157件中 11 - 20件表示
  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た公用語

    言語は英語が公用語であり、教育、テレビ、ラジオ、新聞などは基本的に全て英語が使用されている。また、共通語として、旧ニューギニア地域(ニューギニア本島北岸、ニューギニア高地や島嶼部)で主に使われているトク・ピシンと、旧パプア地域(セントラル、オロ、ガルフ州など)で主に使われているヒリモツ語(ともにピジン言語)がある。首都ポートモレスビーはモツ語圏であるが、他地域からの移住者の増加に伴い、トク・ピジンの使用が広まっている。国会では、英語、トク・ピジン、ヒリモツの3つの共通語を使うことが許可されており、それぞれの言語に同時通訳される。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た

    2002年時点の輸出額15億ドルのうち7割以上を鉱物資源取引が占めており、パプアニューギニア経済にとって鉱業は重要な部門である。上位3品目は (35.9%)、石油 (21.0%)、銅 (14.7%) である。化学工業、金属精錬はいずれも未発達であるため、全量が未精製の状態で輸出されている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たクーデター

    1997年には紛争鎮圧を狙ってイギリスの民間軍事会社と傭兵派遣契約を結んだことが国外のメディアでリークされ、現役の司令官が(陳仲民)首相の退陣を求めてクーデター騒ぎを起こし、全国で戒厳令が発令されるなど泥沼化した(サンドライン・クライシス, :en:Sandline affair)。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たコーヒー

    1975年独立の当時は、産業は4C(コプラ Copra、コーヒー Coffee、ココア Cocoa、銅 Copper)とされていた。コーヒー栽培は、1990年代に干ばつがあり、大きな被害を受けた。都市部の貨幣経済と村落部の自給自足経済の二重構成で鉱業が輸出の中心をなしている。その他、コーヒーやカカオを生産している。最大援助国はオーストラリアで影響力が非常に大きい。対外債務は2007年12月31日時点で18億1400万米ドルである。GDP(国内総生産)成長率は2007年は4%を記録している。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た真珠

    高地の人々は、「sing sings」と呼ばれる色彩豊かな儀式に参加している。彼らは鳥や木、山の精霊を表わすために羽根や真珠、動物の皮で化粧をし着飾る。伝説的な戦いといった重要な出来事がこういった音楽的祭典で上演されることもある。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た民間軍事会社

    1997年には紛争鎮圧を狙ってイギリスの民間軍事会社と傭兵派遣契約を結んだことが国外のメディアでリークされ、現役の司令官が(陳仲民)首相の退陣を求めてクーデター騒ぎを起こし、全国で戒厳令が発令されるなど泥沼化した(サンドライン・クライシス, :en:Sandline affair)。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た

    1975年独立の当時は、産業は4C(コプラ Copra、コーヒー Coffee、ココア Cocoa、 Copper)とされていた。コーヒー栽培は、1990年代に干ばつがあり、大きな被害を受けた。都市部の貨幣経済と村落部の自給自足経済の二重構成で鉱業が輸出の中心をなしている。その他、コーヒーやカカオを生産している。最大援助国はオーストラリアで影響力が非常に大きい。対外債務は2007年12月31日時点で18億1400万米ドルである。GDP(国内総生産)成長率は2007年は4%を記録している。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たマラリア

    1941年からの太平洋戦争では、日本軍が1942年1月22日、ニューブリテン島ラバウルに上陸、ニューブリテン、ニューアイルランド、ブーゲンビルなどの島嶼部やニューギニア本島の北岸を占領し、ポートモレスビー攻略を狙った。しかし、1942年5月に行われた珊瑚海海戦の結果、海からのポートモレスビー攻略を諦め、1942年8月にはソロモン海岸からオーエン・スタンレー山脈越えでポートモレスビーを陸路攻略する作戦が実行された。ここでも飢えとマラリアの為に多くの死者を出して撤退し、その後、制海権、制空権を失い補給を絶たれたニューギニアの日本軍は、「ジャワの極楽、ビルマの地獄、死んでも帰れぬニューギニア」と評される凄惨な状況となった。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たGDP

    IMFによると、2013年のGDPは160億ドル。一人当たりのGDPは2,283ドルであり、世界平均のおよそ20%の水準である。 2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は334万人と推定されており、国民の過半数を占めている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た傭兵

    1997年には紛争鎮圧を狙ってイギリスの民間軍事会社と傭兵派遣契約を結んだことが国外のメディアでリークされ、現役の司令官が(陳仲民)首相の退陣を求めてクーデター騒ぎを起こし、全国で戒厳令が発令されるなど泥沼化した(サンドライン・クライシス, :en:Sandline affair)。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

157件中 11 - 20件表示

「パプアニューギニア」のニューストピックワード