前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たケビン・ラッド

    外交においては、旧宗主国であり、現在でも最大の援助国であるオーストラリアとの関係が最重要であるが、近年、オーストラリアから派遣の警察官のパプアニューギニアにおける治外法権が違憲と判決されて即時撤退を余儀なくされたり(ECPの撤退)、オーストラリアの依頼によってポートモレスビーで逮捕された隣国ソロモン諸島の検事総長を夜間、軍用機でソロモンまで逃がした事件(モティ事件)などの問題で関係がこじれていた。2007年12月にオーストラリアで誕生したラッド政権は関係改善に取り組み、就任早々の2008年3月、ラッド首相のパプアニューギニアへの公式訪問が実現した(なお、前任のハワード前首相は11年の任期の内で一度もパプアニューギニアへの公式訪問が無かった)。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たジョン・ハワード

    外交においては、旧宗主国であり、現在でも最大の援助国であるオーストラリアとの関係が最重要であるが、近年、オーストラリアから派遣の警察官のパプアニューギニアにおける治外法権が違憲と判決されて即時撤退を余儀なくされたり(ECPの撤退)、オーストラリアの依頼によってポートモレスビーで逮捕された隣国ソロモン諸島の検事総長を夜間、軍用機でソロモンまで逃がした事件(モティ事件)などの問題で関係がこじれていた。2007年12月にオーストラリアで誕生したラッド政権は関係改善に取り組み、就任早々の2008年3月、ラッド首相のパプアニューギニアへの公式訪問が実現した(なお、前任のハワード前首相は11年の任期の内で一度もパプアニューギニアへの公式訪問が無かった)。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た東南アジア諸国連合

    1976年、陸続きで国境が隣接するインドネシアが加盟しているASEAN閣僚会議にオブザーバーとして初参加し、1981年には特別オブザーバーの地位を得ている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たマイケル・ソマレ

    1949年、オーストラリアは南東部と北東部を一行政単位に統合して「パプアニューギニア」とした。1964年、自治政府初の選挙が行われ、54名が当選、1968年、自治政府2回目の選挙で、84名が当選。同年、禁酒法が廃止となる。1971年 自治政府が、国旗、国歌、国章などを採択。1972年、第3回自治政府選挙で100名が当選。この選挙で、マイケル・ソマレが連立政権を樹立。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た太平洋戦争

    1941年からの太平洋戦争では、日本軍が1942年1月22日、ニューブリテン島ラバウルに上陸、ニューブリテン、ニューアイルランド、ブーゲンビルなどの島嶼部やニューギニア本島の北岸を占領し、ポートモレスビー攻略を狙った。しかし、1942年5月に行われた珊瑚海海戦の結果、海からのポートモレスビー攻略を諦め、1942年8月にはソロモン海岸からオーエン・スタンレー山脈越えでポートモレスビーを陸路攻略する、と言う作戦が実行された。ここでも飢えとマラリアの為に多くの死者を出して撤退し、その後、制海権、制空権を失い補給を絶たれたニューギニアの日本軍は、「ジャワの極楽、ビルマの地獄、死んでも帰れぬニューギニア」と謡われた凄惨な戦場となった。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たマラリア

    1941年からの太平洋戦争では、日本軍が1942年1月22日、ニューブリテン島ラバウルに上陸、ニューブリテン、ニューアイルランド、ブーゲンビルなどの島嶼部やニューギニア本島の北岸を占領し、ポートモレスビー攻略を狙った。しかし、1942年5月に行われた珊瑚海海戦の結果、海からのポートモレスビー攻略を諦め、1942年8月にはソロモン海岸からオーエン・スタンレー山脈越えでポートモレスビーを陸路攻略する、と言う作戦が実行された。ここでも飢えとマラリアの為に多くの死者を出して撤退し、その後、制海権、制空権を失い補給を絶たれたニューギニアの日本軍は、「ジャワの極楽、ビルマの地獄、死んでも帰れぬニューギニア」と謡われた凄惨な戦場となった。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た火山

    ニューギニア島中央部は3000メートルから4500メートル級のビスマーク山脈およびオーエンスタンレー山脈となっている。最高峰はウィルヘルム山(標高4,509m)。赤道に近いが降雪がある。高山部分以外は熱帯雨林に覆われており、セピク川とフライ川を囲んで湿地が広がる。島嶼部も含め、海岸にはサンゴ礁が発達している。なお、ニューブリテン島などは火山島である。地質的にはいくつものプレートが衝突するエリアに位置するため、地震も頻発する。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たGDP

    IMFによると、2011年のGDPは126億ドルであり、鳥取県のおよそ2分の1の経済規模である。一人当たりのGDPは1,900ドルであり、世界平均のおよそ20%の水準である。2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は334万人と推定されており、国民の過半数を占めている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た傭兵

    1988年にブーゲンビル島(ブーゲンビル自治州)でを中心とするグループが、の銅山(リオ・ティント傘下のBougainville Copper Ltdが所有)の閉鎖、ブーゲンビルの分離・独立(:en:Republic of the North Solomons)を求めてブーゲンビル革命軍(BRA)を構成し、鎮圧を試みた政府軍との間に内戦が始まった。1992年にはソロモン諸島 ショートランド諸島を、革命軍(BRA)への支援を理由に政府軍を攻撃した。当初、容易に鎮圧可能と見られていたブーゲンビル紛争は長期化、休戦、再開を繰り返し、1997年には紛争鎮圧を狙って雇ったイギリスの傭兵部隊の存在が国外のメディアでリークされ、現役軍司令官が(陳仲民)首相の退陣を求めてクーデター騒ぎを起こし、全国で戒厳令が発令されるなど泥沼化した(サンドライン・クライシス, :en:Sandline affair)。2001年8月30日に武器の放棄、紛争中の戦争犯罪に対する恩赦、ブーゲンビル自治政府の容認、将来のパプアニューギニアからの独立に関しては住民投票で決定する、などの条項を盛り込んだ「ブーゲンビル平和協定」がアラワで調印され、平和への歩みが再開された。2005年にはブーゲンビル自治領で初の大統領選挙が行われ、元ブーゲンビル革命軍のジョセフ・カブイが初代大統領に就任した。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た国際通貨基金

    IMFによると、2011年のGDPは126億ドルであり、鳥取県のおよそ2分の1の経済規模である。一人当たりのGDPは1,900ドルであり、世界平均のおよそ20%の水準である。2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は334万人と推定されており、国民の過半数を占めている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「パプアニューギニア」のニューストピックワード