として「やぶ蚊」を意味するイタリアの方言から取ったと記述している。フェリーニは学生時代に早口で話すために「パパラッチ(蚊)」とあだ名を付けられていた男子を覚えていた。一方、脚本家のエンニオ・フライアーノはフェリーニとのインタビューで、イギリスの小説家ジョージ・ギッシングの1901年の作品『イオニア海のほとり』に登場するホテル経営者パパラッツォからとったと語っている。フェリーニとフライアーノのどちらかが、無作為に本を開き、たまたま目に付いたその名前を映画の中の写真家の名前として使うことを決めたという。パパラッチ フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ

    パパラッチから見たノルウェー

    一部の国(特にヨーロッパ)とアメリカ合衆国の一部の州ではパパラッチの夜間外出禁止令を可決したり、パパラッチが自由に撮影できるイベントを設けることでパパラッチの活動を制限しようとしている。ノルウェー、ドイツ、フランスなどではパパラッチが撮影した写真をメディアで公開する際は、撮影された人の許可を得なければならない。パパラッチ フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「パパラッチ」のニューストピックワード