157件中 71 - 80件表示
  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た制空権

    1941年からの太平洋戦争では、日本軍が1942年1月22日、ニューブリテン島ラバウルに上陸、ニューブリテン、ニューアイルランド、ブーゲンビルなどの島嶼部やニューギニア本島の北岸を占領し、ポートモレスビー攻略を狙った。しかし、1942年5月に行われた珊瑚海海戦の結果、海からのポートモレスビー攻略を諦め、1942年8月にはソロモン海岸からオーエン・スタンレー山脈越えでポートモレスビーを陸路攻略する作戦が実行された。ここでも飢えとマラリアの為に多くの死者を出して撤退し、その後、制海権、制空権を失い補給を絶たれたニューギニアの日本軍は、「ジャワの極楽、ビルマの地獄、死んでも帰れぬニューギニア」と評される凄惨な状況となった。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た石油

    2002年時点の輸出額15億ドルのうち7割以上を鉱物資源取引が占めており、パプアニューギニア経済にとって鉱業は重要な部門である。上位3品目は金 (35.9%)、石油 (21.0%)、銅 (14.7%) である。化学工業、金属精錬はいずれも未発達であるため、全量が未精製の状態で輸出されている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たビスマーク山脈

    ニューギニア島中央部は3000メートルから4500メートル級のビスマーク山脈およびオーエンスタンレー山脈となっている。最高峰はウィルヘルム山(標高4,509m)。赤道に近いが降雪がある。高山部分以外は熱帯雨林に覆われており、セピク川とフライ川を囲んで湿地が広がる。島嶼部も含め、海岸にはサンゴ礁が発達している。なお、ニューブリテン島などは火山島である。地質的にはいくつものプレートが衝突するエリアに位置するため、地震も頻発する。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たルイジアード諸島

    パプアニューギニアはオセアニア州に属し、ニューギニア島東半分とビスマルク諸島、ルイジアード諸島、アドミラルティ諸島、ダントロカストー諸島など1万近くの島で成り立っている島嶼国家である。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たネグリト人

    住民は多様な民族から成っており、主にメラネシア人、パプア人、ネグリト人、ミクロネシア人、ポリネシア人などで構成される。その他にもクカクカ族、ラカライ族、ラオ・ブレリ族、エレマ族、:en:Huli people、:en:Asaro Mudmenなど多数の少数民族が存在する。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た珊瑚海海戦

    1941年からの太平洋戦争では、日本軍が1942年1月22日、ニューブリテン島ラバウルに上陸、ニューブリテン、ニューアイルランド、ブーゲンビルなどの島嶼部やニューギニア本島の北岸を占領し、ポートモレスビー攻略を狙った。しかし、1942年5月に行われた珊瑚海海戦の結果、海からのポートモレスビー攻略を諦め、1942年8月にはソロモン海岸からオーエン・スタンレー山脈越えでポートモレスビーを陸路攻略する作戦が実行された。ここでも飢えとマラリアの為に多くの死者を出して撤退し、その後、制海権、制空権を失い補給を絶たれたニューギニアの日本軍は、「ジャワの極楽、ビルマの地獄、死んでも帰れぬニューギニア」と評される凄惨な状況となった。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た魔女狩り

    しかしながら、中小の村落などでは自然崇拝も根強く残っており、人の死や病気や事故などの不幸は魔女のせいだと、呪術師が魔女と認定した罪のない女性を火あぶりにする「魔女狩り」の風習が残っている。これらは犯罪であり、政府は魔女狩りを含む「黒魔術」による報復を法規制するなどの対策をとっているが、貧困と教育の不備にあえぐ地域では根絶に至っていない。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たインターネットサービスプロバイダ

    パプアニューギニアの主要放送局はEMTVであり、インターネットにおいてはDigicel PNGというプロバイダが主流である。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た制海権

    1941年からの太平洋戦争では、日本軍が1942年1月22日、ニューブリテン島ラバウルに上陸、ニューブリテン、ニューアイルランド、ブーゲンビルなどの島嶼部やニューギニア本島の北岸を占領し、ポートモレスビー攻略を狙った。しかし、1942年5月に行われた珊瑚海海戦の結果、海からのポートモレスビー攻略を諦め、1942年8月にはソロモン海岸からオーエン・スタンレー山脈越えでポートモレスビーを陸路攻略する作戦が実行された。ここでも飢えとマラリアの為に多くの死者を出して撤退し、その後、制海権、制空権を失い補給を絶たれたニューギニアの日本軍は、「ジャワの極楽、ビルマの地獄、死んでも帰れぬニューギニア」と評される凄惨な状況となった。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たステート・オブ・オリジン

    スポーツはパプアニューギニアの文化の重要な部分であり、ラグビーリーグが圧倒的に最も人気のあるスポーツである。コミュニティーが離れ、多くの人々が最低生活水準で暮らしている国において、ラグビーリーグに対する熱狂は部族闘争を置き換えるものであったためであると説明されてきた。多くのパプアニューギニア人は、国の代表となったり海外プロリーグに所属するとすぐに名声を得る。オーストラリアで毎年開催されるステート・オブ・オリジンシリーズ(パプアニューギニアでも熱狂を産む)でプレーするオーストラリア人のラグビーリーグ選手でさえも、パプアニューギニア中で最も知名度のある人物となっている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

157件中 71 - 80件表示

「パプアニューギニア」のニューストピックワード