662件中 71 - 80件表示
  • ラバーラバ

    ラバーラバから見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    似たような服装としてパプアニューギニアや南太平洋で着用されるラップラップがある。ラバーラバ フレッシュアイペディアより)

  • ゴホンツノカブト属

    ゴホンツノカブト属から見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    パプアニューギニアに生息する。名前通り頭部の角と胸部の角が二本の計三本で、アトラスオオカブトに近い形状だが、胸部の角には鋸状に細かいでこぼこの突起が並んでいる。ゴホンツノカブト属 フレッシュアイペディアより)

  • シマアジ (鳥)

    シマアジ (鳥)から見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    ユーラシア大陸北部から中部で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸、東南アジア、インド、パプアニューギニアなどへ南下し越冬する。日本では渡りの途中に飛来し(旅鳥)、北海道で少数が繁殖し八重山列島で少数が越冬する。シマアジ (鳥) フレッシュアイペディアより)

  • オオリュウキュウガモ

    オオリュウキュウガモから見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    熱帯および亜熱帯のオーストラリア、フィリピン、ボルネオ島、インドネシア、パプアニューギニア、太平洋諸島に分布する。オオリュウキュウガモ フレッシュアイペディアより)

  • テルマテリナ科

    テルマテリナ科から見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    テルマテリナ科()は、インドネシアのスラウェシ島(セレベス島)、パプアニューギニアのミソール島、ワイゲウ島などに分布し、すべて淡水性。5属17種からなる。テルマテリナ科 フレッシュアイペディアより)

  • キウンガ属

    キウンガ属から見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    キウンガ属(学名:)は、プセウドムギル科の属の一つ。パプアニューギニアの固有種。キウンガ属 フレッシュアイペディアより)

  • サンビア族

    サンビア族から見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    サンビア族(サンビアぞく、英語:Sambia tribe)は、パプアニューギニアの一部族。アメリカの人類学者Gilbert Herdtにより研究が行われた。サンビア族 フレッシュアイペディアより)

  • EMI MARIA

    EMI MARIAから見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    1987年6月9日、パプアニューギニアで生まれる。父はパプアニューギニア人、母は日本人。姉、兄、弟がいる。5歳までパプアニューギニアで過ごし、その後、神戸市に移住。EMI MARIA フレッシュアイペディアより)

  • ヒリモツ語

    ヒリモツ語から見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    ヒリモツ語(Hiri Motu, Police Motu, Pidgin Motu)は、ピジン言語である。ヒリモツ語は、パプアニューギニアの公用語の一つである。ヒリモツ語 フレッシュアイペディアより)

  • 第51師団 (日本軍)

    第51師団 (日本軍)から見たパプアニューギニアパプアニューギニア

    1943年(昭和18年)1月2日に東部ニューギニアのブナの日本軍が玉砕し、師団は連合国軍の次の目標地であろうラエを守るべく2月28日にラバウルを出航した(八十一号作戦)。しかし、3月2日・3日にダンピール海峡で連合軍の空襲を受け、輸送船8隻すべてと駆逐艦4隻が撃沈されダンピールの悲劇といわれる多大な犠牲を出した(ビスマルク海海戦)。その後小規模に分かれた舟艇や駆逐艦による輸送により上陸した1個連隊ほどの兵員もラエ・サラモアの戦いに敗れ、サラワケット越えを敢行しての撤退は悲惨を極め、さらに連合国軍の飛び石作戦に翻弄され飢餓との戦いを続け、約16,000名の人員が終戦時には2,754名であった。第51師団 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

662件中 71 - 80件表示

「パプアニューギニア」のニューストピックワード