117件中 91 - 100件表示
  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たパプアニューギニアの国旗

    1975年9月16日、独立の丘でオーストラリアの国旗が降ろされ、パプアニューギニア国旗が翻るという儀式を経て、「パプアニューギニア独立国」として独立した。それまでの自治政府議会が国会となり、初代首相マイケル・ソマレは紛争を行うことなく平和的に独立を成し遂げた独立の父として「チーフ」と呼ばれて現在でも崇められており、通貨(50キナ札)にもその肖像画が描かれている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たラオ・ブレリ族

    住民は多様な民族から成っており、主にメラネシア人、パプア人、ネグリト人、ミクロネシア人、ポリネシア人などで構成される。その他にもクカクカ族、ラカライ族、ラオ・ブレリ族、エレマ族、:en:Huli people、:en:Asaro Mudmenなど多数の少数民族が存在する。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た戒厳令

    1988年にブーゲンビル島(ブーゲンビル自治州)でを中心とするグループが、の銅山(リオ・ティント傘下のBougainville Copper Ltdが所有)の閉鎖、ブーゲンビルの分離・独立(:en:Republic of the North Solomons)を求めてブーゲンビル革命軍(BRA)を構成し、鎮圧を試みた政府軍との間に内戦が始まった。1992年にはソロモン諸島 ショートランド諸島を、革命軍(BRA)への支援を理由に政府軍を攻撃した。当初、容易に鎮圧可能と見られていたブーゲンビル紛争は長期化、休戦、再開を繰り返し、1997年には紛争鎮圧を狙って雇ったイギリスの傭兵部隊の存在が国外のメディアでリークされ、現役軍司令官が(陳仲民)首相の退陣を求めてクーデター騒ぎを起こし、全国で戒厳令が発令されるなど泥沼化した(サンドライン・クライシス, :en:Sandline affair)。2001年8月30日に武器の放棄、紛争中の戦争犯罪に対する恩赦、ブーゲンビル自治政府の容認、将来のパプアニューギニアからの独立に関しては住民投票で決定する、などの条項を盛り込んだ「ブーゲンビル平和協定」がアラワで調印され、平和への歩みが再開された。2005年にはブーゲンビル自治領で初の大統領選挙が行われ、元ブーゲンビル革命軍のジョセフ・カブイが初代大統領に就任した。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た債務

    1975年独立の当時は、産業は4C(コプラCopra、コーヒーCoffee、ココアCocoa、銅Copper)とされていた。コーヒー栽培は、1990年代に干ばつがあり、大きな被害を受けた。都市部の貨幣経済と村落部の自給自足経済の二重構成で鉱業が輸出の中心をなしている。その他コーヒーやカカオを生産している。最大援助国はオーストラリアで影響力が非常に大きい。対外債務は2007年12月31日時点で18億1400万米ドルである。GDP(国内総生産)成長率は2007年は4%を記録している。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たセブンスデー・アドベンチスト教会

    国民の95%以上がキリスト教であり、主な宗派はローマ・カトリックが27.1%、ルーテル教会が19.5%、合同教会が11.5%、アドベンチスト教会が10.1%、ペンテコステ派が8.6%などとなっている。(2000年国勢調査による)パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たウィルヘルム山

    ニューギニア島中央部は3000メートルから4500メートル級のビスマーク山脈およびオーエンスタンレー山脈となっている。最高峰はウィルヘルム山(標高4,509m)。赤道に近いが降雪がある。高山部分以外は熱帯雨林に覆われており、セピク川とフライ川を囲んで湿地が広がる。島嶼部も含め、海岸にはサンゴ礁が発達している。なお、ニューブリテン島などは火山島である。地質的にはいくつものプレートが衝突するエリアに位置するため、地震も頻発する。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たビスマルク山脈

    19世紀の植民地主義の時代、1828年 ニューギニア島を東西に分割し、1848年に西半分をオランダが併合、1884年には東半分をオーエン・スタンレー山脈、ビスマルク山脈で南北に分け、ニューブリテン島などを含んだ北半分をドイツ、南半分をイギリスが獲得した。南部は1901年にイギリスから独立したオーストラリアに継承された。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たサンダウン州

    サンダウン州 (Sandaun; 西セピックとも) -パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たギニア

    パプアニューギニアは、元々あったパプアとニューギニアが合併してできた国である。パプアは、メラネシア人の縮れ毛を指すマレー語の言葉から来ている。ニューギニアは、メラネシア人がアフリカのギニア人に似ているところからスペイン人の探検家が名付けたものである。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た黒魔術

    しかしながら、中小の村落などでは自然崇拝も根強く残っており、人の死や病気や事故などの不幸は魔女のせいだと、呪術師がに魔女と認定した罪のない女性を火あぶりにする「魔女狩り」の風習が残っている。これらは犯罪であり、政府は魔女狩りを含む「黒魔術」を法律で禁止するなどの対策をとっているが、貧困と教育の不備にあえぐ地域では根絶に至っていない。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

117件中 91 - 100件表示

「パプアニューギニア」のニューストピックワード